【炎炎ノ消防隊】208話ネタバレ!ヨナの正体が判明!聖陽教を作った黒幕だった

炎炎ノ消防隊208話のネタバレになります。

大災害前の最後のミサが行われようとする中、兄・シンラとアドラしたショウは、シンラに会いに行くため脱走します。

そして、ショウと行動を共にする守リ人アロー。

ハウメアは、八人の柱がどこにいようと、大災害は止まらないと言い、ミサをはじめようとします。

 

前回の炎炎ノ消防隊207話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】207話ネタバレ!ショウが脱走!守リ人アローも行動を供に

大災害前の最後のミサ

皆を集め、伝導者の命によりミサを始めるハウメア。

ハウメアは、ショウはいなくなったが問題ないと言います。

 

ハウメアの守リ人・カロンは、三柱目がいなくて大丈夫なのか?と聞きますが、今までは”アドラバースト”の覚醒が狙いで柱を集めていただけだと説明するシスタースミレ。

つまり、八本そろった今はもう必要ないと?とカロンは理解します。

 

ハウメアは、柱はどこにいようともう”アドラ”から逃げることはできないと言います。

アドラと繋ぐ柱となり、大災害はもう始まる。

 

大災害を前に、また人がたくさん死ぬんでしょ!?楽しみぃ〜ワクワクするッ!最ッ高ッ!と嬉しそうなインカ。

インカの守リ人・リツは、インカお嬢様がぶち死ぬその日までお守りしますと言い、リツの方が先に死ぬかもしれないと答えるインカ。

どっちが先に死ぬか勝負だねと、インカは楽しそうに言います。

 

「時、来たりね」とヨナ。

聖陽教を造り、柱をそろえ、円周率解読時代も終りが近い。

大災害の準備は完了した。

 

ヨナはハウメアに、あなたはどう?と聞き、私の方も準備はできてると答えるハウメアですが、疲労の色が見えます。

さらに、無数の声がハウメアの頭に入ってきているようで、「チッ」と舌打ちをするハウメア。

その様子を心配そうに見ているカロンですが、伝導者も満足しておられるとハウメアは言います。

ヨナの正体が判明

シスタースミレは、前回の失敗から250年と言い、ヨナも「そうね」と頷きます。

そして、私がこちらの世界に来て、そんなに経つのねと。

 

ヨナは回想しながら言います。

あの時から待ちわびていたわ。

 

あの日、一度目の大災害は失敗した。

だがアドラとの繋がりが強くなったことで、私、ヨナは”虫”とともにこちら側に来た。

人間の知恵で言うなら、私は悪魔というものであろう。

 

ヨナは自分の姿に驚く男を殺しますが、こいつじゃダメだと言います。

もっと影響力のある者に成り代わらなければ、その者に・・・。

 

ここでヨナは眠っているアイリスに似た少女を発見し、人間にあの少女を与えなければ、アドラバーストを持つ”天照(アマテラス)”

“天照(アマテラス)”のアドラバーストで再度文明を築き、アドラと繋ぐ柱を生む。

 

ヨナは大災害の生存者達によるキャラバンを見つけ、キャラバンのリーダー、ラフルス・スミスと出会います。

 

生き残った人類はまた一からやり直す。

あなたがその指導者になると、ラフルス・スミスを殺し、ドッペルゲンガーを誕生させます。

ラフルスのドッペルゲンガーが後のラフルス一世です。

 

ラフルスは無知で無能な他の人間と変わらない。

人と違うところといえば、ただアドラに触れただけ、ただそれだけの差だとヨナ。

ヨナは、ラフルスのドッペルゲンガーに天照(アマテラス)を運ばせ、ラフルスを教祖に。

 

ここから始まるわ・・・天照(アマテラス)を糧にして、とヨナは言います。

今度の宗教の名は何にするかを考え、聖陽教とでも言っておくかとヨナ。

 

人は聖陽教に熱狂する。

今まで繰り返してきたように、なんせ、人は作り話が好きなのだから。

 

回想が終わり、ヨナは言います。

あの日から、この文明を築き、滅ぶ準備はできた。

大災害執行特化部隊(災害隊)とは

ミサには、大災害執行特化部隊(災害隊)と呼ばれる部隊も集まっています。

ドラゴンは、”災害隊”か・・・ゴミどもがわらわらとと言い、ヌシに勝てる者などこの現世にはおらんと、ドラゴンに言う一人の男。

それを聞いたドラゴンは、当たり前だ!フェアリーと返事をします。

 

新しく登場したこのキャラ、フェアリーという名前のようです。

年齢はシンラやアーサーと同じくらいでしょうか。

 

フェアリーは、我々が起こした災害の後は何も残らぬ、ヌシもなとドラゴンに言いますが、雑談はそこまでだとカロンは言います。

ミサの目的を果たすぞと。

 

ハウメアは、あとは例のモノを出現させる最終準備だと言い、シスタースミレの名を呼びます。

スミレは、わかっているわと言い、地震を起こします。

 

地下(ネザー)から地震を起こしたスミレ。

地上でも地震が起こり、今月で何度目だと動揺する人々。

 

ハウメアは、地上の人間たちも怯えている、炎炎の滅びを見せてやろうと言い、スミレが、「次の地震で」とハウメアに続きます。

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで炎炎ノ消防隊の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに炎炎ノ消防隊のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

炎炎ノ消防隊208話の感想

ヨナの正体が判明しました。

聖陽教を造り、ラフルス一世を誕生させ、そして一柱目の天照(アマテラス)を作り出した、ある意味、黒幕的存在でした。

そして次の地震で、いよいよ大災害とのことですが、シンラ達は大災害を事前に止めるのか、それとも起こってから終息させるのか。

さらに、新たに登場したフェアリーという男。

どのようなポジションで、どれだけの実力なのかも気になりますね。

 

炎炎ノ消防隊209話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】209話ネタバレ!

(3/4更新)