【ヒロアカ】278話ネタバレ!八百万(ヤオモモ)がリーダーの資質を見せる!?

【ヒロアカ】278話ネタバレ

ヒロアカ278話のネタバレになります。

オールフォーワンの”個性”を移植した死柄木。

自分の意志でオールフォーワン以上を目指すと言いますが・・・。

 

前回のヒロアカ277話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】277話ネタバレ!自分の意志でオールフォーワン以上を目指す死柄木

止まらないギガントマキア

イヤホンを地面に刺し、索敵していた耳郎は突然驚きます。

前線から戻ってきた上鳴は、「どうした、耳郎(じろう)ジャック!?」と聞き、「ヤバい!めっちゃデカイのが向かって来ます!」と報告する耳郎。

 

プロヒーロー達は、「インターン生はその場で待機!」と伝え、ギガントマキアの方へと走り出します。

峰田は、「ヒーロー集結してんだろ・・・?何で状況が悪くなるんだよ!?」と驚きます。

 

死柄木のもとへと走るギガントマキア。

ギガントマキアの背中には荼毘達ヴィラン連合のメンバーと、スケプティック(近属)が乗っています。

 

状況が理解できないヴィラン連合の面々ですが、ギガントマキアが動いていることから、死柄木(ボス)が起きたと理解します。

 

自分だけ連れてこられたことに困惑するスケプティック。

「リ・デストロをお守りせねば」と言い、自分を降ろすよう荼毘に言いますが、「静かに、まだ俺達に気付いていない」と荼毘。

 

ギガントマキアを止めようとするマウントレディですが、ギガントマキアの勢いは止まりません。

他のヒーロー達はマウントレディを援護しますが、ギガントマキアの皮膚が硬すぎて攻撃は効きません。

 

そこへ、氷を使う外典(げてん)が駆けつけ、ヒーロー達を攻撃しますが、セメントスが外典を攻撃します。

何が起きているのか全くわからない外典。

セメントスも状況が理解できていませんが、「何が起きようと、己の仕事に命賭(と)すべし」と叫び、外典を攻撃するセメントス。

 

リ・デストロと戦うエッジショットと他のヒーロー達。

ギガントマキアが起動したことに、死柄木の”不完全な起床”と悟ったリ・デストロは、「救世(ぐせ)たる解放者に、ヒーロー共(きみたち)一体何をした!?」と怒り、周囲を一斉に攻撃します。

 

シンリンカムイの背中に乗るミッドナイト。

「もっと寄って!」と言うミッドナイトに、「わかってます!」と答えるシンリンカムイ。

 

シンリンカムイは、「レディ!もう少し頑張れ!」と言い、「んんばって、ますってぶぁ」と鼻血を出しながら踏ん張るマウントレディ。

しかし、ギガントマキアは、「主への最短距離」と言い、マウントレディを軽々と投げ飛ばし方向転換します。

八百万(ヤオモモ)を頼るミッドナイト

投げ飛ばされたマウントレディを心配するシンリンカムイですが、「よそ見しないで!」とミッドナイト。

「恐らく蛇腔(じゃくう)が失敗した!奴が街へ下りたら未曾有の大災害になる、力じゃ止まらない!私を奴の顔まで連れてって!」とミッドナイトは言います。

 

ギガントマキアの顔へ近寄るシンリンカムイですが、荼毘の炎の攻撃を受け、落下します。

 

空中に残ったマウントレディは、ギガントマキアの背中に連合が乗っていることに気付きます。

コンプレスはミッドナイトを攻撃し、ミッドナイトも落下します。

 

地面に落ちたミッドナイト。

ミッドナイトは考えます。

(アレを・・・止められる個性は・・・マジェスティック・・・いやダメだ大きすぎる・・・!)

 

悲しい表情をしながらミッドナイトは呟きます。

「ホント・・・不甲斐ない・・・」

 

ミッドナイトは八百万(ヤオモモ)に無線で話しかけます。

「聞こえるかしら、クリエティ!!」

 

「ミッドナイト先生!?」と驚く八百万(ヤオモモ)。

 

ミッドナイトが言っていたマジェスティックは、八百万(ヤオモモ)のインターン先の魔法ヒーローになります。

>【ヒロアカ】256話ネタバレ!エリの角に異変が!?なにかの前兆か?

八百万(ヤオモモ)がリーダーの資質を見せる!?

ミッドナイトは、「状況はわかってるね?」と八百万(ヤオモモ)に聞き、「耳郎さんの音と、障子さんの目で!」と答える八百万(ヤオモモ)。

 

ミッドナイトは八百万(ヤオモモ)に伝えます。

「力押しでは誰も止められない、眠らせたい」

「法律違反になっちゃうけど・・・事態が事態よ、麻酔で眠らせるの」

 

八百万(ヤオモモ)は、「何を仰っているのですか先生!?」と困惑します。

 

落下したミッドナイトに止めを刺すため、超常解放戦線の戦士たちが寄っていきます。

ミッドナイトは八百万(ヤオモモ)に言います。

「ヒーローに麻酔を渡して・・・その場を離れなさい・・・難しければ・・・すぐ・・・避難を・・・!」

 

以前、八百万(ヤオモモ)に「良いリーダーになりそうだね」と伝えた、自らの言葉を思い出すミッドナイト。

「あなたの判断に・・・委ねます」

 

ミッドナイトとの無線が切れます。

 

考える八百万(ヤオモモ)。

(どちらにしろ逃げろと・・・先生!)

 

皆が八百万(ヤオモモ)に指示を仰ぐ中、意を決して八百万(ヤオモモ)は叫びます。

「イヤンジャック!テンタコル!」

「音の位置から距離とここへの到達時間を!巨人の大きさを目算でいいのでお伝え下さい!」

「マッドマン、あなたの力もお貸しください!」

「皆さん、動く準備を!」

 

耳郎は、「つーかもう見えてるし!速いよ、10秒もかかんない・・・」と言い、ギガントマキアを見ます。

そこでマウントレディがギガントマキアにしがみついているのを発見する耳郎。

 

「男にすがるなんて、中学以来だわ、ちくしょうがぁぁ!!」と、涙を浮かべて叫ぶマウントレディ。

 

叫ぶ耳郎。

「減速した!でも少し」

 

腕から麻酔が入った瓶を複数出す八百万(ヤオモモ)。

「敵に背を見せるヒーローになれと・・・教わったことはございません」

 

八百万(ヤオモモ)は瓶を切島や芦戸に渡しながら言います。

「私は・・・戦います・・・!皆さんは・・・」

 

「言うな!ヤボだぜ」と上鳴。

「コス着て外出りゃヒーローなんだ」と上鳴は言い、他の生徒たちも頷きます。

 

皆の覚悟を知った八百万(ヤオモモ)は言います。

「ここで迎え撃ちます!」

 

今週のジャンプは合併号のため来週の発売はありません。

次回のジャンプは8/3の発売になります。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ278話の感想

止まらないギガントマキア。

マウントレディを軽々と投げ飛ばしましたが、マウントレディも意地を見せましたね。

 

力押しでは勝てないギガントマキアに、ミッドナイトは個性で眠らせようとしますが、ヴィラン連合に阻止されます。

そこでミッドナイトが頼ったのは、生徒である八百万(ヤオモモ)。

 

八百万(ヤオモモ)のリーダーとしての資質をいち早く見抜いていたミッドナイトは、「判断を委ねる」と八百万(ヤオモモ)に伝えます。

八百万(ヤオモモ)はミッドナイトの期待に応えられるのか!?

 

ヒロアカ279話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】279話ネタバレ!

(8/3更新)