【ワンピース】956話ネタバレ!サボ死亡!?七武海制度の撤廃(解散)

ワンピース956話のネタバレになります。

前回、いよいよ鬼ヶ島へ討ち入りというところで、ワノ国第二幕が終了となりました。

956話から第三幕かと思いきや、久しぶりにワノ国以外の話となりましたが、怒涛の展開に驚きです。

サボ死亡!?七武海の撤廃(解散)!?

カイドウとビッグマムの同盟に驚いたのがつい最近でしたが、今回も驚きの連続です。

世界会議(レヴェリー)解散後

魚人島「リュウグウ王国」

ネプチューン達を無事に送り届けたガープ。

ネプチューンからは、ゆっくり休んで行くよう言われますが、事態が事態のためそうもいかないと言います。

世界会議(レヴェリー)はいつも大事件を呼ぶが、そもそも50もの国々が集まって、今後も仲良くとはならないとガープ。

 

国の内部も問題だらけだが、強国同士は静かににらみ合い、子分同士を喧嘩させる。

「資源」や「技術」は脅しの道具、国の貧富、宗教の違いは国王同士の横並びを許さない。

国民のため、他国のための発言ができる王が何人いることか、”円卓”が泣いていると嘆くガープ。

 

ネプチューンも、王達の会話は一触即発だったと振り返ります。

自分達もそうだが、国の歴史が関われば根は深いと。

 

ガープは言います。

血さえ流れなければ、コレを平和と呼ぶが、今回のはマズイ。

 

ガープはネプチューン達に知らせていない事件があると言います。

世界会議解散後、自分達の出航直後に事件は起こり船内で報告を受けたガープ。

アラバスタ王国に関する事件で、海軍は全力で事件解決に努めるが、どうか地上を、人間達を恐れないでくれとガープは言います。

 

世界会議解散から一週間後、今回も世界会議は荒れたまま各国の代表達は帰路につきました。

少し時間はさかのぼり、世界経済新聞社では、事件につぐ事件に大慌て。

 

一面のニュースは何にするか社長に聞く社員。

世界経済新聞社社長のモルガンズは、”両A面”で行くぞと指示を出します。

 

一人の社員が世界政府からの速達をモルガンズに渡します。

小切手の額に喜ぶモルガンズ。

どの件の情報操作の命令か確認するモルガンズですが、こいつは突き返せと笑います。

この件を闇に葬ることはできないと。

 

速達を渡した社員は、顔の変装を剥がし銃をモルガンズへ向けます。

変装していたのはサイファーポールでしたが、返り討ちにするモルガンズ。

 

モルガンズは社員たちに急いで本社を引っ越しするぞと命令しますが、その時、ワポルからリーク情報があるとの連絡が入り、さらに慌ただしくなる世界経済新聞社。

サボ死亡!?

政府がもみ消しに失敗した事件を含め、王達の決議とそこで起きた事件は、またたく間に世界に知れ渡り人々を驚愕させました。

 

カマバッカ王国、革命軍総本部では大声を上げて驚くイワンコフ。

そんなわけない!ウソでしょサボー!!と、サボの名前を出し、世界経済新聞社の大ウソツキ鳥社長め!と怒ります。

サボに限ってあり得ない、絶対信じないと声を荒げるイワンコフ。

あのドラゴンも慌てた表情を見せ、まずは事実確認だと言います。

 

新聞を握りしめ、目に涙を浮かべるコアラ。

「サボ君、ウソだよね」とつぶやきます。

 

ゴア王国、国王護衛船では、国王ステリー(サボの義弟)が新聞を見ながら、兄様はマリージョアにいたのかと、驚きます。

 

ゴア王国、フーシャ村のマキノ。

お店を閉めて「サボ君が・・・」と言いながら悲しみます。

 

ゴア王国、コルボ山。

ルフィ達の育ての親でもある山賊のダダンは、新聞を見ながら大泣きします。

「生きてるって知ったばかりなのに!サボ〜〜〜!!ウソだと言ってくれ〜〜!」と。

 

海底監獄インペルダウン。

囚人のドフラミンゴは新聞を手に大笑いします。

退屈しないなこの世界は、面白くなってきたと。

 

海賊島、ハチノス。

黒ひげティーチは、仲間達に急いで船を出すよう命令します。

海軍に取られるぐらいなら自分が貰ってしまうと。

 

とある海で連絡を受ける船上のコビー。

コビーは連絡をしてきた”男”に現状を伝え、世界中の海兵が動いても処理しきれないと愚痴をこぼします。

コビーと連絡をとっている”男”も、コビーの報告に驚きます。

そのため、そちらに関しては当初の予定通り海軍は動かないはずだとコビーは言います。

 

コビーと連絡をとっている”男”はワノ国「えびす町」の外れにおり、ワノ国は世界政府に加盟していないからそれでいいと思うと言います。

ビッグマムが鬼ヶ島に到着した件に関して、海軍は海賊同士の潰し合いを期待しているとコビーは言いますが、そのビッグマムはカイドウと手を組んだと報告する”男”

これにはコビーが驚きます。

 

コビーと連絡をとっている”男”は、海賊のドレーク。

ドレークは、海軍本部、機密特殊部隊「SWORD(ソード)」の隊長で、コビーも隊員であることが判明しました。

 

さらにドレークはもう一つイヤな話があると言い、先日、都でCP0(サイファーポールゼロ)を見たと伝えます。

考えたくはないが、政府がこの海賊の支配するワノ国と”取り引き”をしてることになり、数分思考が止まったとドレーク。

 

ドレークはコビーがどこにいるのか聞き、海賊女帝ハンコックの拿捕(だほ)のため「女ヶ島」へ向かっているとコビーは答えます。

七武海制度の撤廃(解散)

世界各国で喜びの声を上げる民衆。

海賊と手を組むこと自体が悪、なくなるべきだった。

 

民衆だけではなく海賊も喜んでいます。

やっと消えるのか、政府の犬ども。

何が海賊女帝、鷹の目、ピエロ。

 

今回、世界中の人々を最も驚かせたニュースの一つ、それは、王下七武海制度の撤廃(解散)です。

 

喜ぶ声とともに、世界の三大勢力の一つだったのに大丈夫か?との不安の声も。

 

世界会議で、七武海に実害を受けた二国(アラバスタ、ドレスローザ)の王の議案は、白熱の協議の末に大多数の賛同を得て可決されました。

これにより、七武海は自動的にその全ての権利を剥奪され、世界政府との一切の関わりを断絶されました。

 

海軍に包囲された”元”七武海のバギー。

仲間達に「戦うぞ」と言い、男らしい姿を見せますが、心のなかでは、どさくさ紛れて逃げようと考えています。

 

クライガナ島、シャケアール王国跡地。

海軍はミホークに降伏するよう言いますが、久しぶりに追われる立場に戻り武者震いがするとミホーク。

 

新世界とある島。

海軍に取り囲まれた”自称”白ひげJrのエドワード・ウィーブル。

母親から海軍は味方ではなくなったと聞き、みんなぶっころすと息巻きます。

 

女ヶ島アマゾンリリー。

七武海の権力が剥奪されたと慌てるニョン婆。

沖には既に海軍の船が。

 

慌てる皆を落ち着かせるハンコック。

自分達が七武海になったのは、強さゆえだということを海軍は忘れているようだと、余裕の表情で言います。

ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでワンピースの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ワンピース956話の感想

久しぶりのワノ国以外の話でしたが、怒涛の展開でしたね。

ワノ国編も展開が早くて好きでしたが、956話の内容は濃すぎて一話でお腹一杯というか、消化しきれません。

サボは本当に死んだのか?情報操作なのか?

そして七武海制度の撤廃(解散)により、お尋ね者となった七武海。

コビーが人手不足と嘆いていましたが、その気持わかります。

 

ワンピース957話のネタバレはコチラになります。

【ワンピース】957話ネタバレ!ロジャー、白ひげ、四皇の懸賞金が判明!