【ブラッククローバー】193話ネタバレ!ユノのペンダントは影の王宮への鍵?




ブラッククローバー193話のネタバレになります。

前回、新旧の紅蓮の獅子王団長であるフエゴレオンとメレオレオナが、圧倒的な強さを見せてくれました。

が、アスタ含め他のメンバーはかなり苦戦します。

それだけフエゴレオンとメレオレオナの強さが異常ということですが。

193話ではもう一人、異常な強さを誇るユノが登場し、影の王宮へと突入します。

スポンサーリンク

苦戦するノエル

以前、ファナに憑依していた・・・エルフの名前を忘れてしまったので、ファナで説明します。

ファナのほうがわかりやすいので。

 

ファナと戦うノエル。

ヴァルキリードレスはまだ完全に使いこなせていないが、機動力は自分のほうが高いと実感するノエル。

さらに相手がファナに憑依していた完全な転生体であることから、以前のようなコントロール優先ではなく全力で海流の咆哮を食らわします。

 

ノエルの全力の海流の咆哮を食らったファナは上半身が吹き飛びます。

ブラッククローバー193話

 

しかし、すぐさま炎回復魔法”不死鳥(フェニックス)の羽衣”で復活しますが、破れた服は戻っていおらず胸があらわに。

 

ノエルの魔法の威力に驚くファナですが、自分たちは禁術魔法を使ったので、あっちの世界の魔力で理外の魔法が使えると言います。

そして、死ぬのはもう飽きたと言い、ノエルを攻撃しようとします。

 

全力の海流の咆哮を食らってもすぐさま復活したファナに、どうしたらいいのかと焦るノエル。

スポンサーリンク

アスタも苦戦

リルと戦うアスタとミモザ。

次から次へと襲ってくる絵画相手にキリがないアスタ。

リルは淡々と絵を描いています。

 

ブラックになるスキがないアスタ。

たとえブラックになれたとしてもリルに確実に攻撃を当てる必要がある。

その時、絵画の攻撃がミモザをかすり、ミモザの胸元がはだけます。

193話はとにかく胸元の露出が多いですw

 

ミモザはアスタの回復をしようとしますが、休めるスキがありません。

アスタはミモザに、自分におぶさり植物でグルグル巻きにするよう言います。

植物で合体したアスタとミモザ。

ブラッククローバー193話

 

これは、戦闘と回復を同時に行うのが狙いでしょうか。

スポンサーリンク

ユノのペンダントは鍵?

王宮ではエルフが転生した金色の夜明け団員と戦う黒の暴牛達。

黒の暴牛達も苦戦していますが、そこへユノが登場します。

ブラッククローバー193話

 

しかも、国の端から各地でバラバラの魔法騎士団をまとめあげての登場です。

あまりの速さにゾラは驚きます。

 

ユノと魔法騎士団達の登場で金色の夜明けを一掃します。

 

ユノの登場にチャーミーは嬉しそうにご飯を差し出します。

魔力が回復することに「すごい・・・ありがとう」とユノ。

この言葉にチャーミーはさらに喜びます。

 

アスタ達が影の王宮に突入し最終決戦をしていることをチャーミーから聞いたユノ。

さらにチャーミーから影の王宮にはもう入れなくなったと聞いたユノでしたが、ユノのペンダントから光が放たれます。

ブラッククローバー193話

 

光の先へ行き、そこから影の王宮へ入っていくユノ。

それとユノにくっついていたチャーミーも入ります。

 

影の王宮へ入ったユノとチャーミーですが、中ではユノと離れたチャーミー。

チャーミーが入った場所は、アスタと絵画が絶賛戦闘中の場所でした。

ブラッククローバー193話

 

この現状に「地獄だ」とチャーミー。

 

確かにw

 

ブラッククローバー193話の感想

ユノが遂に現れました。

到着までにずいぶんと時間がかかったと思ったら、まさかの国中の魔法騎士団をまとめあげてました。

そして子供の頃から身につけていたペンダントが、影の王宮への鍵のような役割をしました。

ますますユノの正体が気になりますね。

 

ブラッククローバー194話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】194話ネタバレ!チャーミーはドワーフとの混血だった!

スポンサーリンク