【七つの大罪】304話ネタバレ!ゼルドリスがいいやつだったが死亡確定!?

U-NEXT

七つの大罪304話のネタバレになります。

前回、ゼルドリスが魔神王に反旗を翻しましたが、そのままゼルドリスが七つの大罪の仲間になるのか!?

といった感じでしたが、304話ではそのゼルドリスが死亡!?

このような流れになっています。

スポンサーリンク

ゼルドリスがいいやつだった!?

「なんの真似だ」とゼルドリスに聞く魔神王。

自分はメリオダスに用事があるので、父上には御退場願おうとゼルドリス。

そして、一つ聞いておきたいと言います。

 

ゼルドリスが魔神王に聞きたいことは、自分とゲルダの仲を知ったうえで吸血鬼一族の処刑を命じたのか。

これに対し魔神王は、息子を病から救うための親心に気付かぬ愚か者めと言います。

 

ゼルドリスに、「お前は弱い・・・」「弱さは病だ・・・」と魔神王。

 

魔神王である自分に隠れ、吸血鬼の娘と逢瀬を繰り返していたこと、自分の命令に背き吸血鬼一族を処刑にせず封印に留めたこと。

ゼルドリスに与えた戒禁が逐一教えてくれると魔神王は言います。

 

さらには、いずれは魔神王の座を奪い、誰もが平穏に暮らせる魔界を作れると本気で考えていたこと。

それら全てを「くだらぬ!!」と魔神王は言います。

 

従順だけが取り柄と大目に見ていたが、ここまでだと魔神王は言います。

そして、再び触手が形を変えて、”刹那の隠者”になります。

七つの大罪304話

スポンサーリンク

メリオダスと七つの大罪

精神世界ではメリオダスと魔神王が戦っています。

七つの大罪とエリザベスが精神世界に来たことで、力が湧くメリオダス。

 

闇を圧縮させた塊が魔神王の鎧と肉体を貫きます。

七つの大罪304話

 

メリオダスの闇の塊を、測り知れない質量と威力だとゴウセルは言い、キングも、ドルイドの修練窟で自分の”養分凝縮”を元にメリオダスが編み出したと言います。

しかし、メリオダスの魔力がはるかに増した分、あの時の比ではないと。

 

不思議なことに、七つの大罪とエリザベスが一緒にいてくれると思うだけで力が湧いてくるとメリオダス。

マーリン、エスカノール、ディアンヌ、キング、ゴウセル、そしてエリザベスと、全員の名前を呼び、自分はもう大丈夫、あとはバンを助けてやってくれとメリオダスは言います。

 

魔神王の攻撃を闇の塊で防ぎ魔神王の剣を折ります。

そしてメリオダスの攻撃が再び魔神王の鎧と肉体を貫きます。

 

エスカノールは、自分は昼は面倒で夜は役に立たない男だが、それでもメリオダスのためならこの生命、喜んで懸ける。

メリオダスは自分の命の恩人であり、友人だと叫び、「サンキュー」と答えるメリオダス。

 

マーリンは、メリオダスがもしエリザベスを一瞬でも諦めれば、あの約束を守ってもらうぞと言い、「こんな状況で脅すか普通?」とメリオダス。

 

ゴウセルは、自分が心を取り戻せたのは七つの大罪のみんなのおかげで、そのみんなを集めてくれたメリオダスが戻ってきてくれなきゃ絶対ダメだと言い、「わかってるって・・・!」とメリオダス。

 

キングは、メリオダスにはちゃんと面と向かって話をして謝らせてほしいと言い、ディアンヌも、七つの大罪、憤怒の罪(ドラゴン・シン)のメリオダスは最強なんだと言います。

メリオダスは、戻ったら全員で酒でも呑み明かそうぜと言います。

 

そして最後に、エリザベスが「待ってるから!!」と叫び、「すぐに行く!!」とメリオダスは答え魔神王を攻撃します。

メリオダスの攻撃を受けた魔神王が倒れます。

スポンサーリンク

ゼルドリス死亡確定!?

現実世界ではゼルドリスと魔神王の戦いが続きます。

魔神王が作り出した”刹那の隠者”と戦うゼルドリス。

 

ゼルドリスは戦いながら心の中でメリオダスのことを考えます。

自分は今でも魔神族を裏切ったメリオダスが許せない。

それでも一つ、認めなければならない。

メリオダスが持っていたものを自分は持つことができなかった。

 

大切な存在のために、世界(すべて)を敵に回す覚悟だ。

 

「凶星雲(オミノス・ネビュラ)」で”刹那の隠者”を引き寄せ、神速の反応で切り刻み”刹那の隠者”を倒すゼルドリス。

 

これであとはメリオダスの体から魔神王を引き離すだけですが、ここで魔神王の魔力攻撃がゼルドリスに直撃します。

七つの大罪304話

 

ゼルドリスに魔力攻撃は効かないはずと驚くマエルですが、「魔神王」を誰が貸し与えたと思っていると魔神王は言います。

魔神王によって地面に押さえつけられていたバンは、魔神王の顔を蹴り逃れます。

 

魔神王の魔力攻撃で、肩から斜めに大きな亀裂が入ったゼルドリス。

意識が遠のくなかで、メリオダスに全てを託します。

 

メリオダス・・・きっと・・・お前ならすべてを・・・変えられるはずだ

 

任せたぞ

 

精神世界ではメリオダスが一方的に魔神王を攻撃し、「次で決める!!」とメリオダス。

 

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪304話の感想

ゼルドリスが「誰もが平穏に暮らせる魔界を作れる」と本気で思っていたことにビックリです。

実はいいやつでしたね。

しかも、かなりいいやつでしたね。

 

そんなゼルドリスですが、メリオダスに全てを託し死亡確定!?といった感じでした。

また一人、昔からいたキャラが死亡となるのでしょうか。

どんどんキャラが減っていき、いよいよ物語も佳境といった感じです。

 

戦況も精神世界のメリオダスと魔神王の一騎打ちで、次で決めるとメリオダスは言います。

いよいよ決着となるのでしょうか。

 

七つの大罪305話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】305話ネタバレ!メリオダスが完全復活!

スポンサーリンク