【ワンピース】955話ネタバレ!ゾロが閻魔を手に入れてワノ国第二幕終了!




ワンピース955話のネタバレになります。

仲間が増え、武器も用意することができ、討ち入りへむけ着々と準備が進む錦えもん達ですが、前回、カイドウとビッグマムの最強同盟が結成されました。

正直、その時点で絶望的な感じですが・・・。

スポンサーリンク

閻魔を手に入れたゾロ

おトコの事が心配でたまらないが、今、皆に会うのはやめると日和は河松に言います。

戦を前に、情は禁物と日和。

 

皆で力を合わせ、ワノ国をどうかお守りくださいと、三指を地面について頭を下げる日和に、顔をお上げ下さいと慌てる河松。

 

この話を聞いたモモの助と赤鞘のメンバーは、日和が生きていたこと、そして”おてんば”だった日和が丁寧な言葉を使ったことに驚き喜びます。

日和は今どこに?護衛はいるのかとイヌアラシは心配しますが、安全な場所にいると河松は答えます。

 

幼い頃、自分に飛び蹴りをしていた日和を思い出すモモの助。

モモの助はゾロに日和を助けてくれたことを感謝します。

日和はガサツだが、本当は弱く泣き虫で・・・とモモの助は説明しますが、いつまで昔の気分でいるんだとゾロは言います。

今は日和のほうが18も年上と説明するゾロに、18年上の飛び蹴りはマズイと慌てるモモの助。

 

天狗山飛徹は「用意ができた」と言い、河松に本当によいのだな?と確認します。

もう話はついていると河松は答えます。

 

お菊は、これを先にと言い、ルフィが持ち出し「兎丼」に没収されていた”二代鬼徹”を飛徹に返します。

 

飛徹は自分がワノ国の刀鍛冶であることを説明し、20年、この刀をお2人に返納する日を待っていたと言います。

そして飛徹が用意した刀というのが、おでんが愛用していた天をも切り落とす「天羽々斬」、それと地獄の底まで切り伏せる「閻魔」、いずれも「秋水」と同じ”大業物21工”に位列すると飛徹。

 

飛徹は、モモの助に「天羽々斬」を差し出し、いかが致しますか?ワシの傑作と言いますが、モモの助は、拙者はまだと断ります。

恐いわけではないが、まだ預かっておいてくれと言いながら、龍の姿になるモモの助。

 

「閻魔」をゾロに渡す飛徹。

先に言っておくが、と飛徹はゾロに言います。

この国で「閻魔」を手なづけられたのは、後にも先にも「光月おでん」ただ一人と飛徹は言います。

 

そして、「閻魔」でそこらの木を一本試し切りしてみろと言い、早速、試し切りをするゾロですが、木どころか海岸の端をごっそり切り落とす「閻魔」

さらに「閻魔」を持っているゾロの右腕がミイラのように。

 

「返せ!!」と右腕に武装色の覇気をまとうゾロ。

右腕がもとに戻ります。

 

持ち主の”流桜”を勝手に放出し、必要以上に”斬る”、普通の剣士なら干からびて倒れるところがだ、見事だと飛徹。

その上で、他の刀にするか?と飛徹は聞きますが、「閻魔」を貰うとゾロは答えます。

「閻魔」に慣れた時、自分はもっと強くなってるってことだろうと言い、ニヤリとするゾロ。

そんなゾロに、呆れた男だと笑う河松。

スポンサーリンク

ルフィも合流

ー 討ち入り3日前 ー

錦えもん達がいる編笠村では、作戦会議が行われています。

ロビンが入手した情報では、百獣海賊団の兵力が約2万、オロチの”行列”の人数は約1万。

討ち入り当日、鬼ヶ島には3万人の敵がいるという計算です。

 

庶民を巻き込まない分、”地の利”も敵にあり、これではいくら屋敷図があってもと、アシュラ童子は言います。

対する自分達の兵力はざっと4千、全面戦争ではないにせよ・・・と、錦えもんも厳しい表情を見せます。

 

囚人採掘場では、ルフィの修行が続きます。

鋼鉄を破壊するルフィですが、力みすぎたからダメだと言い、周りの者達は、あれでダメなの!?と驚きます。

 

ゾロと一緒に素振りをするモモの助。

「すなっち」は言ってはならないと言われたと話すモモの助に、昔、村のジジーに習っただけで、自分も言ったことはないとゾロ。

その回答に「えェ!?」と驚くモモの助。

 

ー 討ち入り2日前 ー

チョッパーに担がれ、ルフィとお玉が編笠村に到着します。

さらに錦えもんのもとへは、200人追加との連絡が入り、これで戦力は4千2百人。

 

ローからの連絡がないことを心配する錦えもんですが、来ないのならそれでもいいのでは?としのぶは言います。

ローがメチャクチャ強いことを説明するチョッパー。

そんな中、ルフィは修行のしすぎでずっと寝ています。

 

錦えもんは、花の都の羅刹町牢屋敷に捕まっている者達の心配をし、同時に、今回の討ち入りへの合流を諦めます。

その中にこそ屈強な侍がいるのだがと、悔しそうな錦えもん。

 

錦えもんは皆へ連絡を入れます。

残る時間は移動と準備に使ってくれ、約束の港で会おうぞ。

スポンサーリンク

ワノ国第二幕終了!

ー 討ち入り前日 ー

皆より早く行く必要がある錦えもんは、ルフィに先に発つことを伝えます。

見つかるなよ!とルフィは錦えもんに伝え、ずっと張り詰めているため心配ないと錦えもん。

ルフィ達を頼りにしていると言い、任せとけ!とルフィ。

 

そして、赤鞘の侍七人、忍一人(しのぶ)、要人一人(モモの助)の九人は、二十年の時を越え、主君の無念を討ち果たさんと歩きだします。

 

おトコやキャロットは墓標に手を合わせます。

戦いに勝ったらもっと立派な墓をと言い、墓標には「康イエ」と「ペドロ」の文字が。

 

素振りをするゾロに、飛徹は「閻魔」は手になじむのでは?と聞きます。

ゾロが持つ”三代鬼徹”は自分の作品だと飛徹は言います。

妖刀と同じで理屈で、弱いものには扱えないと。

 

さらに飛徹は、「閻魔」が手になじむ一番の理由を伝えます。

それは、ゾロの持つ白い刀、”和道一文字”と”閻魔”の生みの親は同じ人物、50年以上前にワノ国を違法出国した、名工”霜月コウ三郎”だと説明します。

 

日和様が”和道一文字”に気づき、父の形見をゆずったのかもしれないと飛徹は言います。

そして、「閻魔」はまだ黒刀になっておらず、ゾロ次第で”位列”も上がると伝えます。

 

目が覚めたルフィ。

新たな覇気の使い方をマスターし、「みてろカイドウ」と自信に満ちた表情をします。

 

一方、オロチは兎丼と連絡をとっています。

兎丼が無事と聞き、誤報かと言います。

 

誤報だったことに、信用ならないマネをしやがってと言いますが、直後に、こっちを抑えれば充分かと。

オロチが抑えた情報、それは、”刃武港(はぶみなと)”から”常影港(とかげみなと)”に変更、光月日和生存、北の地。

 

不敵な笑みを浮かべるオロチ。

 

いよいよ「火祭り」の日を迎え、ワノ国第二幕が終了となります。

スポンサーリンク

ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでワンピースの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ワンピース955話の感想

ワノ国第二幕が終了となりました。

そしていよいよ討ち入りとなりますね。

新しい覇気の使い方をマスターしたルフィ、閻魔を手に入れたゾロ、兵力も増え武器も万全、しかしカイドウとビッグマムの最強同盟。

かなり激しい戦いになりそうな予感です。

スポンサーリンク