【ワンピース】1007話ネタバレ!”おでん”が生きてた!?

【ワンピース】1007話ネタバレ

ワンピース1007話のネタバレになります。

死を覚悟するヒョウ五郎。

チョッパーのワクチンは間に合うのか!?

 

前回のワンピース1007話のネタバレはコチラになります。

>【ワンピース】1006話ネタバレ!ヒョウ五郎死亡!?

ワクチン(抗体)完成!

ードーム内「ライブフロア」ー

”お庭番衆”、”見廻り組”の隊長達を倒したヒョウ五郎。

カイドウの部下達は”伝説の侠客”ヒョウ五郎の強さに驚き、アプーも言います。

「氷鬼に耐えて・・・”力”だけ利用しやがった!」

 

ドレークも、「ワノ国が恐れられてきた理由が少しわかった・・・」と言いますが、そのヒョウ五郎は死を覚悟し、親分に自分の首を斬るよう命令します。

 

刀を振りかぶるも、なかなか斬れない親分の一人、”弥太っぺ”。

ヒョウ五郎は言います。

「ぐずぐずするな弥太っぺ!頭を空(から)にしろ!俺が鬼になっちまったらガルルル・・・!」

 

弥太っぺは涙を流しながら言います。

「わかってやすよ!ちょっと待ってくれ!もうやりやす!今やりやす・・・!」

 

他の親分達も涙を流しながら言います。

「当たり前だよ・・・!あちきらには・・・!親同然のお人・・・!」

 

ワクチンを作るチョッパーを守っている侍達。

侍達は、「何とか間に合わねぇのか!?」と、祈るように言います。

 

カイドウの部下達はクイーンに言います。

「何で俺達が!上司のあんたのウイルスで死ななきゃならねぇんだよ!」

 

その言葉に怒るクイーン。

クリーンは、「黙れ雑魚共!」と叫び、部下達を攻撃します。

 

クイーンは部下達に言います。

「氷鬼は俺の傑作ウイルスだ!むしろお前らの為にあると言っていい!」

「おいプレジャーズ!お前らはすでに能力を得られるかどうかの賭けに負けた、笑うだけの廃棄要員だ!」

「おいウェイターズ!いつまで待ってももう”スマイル”は届かねぇ!お前らは力を得るチャンスを失った!永遠のウェイターズ(待つ者達)だ!」

「そんな穀潰(ごくつぶ)し共がこの最強の百獣海賊団で役に立つには!せめて最期に鬼にでもなって!”死に花”咲かすしかねぇだろうがよ!」

 

部下達は、「それじゃまるで俺達に死ねって・・・」と言いますが、「そうだ・・・!」クイーン。

クイーンは言います。

「兵はいくらでもいる!」

 

部下達は叫びます。

「畜生!死んでたまるか!」

「氷鬼になった同志も侍もたたき斬れ!生きのびてこんな海賊団やめてやる!」

 

侍達は、「敵ながら胸クソ悪い主従関係・・・」と言いますが、クイーンは侍達にも言います。

「お前らもそこで何かを守ってるつもりかも知れねぇが、タヌキの野郎も海賊だぞ!?」

「てめぇにだけ抗体を投与してトンズラしてるに決まってる!海賊は裏切るもんだ!」

 

”弥太っぺ”は刀を振り下ろしながら言います。

「ヒョウ五郎親分!いずれ追いやす!」

 

ヒョウ五郎は、「フフ・・・なるべくゆっくり来いよ」と言い、覚悟を決めます。

(さらばだ・・・!)

 

間一髪、チョッパーが刀を止めます。

「待てー!」

 

チョッパーはヒョウ五郎の口の中へワクチンを投与し、目を輝かせながら言います。

「よかった!間に合った!」

チョッパー vs クイーン!?

チョッパーのワクチンが間に合ったことに、大喜びする侍達。

チョッパーはミヤギとトリスタンに合図を送り、二人は大砲を放ちます。

 

大砲から放たれたのは霧状のワクチン。

何千、何万も兵士がいるフロアで、皆に薬を投与して回るのは不可能と考えたチョッパーは、抗体を元にしてウイルスを作り、霧状に噴出させ、皆に吸飲させる方法をとりました。

 

チョッパーのことを、田舎海賊団の船医と思っていたクイーンは、「こんな技術どこで身につけた!?」と驚き、チョッパーは答えます。

「俺達は世界中に散らばって修業したんだ!」

 

自分の部下達の氷鬼まで解けてしまうと怒るクイーンに、チョッパーは叫びます。

「ウイルスなんて戦闘に使うべきじゃない!いつか必ず手に負えなくなるぞ!」

 

叫びながらチョッパーへ向かって来るクイーン。

「”たぬき”に倫理を説かれる筋合いはねぇ!俺を誰だと思ってやがる!」

 

チョッパーを守るプレジャーズ達。

クイーンの攻撃を受けたプレジャーズ達は、「痛ぇアハハ」と笑いながら言います。

 

プレジャーズ達に、「どけ雑魚共」と叫ぶクイーンですが、プレジャーズ達は言います。

「この”たぬき”さんに命を救われた!イカレた上司に殺されるより、俺達は!恩人に味方して死んでやる!」

 

この場にいる多くのカイドウの部下達が賛同し、クイーンと戦うことを決意します。

 

さらに怒るクイーン。

そのクイーンの首を抑えるマルコ。

マルコはチョッパーに言います。

「やるじゃねーか”なぬき”!」

 

マルコは、「かませ」と言い、チョッパーはランブルボールを飲みながら言います。

「ありがとうマルコ!もう一つ言いたいんだ!」

 

モンスターポイント(怪物強化)で巨大化したチョッパーは、クイーンの顔を平手打ちして言います。

「”たぬき”じゃねぇー!」

 

チョッパーが巨大化したことに青ざめる一同。

マルコ、ドレーク、ヒョウ五郎、親分達は、手で口を塞ぎ、心の声で謝ります。

(なんかごめーん!!)

”おでん”が生きてた!?

ードーム内「右脳塔」ー

走るヤマトと”しのぶ”。

ヤマトは、自分の服の中にいるモモの助に聞きます。

「苦しくない?」

 

モモの助は、「苦しいでござる・・・自分がイヤになる・・・」と答えます。

自分の不甲斐なさを悔しがるモモの助に、”しのぶ”は「立派です!」と言いますが、モモの助は龍の姿になりヤマトの服の中から飛び出します。

驚くヤマトと”しのぶ”。

 

ー場内「来賓の間」ー

CP0(シーピーゼロ)の一人、ハットをかぶった男は、昔、海軍がカイドウを捕らえた時のことを思い出します。

その時、ベガパンクがカイドウの「血統因子」を抽出し作った”人工悪魔の実”。

政府はそれを渡すよう要請したが、どうしても納得いかない”失敗作”だったらしく、それはずっとパンクハザードに保管されていた。

 

別のCP0は、「なぜ急にそんな話を?パンクハザードは爆発した」と言い、ハットの男は答えます。

「その時、吹き飛んでいればいいが・・・海軍「G-5(ジーファイブ)」の報告では、研究所は一つ稼働してた」

「失敗作でよかったと、つくづく思っただけだ」

 

ー天守裏「宝物殿(ほうもつでん)」ー

目を覚ました赤鞘達。

皆は、自分達が手当をされていることに困惑します。

 

河松は呟くように言います。

「かすかに見たような・・・いや・・・夢だろう、そんなはずはないしな・・・!」

 

現状、カイドウはルフィ達が引き受けていることに、錦えもんは言います。

「島の戦は続いておる!ゆくぞ!我らまだ”命”を使い切っておらぬ!」

 

その時、突然、宝物殿の扉が開き、男が叫びます。

「お前達ぃー!手ひどくやられたなぁ!」

「会いたかったぞ!ずいぶん歳をとったな!わはははは!」

 

驚く赤鞘達。

扉を開けた男は”おでん”で、若い頃の姿そのままです。

 

目に涙を溜めて錦えもんは言います。

「おでん様!」

 

次号のワンピースは休載になります。


ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでワンピースの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ワンピース1007話のまとめ

チョッパーのワクチンが完成し、さらに霧状にして皆へ投与しました。

これによりカイドウの部下達がチョッパー側につき、チョッパーもモンスターポイント(怪物強化)でクイーンと戦う展開へ。

そして、モモの助は龍の姿に変わり、光月おでんも登場!

何が何やらの状況ですが、気になるのはCP0のセリフ。

「失敗作でよかったと、つくずく思っただけだ」

 

ワンピース1008話のネタバレはコチラになります。

>【ワンピース】1008話ネタバレ!

(3/29更新)