【ゴールデンカムイ】226話ネタバレ!宇佐美の過去が判明!子供の頃から怖い

ゴールデンカムイ226話のネタバレになります。

226話から宇佐美の過去編となりますが、過去編の少年時代から既に宇佐美が怖いです。

怖いというか・・・かなりヤバいですw

 

前回のゴールデンカムイ225話のおさらいはコチラから。

>【ゴールデンカムイ】225話ネタバレ!鶴見と宇佐美の出会いの物語へ

宇佐美の過去

宇佐美の過去編の前に、杉元、アシリパ、杉元、頭巾ちゃんんは、リュウに似ている犬を見つけます。

しかし、リュウはチカパシ達のところに二瓶の銃と一緒に置いてきたので別の犬だと白石は言い、二瓶の銃を忘れるくらい、チカパシたちに可愛がられてるといいなと杉元。

 

ここでアシリパは、セタ(アイヌ犬)の話をします。

セタ(アイヌ犬)はとても勇敢で飼い主への忠誠心が強い。

でもそれがひっくり返ると、全部がそうではないが、嫉妬深く気性の荒さになることがある。

 

以前、和人でアイヌ犬を飼っていた猟師がいて、アイヌ犬をとても可愛がっていたが、ある日、事情があってひどく叱ったあと、犬を家に置いて狩りへ行った。

その夜、家に帰ると、その犬は主人が飼っていたニワトリを全部殺していた。

 

その話を聞いた白石は、人間も同じ・・・愛ゆえの・・・と言い、宇佐美の過去編になります。

 

鶴見と再会した宇佐美少年。

稽古に来たんじゃなさそうだね?と鶴見が聞くと、実家の手伝いがあったけど、ふらっと・・・と宇佐美は答えます。

鶴見は、ここまで歩いて二時間はかかるだろう?と言いますが、なんとなく稽古のない日も来てしまうと答える宇佐美。

ここは僕らの聖地ですからと。

 

更に2年前。

 

宇佐美は父親から柔道の稽古の様子を聞かれ、篤四郎(とくしろう)さんが今まで見た子供達の中で一番才能があるって・・・と答える宇佐美。

それを聞いた姉と思われる女性は、鶴見篤四郎さん?と驚き、ポーッとします。

 

誰だその人は?と聞く父親に、時重(ときしげ)の道場に来る素敵な将校さんよぉと答える宇佐美の姉。

子供の頃から強かった宇佐美

鶴見に、足踏み水車の使い方を教える宇佐美。

その時、「トキシゲ―」と宇佐美を呼ぶ子供が。

 

宇佐美を呼んだ子供は、高木智春(ともはる)12歳。

宇佐美の同級生です。

智春は鶴見に挨拶をし、鶴見も智春に父親は元気か聞きます。

 

智春は宇佐美に、今日の稽古が終わったら家に泊まるよう誘います。

明日は一緒に学校に行こうと。

さらに、今日は道場に篤四郎さんが来ると智春は言い、二人は道場へ急ぎます。

 

鶴見と乱取りがしたい宇佐美と智春は、互いに鶴見の袖を笑顔で引っ張り、鶴見も嬉しそうに笑っています。

 

道場からの帰り、宇佐美から今年で卒業と聞いた鶴見。

今後も道場へは通えるのかを聞く鶴見に、父親の野良仕事の手伝いをするのでわからないと宇佐美は答えます。

鶴見は宇佐美に、キミはもっともっと強くなる、続けなさい、同年代じゃかなう奴はいない、すぐに私を追い越すだろうと言います。

 

さらに、私はそろそろ道場へ来るのは難しくなると鶴見は言います。

朝鮮半島というところで問題が起きてねと説明する鶴見。

 

二人が会話をしていると、再び智春が、「トキシゲ―、一緒に帰ろう」と声をかけてきます。

宇佐美が怖すぎる

季節は変わり春。

乱取りをする宇佐美と智春。

宇佐美に勝てない智春は、もうちょっとだけやろうと言いますが、僕はもういいよ・・・と宇佐美。

 

皆が帰り、一人道場に残る智春に声をかける鶴見。

自分はこの道場に通うのは今日が最後だが、一度も宇佐美に勝てなかったと智春は言います。

 

智春は帰り途中の宇佐美に声をかけます。

卒業したら東京の学校に行くことを伝える智春。

家を出てひとりで寮に住むため、宇佐美と乱取りするのも今日で最後だと。

 

智春の後ろにいる鶴見は、自分から言い出せなかったそうだよと、智春の心情を宇佐美に伝えます。

鶴見の言葉に、知ってましたと答える宇佐美。

 

宇佐美は智春に言います。

いいよ、もう少しなら。

僕に勝って行きたいんでしょ?

ホントはやりたくないけど・・・だって気を使って負けたくないから・・・。

 

智春も、あたりまえだ!そんなことしたら、お前なんて親友じゃない、絶交だからなと叫びます。

 

道場は既に鍵がかかっているため、こっちの広いところでやりなさいと鶴見。

二人に、「私が見届けよう」と鶴見は言います。

 

宇佐美と智春は、外で乱取りをはじめます。

智春は、時重に勝てたらオレ・・・東京でもひとりで頑張れると思うからと考えます。

 

宇佐美とのことを思い出し涙を流しながら乱取りする智春。

宇佐美に投げられ地面に倒れた智春は、「まだまだッ」と言いますが、宇佐美は鬼のような表情をしています。

 

そして宇佐美は、倒れている智春の喉を足で思いっきり踏みつけます。

口から泡を出し、ビィィンと硬直する智春。

 

これには鶴見も目を見開き、驚いた表情をします。

 

次号、「理由を述べなさい」に続きます。

 

次号のヤンジャンは1/23(木)発売となります。

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでゴールデンカムイの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにゴールデンカムイのアニメも全て「見放題」です!!

第1期

 

第2期

 

おそらく第3期も見放題になると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ゴールデンカムイ226話の感想

宇佐美の強さは網走監獄に潜入した時から知ってましたが、子供の頃から強かったのですね。

強かったのは良しとしても、ちょっと怖すぎ。

大人になってからも怖い表情をよく見せる宇佐美、今回の子供の頃の鬼の表情はヤバいです。

かなりイッてました。

 

次号の「理由を述べなさい」で、なぜこのような暴挙にでたのかが判明すると思われますが、もしこれが鶴見中尉絡みだと、ますます怖いですね。

同じ鶴見中尉大好きの、鯉登の猿叫が可愛く見えるレベルに宇佐美が怖いです。

 

ゴールデンカムイ227話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】227話ネタバレ!

(1/23更新)