【約束のネバーランド】106話ネタバレ!ユウゴとルーカスに死亡フラグ!?




約束のネバーランド106話のネタバレになります。

前回、自分達は当たり前の日常を守りたいだけと力強く宣言したエマでしたが、「関係ない」と一蹴するアンドリュー。

七つの壁を探していて、しかも既に約束を結び直せる段階にまで達しているなら、尚更ここで殺しておかなければとアンドリュー。

さらには、たとえ世界が許可しても我々は今この秩序でなければならないと、本気でエマ達を全滅させる気満々です。

絶体絶命の状況でエマ達は活路を見出すことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

アンドリューも知らない情報

アンドリューは考えます。

部下の報告では標的は推定60人以上。

GFとGPの脱走者全員がこのシェルターで生き延びていたわけですが、完全に急襲だった割に子供達の避難が早く、まるで自分達の襲撃が想定されていかのようで妙だとアンドリューは感じます。

 

さらにそれだけではなく、七つの壁の事も知っており、一体どこで知ったのか?誰が教えたのか?

支援者か?先代か?

そして子供達の武器は一族がバイヨンに流していたものとは違うが、このシェルターで得たのか?図面にない部屋があるのか?

 

ここまで考えてアンドリューは支援者が隠し持っていた情報が完全ではないことを知ります。

アンドリューは無線を使い全員に指示を出します。

 

人間を殺す!?

一方、このままではアンドリュー達に包囲され固められてしまう子供達。

レイは考えます。

 

約束のネバーランド106話

 

「襲撃者を殺さなければ」

 

殺らなければ殺される。

包囲を抜けるにも出口を突破するにも気づかれずすり抜けるなんてこの人数では絶対に不可能。

仮にできたとしても敵を放って逃げれば必ず追われ追いつかれる。

家族を、仲間を守るなら敵全員を殺すしかない。

でも

 

約束のネバーランド106話

 

「人間だぞ」

 

“人を”殺すんだ。

自分はともかくエマや弟妹、大半の仲間にはそれは無理だとレイ。

 

敵は防弾で暗視スコープも持っており、さらにはガスまで所持。

子供達は60人で動きが鈍く機動力は敵のほうが上。

ガスを使われたら終わりで、正面から撃ち合えばたとえ勝てても必ず誰かが死ぬ。

 

これ以上誰も死なせたくないエマは早く逃げなくてはと考えますが、どっちにどう逃げるのか。

一つのミスが全滅につながる厳しい状況。

敵がどこから何人攻めて来るのかもわかりません。

 

その時、オリバーがエマとレイを呼びます。

オリバーの側にはルーカスと一緒にいたロッシーがいます。

約束のネバーランド106話

スポンサーリンク

目指すは通常出入口

ロッシーはルーカスがモニターを壊してから来ること、敵を一人倒したことを伝えます。

そして敵の通信機を渡します。

 

ここへ来るまで通信機でアンドリューの指示を聞いていたロッシー。

ロッシーの話から敵の位置が判明しました。

約束のネバーランド106話

 

この結果、前を塞ぐ北の廊下だけなら今自分達のいる道と繋がっているのは1箇所だけ。

北廊下にいる敵がこの道を降りてくる前につっきれば包囲が崩せます。

 

オリバーはなぜ敵はそんな隙が生まれる配置をしたのかと言いますが、ロッシーはルーカスの考えを伝えます。

それは、電話の隠し部屋と食堂の下の武器庫が敵にバレていないからではと。

ルーカスの考えにエマ、レイ、オリバーは「それだ」と確信します。

 

ロッシーにルーカスが今どこにいるのか確認するエマ。

ロッシーは、ルーカスがモニター室を壊したらいつもの出入口を開けると伝えます。

 

これで子供達の取るべき行動が決まりました。

敵に気づかれる前に武器庫を抜けていつもの出口から外へ出る。

約束のネバーランド106話

 

ユウゴとルーカスに死亡フラグ!?

ルーカスのおかげで活路が見えた子供達。

オリバーとポーラは先に行ってルーカスを手伝うと言います。

 

そしてそのルーカスですが、出入口から外で見張りをしている敵を射殺します。

これによりエマ達は通常の出入口から外へ出ることができました。

約束のネバーランド106話

 

しかし、同時にアンドリューも無線を通じて異変に気づきます。

 

全員揃っていることを確認したユウゴは、今のうちに逃げろと子供達に言います。

自分とルーカスは残りの6人を追って来られないようにするため後から行くと言います。

約束のネバーランド106話

 

レイ達も残ると言いますが、君達は先に行きなさいとルーカス。

人間を殺すことを子供が背負う必要はない、大人に任せろとユウゴは言います。

さらにマスクが大人二人で既に定員オーバーだと。

約束のネバーランド106話

 

これでガスも銃も効かないとユウゴは言いますが、心配そうなエマ。

そんなエマにユウゴは「これが最善の判断だ」と言います。

 

ユウゴとルーカスは再びシェルターに戻ります。

郷愁のシェルター、自分達の墓場には打ってつけだとユウゴとルーカス。

 

約束のネバーランド106話の感想

ユウゴとルーカスの死亡フラグがヤバイですね。

これもう完全に死ぬでしょって感じですが、大丈夫なのでしょうか。

鬼ではなく人間と戦うこととなった子供達ですが、ユウゴとルーカスが大人の意地というか貫禄を見せます。

確かに、子供達の中にあってユウゴとルーカスは若干浮いてましたが・・・だからといって死んではほしくないですね。

なんとか生き残ってもらいたいものです。

 

約束のネバーランド107話のネタバレはこちらになります。

>【約束のネバーランド】107話ネタバレ!おじさんはやっぱり強い!

スポンサーリンク