【約ネバ】143話ネタバレ!ソンジュ発見したけどやっぱり強い!




約束のネバーランド143話のネタバレになります。

前回、【謎の文字】に新たな約束をお願いしたエマ。

意外にもあっさりと了承した【謎の文字】ですが、その代償に何を求めるのか。

143話ではドンとギルダの邪血の鬼探しがメインとなります。

スポンサーリンク

【謎の文字】がエマに求めるもの

【謎の文字】に新たな約束を要望するエマ。

「食用児全員で人間の世界へ行きたい」

「それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」

 

【謎の文字】は答えます。

「その望み叶えてあげる」

「じゃあ、ぼくがほしい”ごほうび”は・・・」

「きみの・・・」

 

【謎の文字】はそう言うと指さします。

エマを指さしたのか、他の方角を指さしたのかは不明ですが、エマの顔が青ざめ「え」と声を発します。

 

【謎の文字】がエマに何かを求めたのは間違いないのですが、何を求めたのかは不明です。

スポンサーリンク

ハヤトの裏切り

ムジカとソンジュを探すドン達。

ドンとギルダがムジカとソンジュの痕跡を発見してから3日が経過しました。

足跡が新しかったことから、ソンジュ達がまだ近くにいると確信するギルダ。

思ってたより早く二人に辿り着けるとドンとギルダは考えます。

 

ノーマン達がアイシェの仇であることから、ハヤトにはアイシェのことは話していないドンとギルダ。

アイシェもあれから一言も人の言葉を発していません。

 

ハヤトは新たな足跡を発見しますが、「違う・・・」とドンは言います。

3日前の足跡以来、ピタッと消えていることに、それだけソンジュとムジカが身を隠すのが巧いってことだとドンは言います。

方角はこちらで間違いない、ノーマンの地図でも・・・とドンが言いかけた時、アイシェの犬が吠えます。

 

消された足跡を発見したドンとギルダ。

形、大きさ、歩幅から、この足跡がムジカのものと確信するドン。

この足跡が今朝か昨日の夜についたものだとギルダは言い、アイシェも匂いがまだ残っていると感じます。

 

足跡が続いている方へ行こうとギルダは言い、ドンも嬉しそうな表情を見せますが・・・

 

約束のネバーランド143話

 

背後には、かつて無いほど悪い顔をするハヤト。

 

ハヤトはヴィンセントから言われたことを思い出します。

ヴィンセントから簡単な発信器を渡されるハヤト。

ヴィンセントはハヤトに言います。

「邪血を見つけたら、君がすべきことはまずジン達と連絡をとることだ」

「その場を離れるわけにはいかない、ドンやギルダ、アイシェに怪しまれる」

「何か印を上げるのもダメだ、邪血に気づかれ逃げられるわけにもいかないからな」

 

ヴィンセントは発信器のボタンを押すだけでいいと伝えます。

それでジンにハヤトの現在地がわかると。

 

ソンジュとムジカに迫っているハヤト。

周りの誰にも知られず、悟られずに発信器のボタンを一定間隔で押し、ジンに自分の居場所を伝えます。

ハヤトの発信器を頼りに、静かに回り込むジンとラムダの子供たち。

このままソンジュとムジカを包囲するのが狙いです。

 

ハヤトの心の声

(大丈夫・・・ドンさんにもギルダさんにも、アイシェにも、その犬達にも気づかれていない)

(ごめんなさい、ドンさん、ギルダさん、騙すような真似をして)

(でもこれが食用児のため、食用児全員の未来のため)

(ボスの命令、邪血は殺さなければならないのです!!)

スポンサーリンク

ソンジュ発見!やっぱり強い!

ソンジュとギルダが久しぶりに登場します。

ソンジュに「あなたも少し休んだら?」とムジカは言います。

 

ソンジュは答えます。

「いや俺はいい」

「それよりそろそろ・・・」

 

その時、ソンジュが何かに気づきます。

「そこの木の裏、何者だ」

「いるのはわかっている、大人しく出て来い」

 

ソンジュがそう言うと、出てきたのはドンとギルダ。

二人はムジカに抱きつきます。

 

ムジカ

「会いたかった・・・会いたかったぁ・・・!!」

 

ムジカは二人に「大きなったわね」と言いながら、「どうしたの?」と聞きます。

ギルダが「あのね・・・」と話し始めた時、ハヤトはジン言葉を思い出し素早く発信器を三度押します。

 

ジン

(三度だ、その目に姿を捉えたら、続けてボタンを三度押せ)

 

アイシェは何者かが走ってくるのに気づき、鬼の言葉で何かを叫びます。

アイシェの言葉に反応するソンジュとムジカですが、既に周りはジンとラムダの子供たちに包囲されています。

 

アイシェの首元にナイフをあてるハヤト。

ジンは言います。

「すみません、ドンさん、ギルダさん」

「邪血の鬼は俺達が始末します」

 

しかし、ジンの背後にはソンジュの姿が

約束のネバーランド143話

 

ジンの心の声

(何だこいつ、いつの間に・・・)

 

ソンジュはジンの首元に槍の先を近づけて言います。

「始末する?誰が?誰を?」

 

ニヤリと笑うソンジュ。

久しぶりに登場しましたが、やっぱり強いです。

 

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!?

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで約束のネバーランドの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに約束のネバーランドのアニメも配信あれていますが・・・残念ながら「見放題」ではなく、各話購入になってしまいます><

ただし、今後「見放題」になる可能性があるのと、ヒロアカやブラクロ、ワンピース(一部有料)など他のジャンプ作品は見放題となります。

 

アニメは現在、見放題ではありませんが、最新刊は無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

約ネバ143話の感想

遂にソンジュとムジカを発見しました。

見事に裏切ったハヤトでしたが、ソンジュがその強さを垣間見せます。

前々から只者ではないオーラを出していましたが、やはり只者ではなかったですね。

 

気になったのはヴィンセントがハヤトに発信器を渡したシーン。

ハヤトがその場を離れたら、ドンとギルダだけではなく、「アイシェ」にも怪しまれると話していました。

これは最初からアイシェを信じていなかったのか、単純に急にその場からいなくなったら不自然という意味なのか、気になりますね。

 

そして【謎の文字】がエマに何を求めたのか。

エマの表情を見るに、ただごとではなさそうな印象ですが・・・こちらも気になるところです。

 

約ネバ144話のネタバレはコチラになります。

>【約ネバ】144話ネタバレ!エマとムジカも王都を目指す

スポンサーリンク