【五等分の花嫁】120話ネタバレ!飛行機雲が再び登場!風太郎は東京の大学へ

五等分の花嫁120話のネタバレになります。

前回、四葉に正式に告白(求婚?)し、付き合うことになった風太郎と四葉。

五人がそれぞれの道を進する中、東京の大学を受験することを伝える風太郎。

五等分の花嫁は今回のを含め残り3話となります。

 

前回の五等分の花嫁119話のネタバレはコチラになります。

>【五等分の花嫁】119話ネタバレ!四葉の夢は”お嫁さん”だった

五年前のとある日

今回の120話のタイトルは「五年前のある日」です。

目覚ましの音で目を覚ます風太郎。

 

妹の「らいは」も、フライパンとお玉を叩いて風太郎を起こします。

ボーッとしてないで着替える!卒業まであと少しなんだから、こんな時に遅刻なんてしないでねと言う「らいは」に、母親に似てきたなと感じる父親の勇也。

来年から私が起こしてあげられないから心配だと「らいは」は言います。

 

高校を卒業し家を出る。

それは入学より前から既に決めていたことだ。

俺の武器が勉強だけならば、将来のため学歴に拘りすぎるということはない。

この考えに変化はないはずと考える風太郎。

 

駅に着いた風太郎は、五つ子と合流します。

一花は、そろそろ電車に乗る時間だと言い、四人と風太郎は一花を見送ろうとします。

五月だけボーッとしており、目の下のクマも酷く、どうやら徹夜で勉強をしているとのこと。

 

皆は心配しますが、ここまできたら最後までやり抜きたいと五月。

風太郎に、放課後よろしくおねがいしますと言います。

 

五つ子と仲良く話す自分を客観的に見て、変わったのは自分の環境かと風太郎は実感します。

 

放課後、四人に勉強を教える風太郎。

風太郎は四葉に、ここはもう百回は教えたはずだ!何回間違えれば気が済むんだと、いつもの調子で四葉を叱ります。

 

普段どおりの二人に、とても付き合っているとは思えないと二乃は言い、五月も、もっとギクシャクするのかと思ってたと言います。

そんな中、もう受験しない立場の自分が、ここにいていいのかなと考える三玖。

 

風太郎は三玖に、そんなこと気にする必要あるか?と言います。

家庭教師はもう終盤だが、たとえ今日、教師と生徒の関係が終わったとしても、明日同じように会うだろうなと風太郎。

 

四葉も、三玖がいてくれたほうが心強いと喜び、五月も、日本史の問題で教えて欲しいところがあると言います。

さらに五月は、どんな目標もきっと一人では持ち続けられませんでした。

なにより、こうして皆で机を並べられた日々が、とても楽しかったですと言います。

東京の大学を受験する風太郎

帰り道、四人は一花からのメールで、前に一花が言っていた、ドラマの役が合格したことを知り喜びます。

風太郎にも一花からメールが届いており、ドラマの主演をゲットした報告と、文末には、「次は君だよ」とのメッセージが。

 

自分達も一花に負けないように頑張ろうと話す四人に、風太郎は意を決した表情で言います。

「お前たちに言っておかなくちゃいけないことがあるんだ」

 

拳を握り、風太郎は言います。

「俺が受ける大学・・・ずっと言えなかったが・・・とっ東京なんだ!」

 

無言の四人。

 

風太郎は続けます。

「卒業したら俺は上京する」

「そしたらもうお前たちと今までのようには・・・」

 

ここで二乃は答えます。

「え?そんなこと知ってるけど」

 

は?と拍子抜けする風太郎。

 

四人共、あえて聞くことはしなかったが、風太郎ならそうだろうと思っていたと言います。

「私達は全然気にしてない」と言われ、一人盛り上がっていた風太郎は赤面します。

 

四葉は、一生のお別れじゃないんですからと笑顔で言います。

どこにいても上杉さんを応援してます。

上杉さんがそうしてくれたように。

 

四人から応援された風太郎は、「ありがとな」と感謝し、お前たちと会えてよかったと言います。

そして、「またな」と笑顔で四人に手を上げ、四人も「また明日」と言い、風太郎と別れます。

 

風太郎と別れた四人。

予想通りだったが、珍しく寂しそうだったと話します。

だけど、風太郎のあんな顔が見られてちょっと嬉しいかもと言い、四人は涙を流します。

 

泣かないと決めていた四人ですが、もうすぐ卒業なのを実感します。

空には飛行機雲が

勉強に励む風太郎。

五月も勉強に励み、机の上で寝てしまった際には、そっとブランケットをかけてあげる四葉。

その四葉は、面接試験に臨み、五月も受験当日を迎えます。

 

皆がそれぞれの道を進む中、バイトに励む二乃と三玖。

二乃は三玖に聞きます。

夢とか目標とか・・・私もあんた達みたいになれるのかしら。

 

三玖は答えます。

二乃ならできるよ。

私たちなら・・・できる。

 

二乃は照れくさそうに、もう少しだけあんたに付き合ってあげるわよと言い、笑顔を見せる三玖。

 

時は過ぎ、大学に合格した五月。

お母さん・・・私・・・やったよ・・・と涙を流し、静かに喜びます。

 

自宅のベランダで、一花は四葉に、無理していないか聞きますが、離れていても平気だよと答える四葉。

だって、私達は皆・・・と四葉は言います。

 

駅で電車を待つ風太郎と武田。

武田は、らしくもなく緊張してるのかい?と風太郎に聞き、「かもな」と答える風太郎。

しかし、その直後に、「だが、俺は一人じゃねぇ」と笑みを見せます。

 

きっと、あいつらも・・・と、五人のことを思い出す風太郎。

 

五人は別々の場所にいますが、皆が空を見上げ、飛行機雲を見つけます。

五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

五等分の花嫁のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで五等分の花嫁の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに五等分の花嫁のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

五等分の花嫁120話の感想

前回の119話で、電車の中で四葉が発見した飛行機雲。

114話でも飛行機雲は登場しており、87話でも登場しています。

87話のときは、まだ子供だった五人が、サッカーの助っ人を頼まれ、その後、四葉が財布を落としたくだりのときです。

この飛行機雲は風太郎の旅立ちを示唆したものだったのですね。

もしかすると、他の意味もあるのかもしれませんが・・・。

なんにせよ五等分の花嫁も残り2話。

もう考えるのはやめて、最後まで楽しんで余韻に浸ろうと思います。

 

五等分の花嫁121話のネタバレはコチラになります。

>【五等分の花嫁】121話ネタバレ!

(2/12更新)