【ゴールデンカムイ】215話ネタバレ!杉元と地獄へ落ちる覚悟のアシリパ

U-NEXT

ゴールデンカムイ215話のネタバレになります。

前回、連絡船から流氷の上へ飛び出し、白い布を羽織りながら氷の上を歩きはじめた杉元達。

第七師団から逃れることはできましたが、鶴見中尉達は船で稚内に先回りしていると思われるため、遠回りして裏をかこうとする杉元。

無事に稚内に辿り着くことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

動き出す尾形

クリオネを食べないことから、調理方法を知らないとアシリパは言いますが、腹をすかした白石は、クリオネを箸でつまみ、そのまま生で食べます。

「臭いッ」と吹き出す白石。

 

駆逐艦では宇佐美が、アシリパの親族を殺すと脅せば良いのでは?と言いますが、脅迫は相手が逃げる前にしないと成立しないと菊田は言います。

それは分かっているが、新聞で祖母の「死亡広告」を出すのはどうかと宇佐美。

 

アイヌの金塊を狙う同じ穴のムジナであり・・・違法に囚人を苦役させ、汚職に染まった網走の看守たちを皆殺しにするのとはわけが違う・・・罪のない婆さんを見せしめで殺すのは反対だと菊田。

 

本当に殺さなくても、嘘の広告でもこちらの意図は伝わると宇佐美は言いますが、アシリパに迷いがあって、覚悟が決まっていないのならば、脅迫に従うかもなと鶴見中尉は言います。

 

アシリパは鶴見中尉から逃げた理由を話します。

鶴見中尉に金塊が渡れば、アイヌのためには使われない。

そもそも、アイヌが自分達のために集めたアイヌの金塊なのにとアシリパは言います。

 

鶴見中尉がアイヌのためには使わないと杉元も言います。

さらに昨日、白石が月島軍曹たちの会話をこっそり聞いており、鶴見中尉たちはアイヌの金塊で政権転覆と満州進出まで視野に入れている。

そしてその手始めが北海道。

 

国家存亡というより、あくまで報われなかった自分たち屯田兵のために金塊が欲しい鶴見中尉に、アシリパが引き渡されなくて「ざまあみろ」と思ったと白石は言います。

そうでなくては、キロランケが死んだのは何だったんだと。

 

キロランケはアイヌでも和人でもないのに、なぜ戦争にいったのだろうかと疑問を抱くアシリパ。

杉元が考えるには、北海道へ潜伏するために、アイヌになりすまし、結婚して戸籍を取ったあと、ウイルクとは何かがあり別れ、ウイルクは行方不明になった。

 

白石も自分の考えを述べます。

キロランケの極東民族独立の思いは中ぶらりになり、その後、日露戦争が起きた。

兵役拒否すれば色々と調べられるため、だまって出征するしかなかったのではと。

せめて今、自分にできるやり方で帝政ロシアと戦い続け、ひとりでも多くロシア人を殺してやろうと。

 

杉元は考えます。

戦争で殺し合って物事を解決するのは、とても手っ取り早くて簡単なことだ。

アシリパさんの選ぼうとしている道の方が、遥かに困難な道なんだと。

 

ー 樺太 大泊(おおどまり)ー

杉元達と同行しているロシアのスナイパー、ヴァシリに撃ち殺された兵士。

月島軍曹は地元の住民に場所を教えてもらい、兵士が死んでいる場所に到着しました。

 

地元の住民に、一緒に運んでくれる人と、戸板を探してきてくれと、月島軍曹はお願いしますが、殺された兵士が軍服を脱がされていることに気づきます。

誰が脱がせたのか住民に聞くと、一人の男が軍服を脱がせ、それを自分で着用したと言います。

 

なぜ、軍服を脱がせるのか男に聞くと、「だってもう使わないだろ?この銃だってぶっ壊れるまで人を撃ちたいはずだ」と話す男。

軍服を着用し、銃を手にした男は尾形でした。

スポンサーリンク

杉元と地獄へ落ちる覚悟のアシリパ

杉元は、キロランケの最期の時、何を伝えたのかアシリパに聞きます。

ひょっとして、暗号を解く方法がわかったのでは?と聞く杉元に、「うん」と答えるアシリパ。

 

杉元は、暗号を解く方法がなんなのかを聞きますが、「それは・・・」と、言いづらそうなアシリパを見て、アシリパに任せると言います。

その時が来たら教えてくれと。

 

今は言うべき時ではないと考えるアシリパ。

杉元はとても優しい男だから、暗号の解読方法まで知ったら、また自分を置いて一人で金塊を探しに行ってしまう。

魂が抜けるまで、一人で戦って傷つくだろう。

 

暗号の解き方を教えないことで、杉元は自分から離れない。

弾除けとなって杉元を守れるのは自分だけだ。

自分が強力な盾となる、そして、いざとなれば・・・「道理」があれば、自分は杉元佐一と一緒に地獄へ落ちる覚悟だとアシリパ。

スポンサーリンク

白熊に襲われる白石

アシリパが強く決意をしたその時、白石が白熊に襲われます。

白石が背負っている布袋にかじりつく白熊。

 

懸命に逃げる白石は、そのまま海の中へ落ちてしまいます。

こんなに接近されるまで気づかなかったと、杉元は銃を構えます。

 

海に落ちた白石ですが、なんとか水面から上半身を出します。

白石が無事なことに安心するアシリパですが、白石の鼻からクリオネが出ていることに

 

「お・・・おいシライシ!!鼻からクリオネ出てるぞ!!」

 

とツッコみます。

 

無駄にイケメン顔になっている白石ですが、鼻からはクリオネが。

 

そこ!?

もっと大事なことが一杯ある気がするけど、215話の最後は白石の鼻からクリオネが出たシーンで終わり!?

 

次号のゴールデンカムイは、収穫のため休載とのことです。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでゴールデンカムイの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにゴールデンカムイのアニメも全て「見放題」です!!

第1期

 

第2期

 

おそらく第3期も見放題になると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

電子書籍

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ゴールデンカムイ215話の感想

215話、尾形が動き出したり、アシリパが暗号を解く方法がわかったことを杉元が知ったり、そのアシリパが杉元と地獄へ落ちる覚悟を決めたり。

大事なことが一杯ありましたが、白石の鼻からクリオネが出るシーンで終了となります。

この落とし方は流石ですね。

そして、白石だからこそ、鼻からクリオネで落とせるとうのもありますね。

 

ゴールデンカムイ216話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】216話ネタバレ!北海道に戻ってきた杉元とアシリパ

(10/17更新予定)

スポンサーリンク