【ブラッククローバー】169話ネタバレ!ヤミvsシャーロット




ブラッククローバー169話のネタバレになります。

前回、エルフが転生した状態でヤミの前に現れたシャーロット。

そのままヤミ vs シャーロットの展開へと突入するわけですが、シャーロットの好きなヤミと戦うことになるというのも皮肉なものですね。

ただ、やはり団長クラスともなるとその実力は相当なもので、逆に相手がヤミじゃなければ瞬殺されていたのではとも思います。

ブラッククローバー169話はヤミとシャーロットのガチンコ対決となります。

スポンサーリンク

本来のシャーロットの荊魔法

エルフが転生したことで高魔力の魔法を繰り出すシャーロット。

次々と街が崩壊する中、ヤミは国民の避難を急ぎます。

街がどれだけ壊されても人が生きていれば国は死なないと。

とはいえ、シャーロットに高魔力でいくつも暴れられては根絶やしにされかねないとの不安もあります。

 

さらに厄介なことに、薔薇の香りで魔力を隠すシャーロット。

ヤミも「似合わない真似」と言いますが、たしかに似合いませんね。

シャーロットの戦闘シーンは決して多いわけではないのですが、なんとなく猪突猛進のイメージがあったので、こんな器用な戦い方はエルフが転生しているからなんでしょうね。

 

魔力は隠れていますがヤミは「気」を使ってシャーロットの気配を察知します。

これにはシャーロットも「勘の良い人間」と評しますが、ヤミだからできる芸当です。

 

気の動き方はシャーロットだが、魔法戦法が違うとヤミ。

得意の中距離攻撃に加え、薔薇の香りの魔力撹乱と近距離攻撃の多彩さ、さらにスキがなくなり今のシャーロットに峰打ちするのは至難だと言います。

 

シャーロットの薔薇は小さい頃に呪いを受けた際に碧(あお)くなったと聞いているヤミ。

以前、ヤミがシャーロットを助けたときに呪いも解けたようだが、呪いの影響で薔薇は碧(あお)いままでした。

今は中身がエルフで、人間ではないものになって呪いの影響すら消えたのか、それともこれが本来のシャーロットの荊魔法なのかと考えるヤミ。

カラーではないのでわからないのですが、ヤミの言葉から今は薔薇の色は赤のようですね。

 

「負けん気で呪いの力も逆に利用して強くなった女が、別の女に魔法使いこなされてザマァないなツンツン女王」

 

そう叫んでシャーロットを攻撃するヤミ。

ブラッククローバー169話

スポンサーリンク

全黒娘ソル

ヤミとシャーロットの戦いが続く中、碧の野薔薇のソル・マロンが現れます。

どうやら既にシャーロットから攻撃を受けていたようでボロボロの状態です。

 

ソルはシャーロットに、自分達への攻撃はなにかの間違いですよね?と聞きますが

シャーロット

「馴れ馴れしいぞ人間・・・!」

「私にいるのは弟だ、妹などいない・・・!」

引用:ブラッククローバー169話

 

この言葉にショックを受けるソル。

 

ヤミはソルにシャーロットは魔法で操られているようなものだから気にするなと声をかけ、さらにソルのゴーレムに丸い闇に包んだ魔法帝を託します。

英雄が入っているから丁重に運べと伝えるヤミ。

 

丸い闇を持つゴーレムが可愛いw

ブラッククローバー169話

 

ソルは男の頼みは聞かない!といつもの調子ですが、そんなことを言ってる場合ではない「全黒娘」とヤミは言います。

全黒娘とはソルのことなんでしょうが・・・なんかわかるw

 

ソルは男なんかに任せられないとシャーロットに突っ込みますが、シャーロットの高濃度の魔力空間では魔法が上手く使えないソル。

そしてその中で戦っていたヤミに驚きます。

 

自分の命はシャーロットに助けられた命。

自分が死んででもシャーロットの目を覚まさせると玉砕覚悟のソルにヤミは言います。

ブラッククローバー169話

 

「今の自分達の使命は護ることと生き残ることだ」

「アイツの為にもお前は生きなくてはならない」

 

ヤミの言葉にソルは涙を流しシャーロットのことを頼みます。

ブラッククローバー169話

 

そしてヤミ vs シャーロットのガチンコ対決となります。

 

ヤミ vs シャーロット

部下が泣いている姿に、ヤミはシャーロットに言います。

ブラッククローバー169話

 

「何好き勝手やらせてやがる」

「そんなヤワな女じゃないだろう・・・シャーロット!!」

 

ヤミの言葉に一瞬反応するシャーロットですが、ヤミと距離をとりヤミの強さを認めた上で全力で倒しに行きます。

 

シャーロットの高魔力に”黒穴”では吸い込みきれないと判断したヤミ。

さらに自分の後ろ全てが吹き飛び死人を多数出してしまうことになる。

 

ヤミはシャーロットのことをずっと認めていたと伝え、全力で殺さず取り返すと言い闇魔法”闇纏・次元斬り”を繰り出し、シャーロットも荊魔法”緋威の麗戦槍”を放ちます。

ブラッククローバー169話

 

結末はいかに!?って感じで169話終了です。

 

ブラクロ169話の感想

169話のヤミ vs シャーロット熱かったですね。

エルフに転生すると魔力が高くなり攻撃力やスピードが増すイメージでしたが、シャーロットの場合はそれに加え本来の力を発揮しているような感じでした。

荊魔法やシャーロットの潜在能力のようなものが開花・覚醒してましたね。

気が使えるヤミだから戦えてますが、他の人間だとまず無理だったと思います。

 

ヤミのことが好きなシャーロットですが、169話では一瞬反応しました。

もっと迷いが出る感じかと思いましたが、全くでしたね。

それどころか、エルフが転生したシャーロットはほとんど喋らず、黙々と戦っています。

シャーロットもそんなにお喋りなタイプではありませんでしたが、にしても今のシャーロットは淡々としています。

 

アスタがいない状況ですが、果たしてシャーロットを元に戻すことはできるのでしょうか。

そしてヤミは無事なのか気になりますね。

 

ブラッククローバー170話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】170話ネタバレ!裏切り者ゲルドルとレブチが登場

スポンサーリンク