【ワンピース】1001話ネタバレ!カイドウを倒すのは誰だ!?

【ワンピース】1001話ネタバレ

ワンピース1001話のネタバレになります。

カイドウ・ビッグマムの四皇二人と対峙するルフィ、ゾロ、キッド、キラー、ローの五人。

果たして、カイドウを倒すのは誰なのか!?

 

前回のワンピース1000話のネタバレはコチラになります。

>【ワンピース】1000話ネタバレ!ルフィがレッドロックでカイドウを殴る

錦えもんの技を盗んだゾロ

四皇二人の前で、「海賊王になる」と宣言したルフィ。

それを聞いたビッグマムは言います。

「この期に及んでクソガキがぁ〜、海賊王だぁ〜!?」

 

ルフィの攻撃を受け驚くカイドウ。

(俺に攻撃が、効く・・・!?)

 

ルフィの攻撃を見たゾロは、「アレか・・・ワノ国のジジイに習った覇気・・・」と言い、キッドは驚きます。

「何だ今の覇気・・・打撃なんかカイドウに効くのか!?」

 

キラーは笑いながら、「ファッファッファッ!勝算あるじゃねぇか!」と言い、ローはルフィに何か言いたそうです。

「一言・・・言わせて貰わなきゃな」

 

ビッグマムは怒りながらルフィに言います。

「おめぇ、海賊王ってのがどれほどの存在か分かってんのかい!?」

 

カイドウはゆっくりと起き上がりながらルフィのことを考えます。

(九里で俺に大敗した後、何があった!?)

(わずかだぞ・・・!俺と戦える奴など!)

 

”おでん”、白ひげ、ロジャー、シャンクス、ロックスのことを思い出すカイドウ。

カイドウはルフィを見ながら心の声で言います。

(お前が・・・!どれほどのモンだってんだよ・・・!)

 

ルフィに、”雷鳴(らいめい)・八卦(はっけ)”を出すカイドウ。

直撃は免れますが、それでも吹き飛ぶルフィ。

ルフィは言います。

「くそ!未来読んだのに!速え!」

 

カイドウは嬉しそうに言います。

「いいぞ・・・二度目はまともにくらわねぇか・・・!」

 

吹き飛んだルフィに、炎のプロメテウスで追撃しようとするビッグマム。

すかさずゾロが飛び出し、”狐火流(きつねびりゅう)・焔裂き(ほむらさき)”でプロメテウスを両断します。

 

ゾロの技を見たルフィは、「おおー!錦えもんの技!」と言い、「へへ・・・盗んだ」と答えるゾロ。

ローはルフィの子分になった!?

ゾロに助けられたルフィですが、今度はカイドウが金棒で攻撃しようとします。

叫ぶゾロ。

「一瞬でも気ぃ抜くなルフィ!四皇が二人いるんだぞ!」

 

今度はローがルフィを助けます。

”シャンブルズ”でルフィを自分の目の前に瞬間移動させ、ローはルフィに言います。

「お前に言っておくが・・・俺は最初から錦えもん達を下へ逃がすつもりだった!」

 

「は??」とルフィ。

 

ローが言いたいのは、ルフィが、「トラ男、こいつら全員下へ!」と叫んだあとで錦えもん達を下へ逃したのが、まるでルフィの命令を聞いたみたいで気に入らないとのこと。

 

ルフィは、「いいじゃねぇかどっちでも!」と言い、キッドはローに言います。

「トラファルガー・・・お前、遂に”麦わら”の子分になったのかと」

 

「なるかぁ!」と叫ぶローですが、キッドは言います。

「格下が格下につこうが俺にはどうでもいいが・・・!」

 

言い争いをするルフィ、ロー、キッド。

ビッグマムは三人を焼き払うようプロメテウスに命令し、三つの炎を飛ばすプロメテウス。

 

向かってくる炎を見ながらルフィは言います。

「じゃあアレに先に手ぇ出したやつ格下!」

 

ローは、「のるかバカ野郎!」と叫び、キッドも言います。

「くだらねぇゲームを持ちかける、そういう所だ!てめぇらが大物になれねぇ理由は!」

 

ルフィは、「いいぞ、じゃあお前ら格下」と言い、ムキになるキッドとロー。

結局、三人は最後まで炎を避けず、直撃し爆発します。

 

それを見て怒るゾロ。

「何やってんだお前ら!」

カイドウを倒すのは誰だ!?

カイドウはビッグマムに言います。

「リンリン下がってろ・・・!コイツらの力を見たい」

 

カイドウの言うとおりにしながらも、ビッグマムは言います。

「また物好きだねぇ・・・!」

 

ゾロは頭に黒手拭を巻きながらキラーに言います。

「邪魔するなよ?人斬り鎌ぞう!」

「そんな妙な笑い方、そうそういねぇからな」

 

キラーは、鎌とトンファーが合わさったような武器を振りながら言います。

「この”パニッシャー”をつけてたら、お前は死んでたぞゾロ十郎」

 

ゾロは、「結果は同じだ!」と言いながら、カイドウへ飛び込み、キラーもカイドウへ飛び込みます。

”三刀流・煉獄・鬼斬り”でカイドウを攻撃するゾロ。

キラーもパニッシャーを使った”斬首爪(ざんしゅクロー)”でカイドウを攻撃します。

 

二人の攻撃を受けながら、カイドウは嬉しそうに言います。

「ウォロロ・・・さすがだ・・・!」

 

カイドウに攻撃が効かなかったことにゾロは、”おでん”の刀”閻魔(えんま)”を見ながら言います。

「もう少し開放しなきゃな、閻魔・・・」

 

ルフィ、キッド、ローが立ち上がり、叫びます。

「一気に勝負つけてやる!」

 

”ギア4(フォース)”を使うルフィ。

”磁気魔人(パンクロットン)”を使うキッド。

”ROOM(ルーム)”を使うロー。

 

待ち構えるカイドウ。

カイドウは三人の攻撃を見ながら、嬉しそうに叫びます。

「ウォロロロロロ!まるで怪物じゃねぇかコイツら!」

 

キッドはカイドウに言います。

「お前が固ぇのはよく知ってる!だが潰れて圧死はできるんじゃねぇか!?」

 

ローもカイドウに言います。

「俺は体内への・・・医術的な死を与えてやる・・・」

 

そしてルフィは、ギア4”猿王銃(ゴングガン)”による打撃をカイドウへ食らわせます。

 

ルフィの打撃、キッドの圧縮による攻撃を受けるカイドウ。

さらにはローが、”タクト”でカイドウに無数の岩を落下させます。

 

全ての攻撃を受けたカイドウは、龍の姿になり上空へと昇っていきます。

ビッグマムもゼウスに乗り上空にいます。

 

上空から叫ぶカイドウ。

「ウォロロロロ!殺すにゃ勿体ねぇ!だが仕方ねぇ!お前らが死んだら何もかも貰うぞ!」

 

ビッグマムも叫びます。

「”歴史の本文(ポーネグリフ)”、お前達なら持ってるよねぇ!?楽しみだ!」

 

そしてカイドウは言います。

「勝った奴が大きく近づく!海賊王にな!」

 

次回のワンピースは休載になります。

ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでワンピースの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ワンピース1001話の感想

遂に始まったカイドウとの戦い。

これまではルフィが一人戦い勝つ展開でしたが、今回はルフィ、ゾロ、キッド、キラー、ローの五人です。

さすがにカイドウ相手にルフィ一人では無理と言ったところでしょうか?

 

とはいえ、カイドウも一人ではなく、同じ四皇のビッグマムと一緒です。

四皇二人が相手なので、そりゃ五人くらい必要ですよね。

 

以前、尾田先生は、「大ONE PIECE新聞 第2号」の中で、このようなコメントを残しています。

「「このパンチは強いから倒せる」というんじゃ読者が納得しない。こうすれば勝てるだろうというアイデアが出た時、読者が初めて納得してくれると思う」

 

ルフィの打撃、キッドの圧縮、ローのROOM、そしてゾロの閻魔にキラーのパニッシャー。

尾田先生の言う、”アイデア”がこれから見られそうな予感ですね。

 

ルフィの打撃とゾロの閻魔が有効なのは予想できましたが、個人的にはキッドの圧縮が面白いと思いました。

カイドウを倒すのが誰なのかが気になります。

そして、ビッグマムとは誰が戦い、誰がビッグマムを倒すのかも気になるところですね。

 

カイドウ・ビッグマムとの激アツな戦いだけではなく、他のメンバーも現在進行系で戦ってますよね。

他のメンバーの戦いも気になるところです。

 

2021年に決着がつくのだろうか・・・。

 

ワンピース1002話のネタバレはコチラになります。

>【ワンピース】1002話ネタバレ!

(2/1更新)