【呪術廻戦】110話ネタバレ!禪院甚爾(ぜんいんとうじ)が陀艮(だごん)を倒す!?

【呪術廻戦】110話ネタバレ

呪術廻戦110話のネタバレになります。

陀艮(だごん)の領域に穴を空け、そこから全員で脱出しようとしましたが、穴から入ってきたのはまさかの伏黒父(パパ黒)の禪院甚爾(ぜんいんとうじ)

 

前回の呪術廻戦109話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】109話ネタバレ!復活した伏黒父(パパ黒)が参戦!?

甚爾(とうじ)に力比べで負ける真希(まき)

突然乱入してきて甚爾(とうじ)に、誰だ!?と恵(めぐみ)

人間?術師!?と混乱する真希(まき)

 

陀艮(だごん)は、脱出ではなく新たに術師を招き入れたのか!?と考えます。

 

甚爾(とうじ)は一瞬で真希の前に現れ、真希が持っている三節棍の特級呪具、「游雲(ゆううん)」を握ります。

甚爾の力に驚く真希。

甚爾は真希から游雲を奪い、真希は吹き飛ばされます。

 

甚爾から呪力を全く感じなかった真希。

さらに、ただの力比べで自分が負けたことに驚きます。

 

恵はナナミンに、穴が塞がれ、コチラの狙いがバレたことを伝えます。

もう簡単には空けさせてもらえないと。

 

ナオビトは、「甚爾(とうじ)か!!」と驚きますが、次の瞬間、甚爾の姿にゾクッとするナオビト。

殺戮人形と化した甚爾(とうじ)

オガミ婆(ばば)の降霊術は、彼女の死後も継続しましたが、永遠ではありません。

器である孫の呪力が尽きた時点で降霊も終わるはずだったのが、はじめから禪院甚爾(ぜんいんとうじ)の肉体に上書きされた孫の魂に呪力はなく、その上、その肉体は呪力を消費しないため、術式は終了する契機を失いました。

 

重なったイレギュラーによる術式の暴走。

今、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)は器が壊れるまで本能のまま戦い続ける、殺戮人形と化しています。

 

その牙は常に強者へと向かい、游雲(ゆううん)を持ち陀艮(だごん)と対峙する甚爾(とうじ)

 

陀艮は甚爾に呪力がないことを理解し、ウツボのような蛇状の巨大な魚で甚爾を攻撃しますが、甚爾は游雲で魚を破壊し、そのまま陀艮も游雲で殴り飛ばします。

 

甚爾(とうじ)のパワーに驚く陀艮(だごん)

追撃しようとする甚爾に、陀艮は無数の魚で反撃しますが、甚爾のスピードは上がり続け、魚を次々と倒していきます。

 

陀艮は巨大なゾウリムシのような式神を出します。

硬度も攻撃力も今までの式神とは違うと陀艮は言いますが、甚爾(とうじ)は游雲(ゆううん)で式神を瞬殺します。

甚爾(とうじ)が陀艮(だごん)を倒す!?

「游雲(ゆううん)」は特級呪具の中で唯一術式効果が付与されていません。

純粋な力の塊、それゆえにその威力は持つ者の膂力(りょりょく)に大きく左右されます。

 

甚爾(とうじ)が使うことで游雲の威力が跳ね上がり、陀艮(だごん)を圧倒します。

 

真希(まき)はナオビトに、誰だアレは?と聞き、亡霊だとナオビトは答えます。

 

ナナミンは恵に、少し持つか聞き、「はい」と答える恵。

彼(甚爾)に賭けるとナナミンは言います。

 

突然、甚爾(とうじ)は游雲同士をぶつけあい、先端を研ぎ、尖らせます。

 

自分が呪力の無い人間に負けるのか!?と考える陀艮(だごん)ですが、恵の領域が弱まっていることから、必中効果さえ取り戻せば全員殺せると確信する陀艮。

陀艮は時間を稼ぐため、上空へ飛びますが、ナオビトが先回りしており、陀艮を踏みつけます。

 

甚爾(とうじ)は游雲(ゆううん)を使い上空へ飛び、尖らせた先端を陀艮(だごん)に突き刺します。

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読める!?

呪術廻戦の漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで呪術廻戦の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、乙骨優太が主人公の前日譚、【呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校】を無料で読むという選択肢もあります。

 

さらに、これから放送される、呪術廻戦のアニメも全て「見放題」と思われます!

 

最新刊を無料で購入できて、おそらくアニメも見放題と思われるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

呪術廻戦110話の感想

伏黒父(パパ黒)、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)のまさかの参戦で、陀艮(だごん)を倒したようですが、問題はこの後です。

陀艮(だごん)を倒していれば領域は解除されるでしょうが、殺戮人形と化した甚爾(とうじ)が、ナオビト、ナナミン、真希(まき)、恵に何もしないと思えません。

そして恵は甚爾が自分の父親であることを知らないわけですが、ここでそのことが語られるのでしょうか。

そちらの方も気になるところですね。

 

呪術廻戦111話のネタバレはコチラになります。

>【呪術廻戦】111話ネタバレ!

(6/22更新)