【七つの大罪】281話ネタバレ!妖精王ハーレクインがめちゃ強い




七つの大罪281話のネタバレになります。

前回、キングを助けるため犠牲となったオスローでしたが、その結果キングが覚醒し羽も完全体になりました。

グロキシニアは以前、キングの羽が完全な進化を遂げた時、おそらく歴代最強の妖精王になると話してました。

281話では自らを妖精王ハーレクインと名乗るキングですが、たしかにグロキシニアの言う通りめちゃ強いです。

スポンサーリンク

キング vs マエル

羽が完全な進化を遂げ覚醒したキング。

覚醒したキングの姿を見たエリザベスは、キングの魔力を深く碧(あお)い澄んだ湖のような魔力と表現します。

 

魔力だけではなく雰囲気もまるで違うと感じるディアンヌ。

目の前にいるキングが、自分が知るキングなのか不安な表情をするディアンヌですが、「オイラはオイラさ」とディアンヌに声をかけるキング。

七つの大罪281話

 

ディアンヌの心を読んだキング。

そしてディアンヌはそんなキングにドキッとします。

 

キングはこの争いを終わらせるためマエルと対峙します。

マエルからは絶え間なく呪詛が身の内から溢れ続けます。

七つの大罪281話

 

キングはマエルに「案外キミはお喋りみたいだね」と声をかけますが、エリザベスとディアンヌにはマエルの呪詛は聞こえてません。

 

マエルは”慈愛の光玉”で攻撃しますが、真・霊槍シャスティフォル第八形態「花粒園(バレンガーデン)」でディアンヌ達を守るキング。

七つの大罪281話

 

自分達を庇うと霊槍が使えなくなると心配するディアンヌですが、向かってくるマエルを真・霊槍シャスティフォル第二形態「守護獣(ガーディアン)」でマエルを殴りまくります。

七つの大罪281話

 

霊槍を同時に複数出せるようになったキング。

さらにマエルは”沈黙の大鎌”を出しますが真・霊槍シャスティフォル第五形態「増殖(インクリース)」で大鎌を破壊するキング。

七つの大罪281話

 

圧倒的な強さを見せるキング。

 

「守護獣(ガーディアン)」も強くなったのはいいのですが、もうあの頃の可愛らしさはありません。

覆面レスラーのような風貌になってますw

スポンサーリンク

妖精王ハーレクイン

一方的にマエルを攻撃するキングは、自分はマエルのことをよく知らないが、自分とマエルにはよく似た共通点があると言います。

それは、大切な時間、大切な存在を失ってきたことであり、失ったものは二度と元には戻らないと。

それでも今ある大切な存在のために生きることはでき、マエルにもマエルのことを心から思ってくれる存在がいるはずだとキングは言います。

 

マエルはキングの言葉に聞く耳を持たず、”救済の矢”でキングを攻撃しますが返り討ちにあいます。

七つの大罪281話

 

さらにキングは真・霊槍シャスティフォル第一形態「霊槍(シャスティフォル)」を出すのですが

 

七つの大罪281話

 

霊槍(シャスティフォル)でか!!

 

めちゃくちゃでかいですw

 

ていうか、キングは霊槍を同時にいくつ出せるんだ?

これもう無敵じゃね?w

 

そして「守護獣(ガーディアン)」腹筋割れすぎ!!

可愛い要素がもうどこにもないと思いましたが、あの足の短さは初代「守護獣(ガーディアン)」の名残でしょうかねw

 

復讐は憎しみを育てる養分にしかならないためマエルを殺さないとキング。

心の中で「これでいいんだよねヘルブラム、オスロー」と二人へ言います。

 

それでも気が済まないのなら、何度でも妖精王ハーレクインが相手になるとキング。

七つの大罪281話

 

急に苦しみ始めるマエル。

 

限界のマエル

場面は変わりゴウセルの夢の中。

大切な仲間を助けに行きたいゴウセルですが、ナージャが行かせてくれません。

ゴウセルは自分の純潔と心を奪い、それが重い枷となりゴウセルの身体を永遠に縛り続けるとナージャは言いますが、永遠という言葉に急に喜びだすゴウセル。

 

自分は何一つ後悔などしておらず、たとえ時間が戻っても何度でもナージャと出会い同じ道を進むとゴウセルは言います。。

そしてナージャは自分の中で唯一の特別で大切な女の子。

ナージャへの想いをずっと背負って生きていたいとナージャを抱きしめ、ナージャもゴウセルに感謝します。

 

空を飛ぶホークの背中の上で目を覚ましたゴウセルは、一つ願いを聞いてくれとホークに言います。

 

一方マエルは限界を迎えます。

四大天使とはいえ、相反する戒禁の力を四つも取り込み、体力も魔力も尽きたマエルは戒禁に蝕まれ消滅するとキングは言います。

 

ゴウセルの願いを聞いたホークは、言われた通りマエルの真上に来ます。

ホークから飛び降りたゴウセルは「侵略(インベイジョン)」でマエルの精神へ潜ります。

ゴウセル

「マエル どうかもう一度与えてくれないか」

「キミを救うチャンスを!!!」

引用:七つの大罪281話

 

七つの大罪281話の感想

妖精王ハーレクインを名乗るキング。

めちゃくちゃ強いです!!

霊槍も超パワーアップしてるのですが、「守護獣(ガーディアン)」がどんどん可愛くなくなっていくのが唯一残念なところです。

完全に覆面レスラーでしたからねw

覚醒したキングがマエルを倒して終わりかと思いましたが、最後にゴウセルの見せ場がきました。

三千年前の贖罪となるのでしょうか!?

 

キングの真・霊槍シャスティフォルをまとめた記事はこちらになります。

>【七つの大罪】キングの神器・霊槍シャスティフォルの形態を画像一覧で紹介

 

七つの大罪282話のネタバレはこちらになります。

>【七つの大罪】282話ネタバレ!ゴウセルの恋人グラリーザ登場!

スポンサーリンク