【キングダム】645話ネタバレ!李牧は助かったが新たな趙王は遷(せん)

【キングダム】645話ネタバレ

キングダム645話のネタバレになります。

毒により殺された趙王・悼襄王(とうじょうおう)

新たに嘉(か)が趙王となり、李牧は解放。

趙国が生まれ変わると思われましたが・・・。

 

前回のキングダム644話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】644話ネタバレ!趙王・悼襄王(とうじょうおう)が死亡

新たな趙王は太子嘉(か)!?

趙将・扈輒(こちょう)の防衛線を抜くべく、王翦(おうせん)軍は広範囲に展開します。

各軍が配置についた時、王翦は本営本陣に全将軍を呼び集めました。

 

集められた将軍は

  • 亜光(あこう)
  • 倉央(そうおう)
  • 田里弥(でんりみ)
  • 王賁(おうほん)
  • 蒙恬(もうてん)
  • 李信(りしん)【信】

 

王翦が、防衛線を抜いてからの邯鄲(かんたん)攻略の作戦について話し始めようとした瞬間、急報が入ります。

内容は、昨夜、邯鄲にて悼襄王(とうじょうおう)が急死したというもので、皆が驚きます。

 

邯鄲では悼襄王派と李牧派の文官達が口論をしています。

悼襄王(とうじょうおう)の側近だった郭開(かくかい)は、ここにいる李牧派を全員捕らえるよう近衛兵に命令しますが、動かない近衛兵達。

近衛兵は、自分達はあくまでこの国の王に侍(は)べる近衛兵で、郭開(かくかい)の私兵ではないと言います。

 

悼襄王(とうじょうおう)が亡くなった今、宰相の自分の指示に従うべきだと郭開(かくかい)は言いますが、自分達の仕える次の王はすでにいると近衛兵は答えます。

 

近衛兵達が言う次の王とは、太子嘉(か)のことで、近衛兵達は、嘉(か)が間違いなく名君となり、趙を救ってくれると確信しています。

嘉(か)により李牧は助かる

嘉(か)は、実権を手に入れたその日のうちに、地下牢に封じられていた賢人達を解放します。

いずれも悼襄王(とうじょうおう)を諌(いさ)めた罪で投獄されていた優秀な文官・有力者達で、朝廷の根幹を務めるべき国士達です。

 

嘉(か)は解放された賢人達に言います。

「国を立て直す!よいな!」

 

賢人達は答えます。

「ハ!一同、この命捧げまする!」

 

そして李牧も解放されます。

 

解放された李牧に泣きながら抱きつくカイネ。

李牧は、「汚れますよカイネ・・・」と言いますが、カイネは離れず大泣きし、李牧もカイネを抱き寄せます。

 

嘉(か)は李牧に、まず今は何をすべきかを聞きます。

李牧は、「まずは王都軍を動かすべきだ」と伝え、「相分かった」と即答する嘉(か)

 

王翦(おうせん)軍本営本陣では、倉央(そうおう)が趙の次の王である嘉(か)のことを話しています。

「前王と違い、次期王の嘉(か)は”名君の器”との噂以外は伝わってきていないが、趙の賢人達は牢獄にいたり、嘉(か)の時代を待って野にひそんでいるとの噂もあり、それらが全員表舞台に出て来たら・・・」

 

それを聞いた王翦は、「趙は生まれ変わる」と言い、さらに邯鄲(かんたん)の王都軍が動き出したことに気付きます。

王翦は全将軍に、作戦を練り直すため、各将持ち場に戻り第二線まで後退するよう命令します。

新たな趙王は遷(せん)だった

邯鄲(かんたん)では郭開(かくかい)が逃げる準備をしています。

その時、郭開(かくかい)の前に現れたのは、悼襄王(とうじょうおう)の夫人、江姫(こうひ)と、悼襄王が最後に会った英(えい)書記官です。

 

邯鄲の文官達は、早速、王翦(おうせん)軍が後退したとの報告に、李牧の読み通りだと称賛します。

李牧はさらに作戦を伝えますが、文官も武官も足りないとの声が出ます。

しかし、嘉(か)は既に手をうっており、武安(ぶあん)の地下からも名士を呼び集めていると言います。

 

趙が生まれ変わろうとする中、突然、近衛兵達が嘉(か)や李牧、他の文官達を取り囲みます。

そしてそこに現れたのは、郭開(かくかい)、江姫(こうひ)、江姫の息子の遷(せん)

 

嘉(か)は近衛兵に郭開(かくかい)を捕らえるよう命令しますが、「申し訳ありまえん」と悔しそうに断る近衛兵。

 

英書記官は、悼襄王(とうじょうおう)の遺言を読み上げます。

内容は、次の王位を太子嘉(か)ではなく、末子(まつし)の遷(せん)に継がせるというもので、玉印(ぎょくいん)も押してある正式なものだと英書記官は言います。

 

呆然とする嘉(か)、カイネ、李牧。

他の文官達は「何だと!?」と叫びます。

 

「史記趙世家(しきちょうせいか)」において、著者・司馬遷(しばせん)は、悼襄王(とうじょうおう)が太子嘉(か)を廃して、行いの悪かった末子遷(せん)を王位に立てたことをこう評しています。

 

「豈不謬哉」

 

「なんと道を外したことか」と。

 

新たな超王・遷(せん)は、目隠しされた裸の女性を四つん這いにさせ椅子代わりに使い、他にも同じように目隠しされた裸の男女数名を奴隷のように引き連れています。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム645話の感想

悼襄王(とうじょうおう)が死亡し、新たに太子嘉(か)が趙王となり、李牧も助かり、趙が生まれ変わろうとした矢先、愚王・悼襄王が最後の最後でやってくれました。

正式に趙王になったのは素行の悪い遷(せん)で、もしかすると悼襄王を毒殺したのは、遷の母親である江姫(こうひ)なのかもしれませんね。

 

秦国としては嘉(か)が趙王になるのは避けたいところなので、喜ばしいことではありますが、一読者としては趙が生まれ変わる姿が見たかったですね。

そうなると、嬴政(えいせい)がいつまでたっても始皇帝になれないんですけどね。

 

史実でも遷(せん)で趙が滅んでいるので、いよいよ趙消滅も近いといった感じでしょうか。

 

キングダム646話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】646話ネタバレ!

(7/2更新)