【鬼滅の刃】203話ネタバレ!炭治郎が人間に戻る!

【鬼滅の刃】203話ネタバレ

鬼滅の刃203話のネタバレになります。

人間に戻って駆けつけた禰豆子(ねずこ)

炭治郎を抱きしめ必死で止めようとしますが、炭治郎の鬼化は容赦なく進みます。

 

なんとか炭治郎の自我を取り戻したいところですが、ここでカナヲがフラフラになりながら現れ、”しのぶ”から渡されていた薬を、両眼失明の覚悟で炭治郎への注入を試みます。

薬の注入には成功しましたが、ただでさえフラフラのカナヲ、炭治郎の攻撃も受けこのまま死んでしまうのか!?

炭治郎は人間に戻ることができるのか!?

 

前回の鬼滅の刃202話のネタバレはコチラになります。

>【鬼滅の刃】202話ネタバレ!カナヲが両目失明で死亡!?

炭治郎を引き止める無惨

炭治郎の精神世界。

泣きながら「家(うち)に帰ろう」という禰豆子(ねずこ)の姿を見ながら、自分も家に帰りたいよ、本当にもう疲れたんだと炭治郎。

 

倒れている炭治郎の身体は、顔と右腕以外は細胞に取り込まれています。

そして右目も侵食されており、残っている左目から涙を流し、神様に、家に帰してくださいと願います。

 

炭治郎は右手を上に伸ばし、妹と家に帰りたいだけなんですと願いますが、右腕から二つの目が現れ、「帰ってどうなる」と炭治郎に言います。

家族は皆死んで、死骸が埋まっているだけの家に帰ってどうなると、二つの目は言います。

 

炭治郎は、思い出が残っている、あの幸せな日々は自分と禰豆子がいる限り消えない、だから帰ると上半身を起こそうとします。

二つの目は、無意味なことはよせ、禰豆子は死んだ、炭治郎が殺したと言いますが、嘘だ、禰豆子は生きていると炭治郎。

お前は嘘つきだと炭治郎は言い、炭治郎の身体は無数の手に押し上げられ細胞から離れていきます。

 

炭治郎を押し上げる無数の手に、二つの目は、余計な真似をするな亡者共と言います。

 

二つの目は炭治郎に、血の匂いがするだろう、仲間たちのと聞き、炭治郎がやったのだと言います。

炭治郎は、皆に謝りたい、戻って謝りたいと言いますが、戻っても許されないと二つの目。

 

それはお前(二つの目)が決めることではない、みんなが自分を心配してくれてる、匂いでわかると炭治郎は言います。

二つの目は無惨の顔になり、炭治郎に、お前は私の意志を継ぐ者と言います。

 

さらに無惨は言います。

前を向くな、人を信じるな、希望を見出すな、鬼でなくなれば数年の内に死ぬのだぞ、痣の代償を払わねばならぬ。

自分のことだけを考えろ、目の前にある無限の命を掴み取れ。

 

しかし炭治郎は拒否します。

嫌だ、自分は人間として死ぬ、無限の命なんか少しも欲しくない、いらない、みんなの所に帰りたい。

 

無惨は炭治郎に、「クズめ」と言い放ちます。

炭治郎だけ生き残るのか?大勢の者が死んだのに。

炭治郎だけが何も失わず、のうのうと生き残るのか?と聞き、涙を流す炭治郎。

伊黒と甘露寺の死亡確定

涙を流し無言の炭治郎ですが、再び炭治郎を押し上げる手が。

その手は煉獄(れんごく)、悲鳴嶼(ひめじま)、しのぶ、伊黒たち柱や、鬼殺隊の仲間の手です。

 

炭治郎を押し戻そうとする無惨。

 

炭治郎は”しのぶ”の匂いを感じますが、これは”しのぶ”ではなく、藤の花の匂いだと気づきます。

目の前には藤の花が広がり、そこから二本の手が炭治郎へ差し出されます。

藤の花から伸ばされた手は禰豆子の手で、禰豆子の手を握りしめる炭治郎。

 

無惨は炭治郎に、こっちに戻れ、太陽すら克服したというのに、お前は類稀(たぐいまれ)なる生物なのだ、そっちに行くな炭治郎と言い、必死で炭治郎を戻そうとします。

 

無惨は炭治郎に言います。

死んだ者達の憎しみの声が聞こえないのか!

なぜ、お前だけが生き残るんだと叫んでいるぞ、なぜ、自分達は失ったのにお前だけが・・・。

 

炭治郎は禰豆子に引っ張られながら、そんな人はいないと言い切ります。

自分ではない誰かのために命を懸けられる人たちなんだ、自分達の苦しみや悲しい思いを、他の人にはして欲しくなかった人たちだから。

 

炭治郎は死んだ仲間のことを思い出し、そこには伊黒と甘露寺の姿も。

 

炭治郎の身体は細胞から離れ、藤の花のへと引き寄せられます。

無惨は必死に炭治郎を引き戻します。

炭治郎待て!待ってくれ頼む!

私の意志を、思いを継いでくれ、お前が!

 

お前にしかできない、お前は神に選ばれし者だというのがわからないのか、お前ならなれる!

完璧な・・・究極の生物に!

 

皆のことを思い出す炭治郎。

藤の花からは善逸達、生きている者の手が現れ炭治郎を引っ張ります。

 

炭治郎、戻ってこい

絶対負けるな

こっちだ炭治郎

帰ろう

家に帰ろう

 

無惨の手を離れ藤の花の中へ引き寄せられる炭治郎。

それを見ながら、私を置いて行くなぁぁぁ!!と叫ぶ無惨。

炭治郎が人間に戻る

目を覚ます炭治郎。

周りには伊之助、善逸、鬼殺隊、隠 、そして禰豆子が心配そうに炭治郎を見ています。

 

お兄ちゃん!と呼ぶ禰豆子。

炭治郎は禰豆子の呼びかけに、ごめん、怪我、大丈夫か?と答え、炭治郎が人間に戻ったことに、皆は大喜びします。

 

伊之助は涙を流しながら、炭治郎にやられた傷なんか、たいしたことないと言います。

善逸も涙を流しながら、俺は一生かけて償ってもらうから、妻(禰豆子)の分もと言いますが、「妻?」と疑問を持ちながらも「はわわ」と動揺する禰豆子。

 

冨岡は「はー」とため息をつき、どっと疲れがきたようです。

 

禰豆子は泣きながら炭治郎の顔を抱き寄せ、炭治郎も泣きながら笑います。

“隠(かくし)”は寝ているカナヲに炭治郎が戻ったことを伝えます。

 

炭治郎はカナヲが生きていることを喜びます。

カナヲは炭治郎を見ながら涙を流しながら微笑み、それに気づいた炭治郎も、涙を流しながら笑みを見せます。

 

炭治郎の頭を抱きしめる伊之助、炭治郎の体を抱きしめる禰豆子。

そしてなぜか禰豆子の背中を抱きしめる善逸。

 

皆が外で喜ぶ中、建物の中では愈史郎(ゆしろう)が床に腰をおろし、「はー」と深い溜め息をつきます。

泣きながら愈史郎は言います。

ふん、お前(炭治郎)は死なないと思ってた。

 

内ポケットから珠世(たまよ)の簪(かんざし)を出し、泣きながら簪を握りしめる愈史郎。

愈史郎は言います。

珠世様、終わりましたよ・・・。

 

次回のジャンプは5/11の発売になります。

鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで鬼滅の刃の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

最新刊ではなく、鬼滅の刃公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」を購入するという選択肢もあります。

「鬼殺隊見聞録」は940円なので、無料にはなりませんが安く購入することは可能です。

 

ちなみに、鬼滅の刃のアニメは全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

鬼滅の刃203話の感想

炭治郎が人間に戻りました!!

本当に多くの犠牲を出し、もしかしたら伊黒さんと蜜璃(みつり)は死んでないのでは!?と思ってましたが、今回の描写を見ると死亡確定といった感じでした。

 

それでも最後に禰豆子と炭治郎が人間に戻ったので、良かったというか、激しい安堵感から疲れもぐっときたというか。

なんにせよ良かったです。

カナヲも生きてましたしね。

 

最後は愈史郎(ゆしろう)が珠世さんに報告するシーンで終わるというのも、本当に泣けます。

無惨戦のMVPは珠世さんですよね。

 

そして善逸がやっぱりいいやつでした。

ちょいちょい禰豆子に近づき、最後は禰豆子の背中を抱きしめていたというか、善逸が寄生している感じでしたが、いつもの善逸で癒やされました。

伊之助も普通にいい奴ですし。

 

無惨を倒し、炭治郎と禰豆子も人間に戻り、これはもうこのまま終わり!?

続ける方法が見当たらないのですが・・・どうなんでしょう。

 

今後の展開が気になりすぎます!

 

鬼滅の刃204話のネタバレはコチラになります。

>【鬼滅の刃】204話ネタバレ!

(5/11更新)