【約束のネバーランド】124話ネタバレ!シスロとバーバラとヴィンセント




約束のネバーランド124話のネタバレになります。

エマが食用児だけではなく、鬼も殺したくないと考えていることが判明し、ノーマンに相談するためレイと二人でノーマンの部屋を訪れました。

ノーマンは外出中で、部屋にいたのはシスロ、バーバラ、ヴィンセントの三人。

昔のノーマンを知っているエマとレイ、今のノーマンを知っているシスロ、バーバラ、ヴィンセント。

新旧相まみえて何が語られる!?

スポンサーリンク

シスロとバーバラとヴィンセントも脱走者

ノーマンの腹心というか、一緒に行動を共にしているメンバーの名前が判明しました。

既にヴィンセントとザジの名前は判明していましたが、124話で全員の名前が判明します。

 

男の方はシスロ、女の方はバーバラ。

約束のネバーランド124話

 

二人共”圧”が凄いですw

 

シスロの口から三人が脱走者であることが語られます。

さらにシスロは、同じ脱走者でも自分達は農園を潰しているので自分達のほうが凄いと言います。

 

シスロとバーバラは子供じみた対抗心で張り合っているため、適当に肯定してくれとヴィンセントが言うと

 

「いやースゲーっす、パネーっす、俺達にゃできねーっす、さすがっす!」

 

と、感情無く肯定するレイ。

こんなのでいいのかと思ったら、得意げになるシスロとバーバラ。

こんなので良かったようですw

 

バーバラの胸元にラムダのマークがあることから、この三人もザジやアダムと同じイレギュラーかと考えるレイ。

さらにボスであるノーマンの部屋でボスの不在にこの態度であることから、ハヤトやジンのような一兵卒ではなくもっと上のポジションだと。

 

シスロとバーバラは再びエマとレイに圧をかけます。

そして、「あいつのことを聞かせてもらおう」言いますが、二人が聞きたがっているあいつとは

 

約束のネバーランド124話

 

まさかのツンデレ!?w

 

ノーマン大好きのシスロとバーバラ。

ヴィンセントはシスロとバーバラはノーマンが大好きだと説明します。

そして私もノーマンが大好きだと言います。

 

5人はノーマンの話で盛り上がります。

スポンサーリンク

ラムダ7214は地獄だった

ノーマンの昔話を聞いたヴィンセント達。

ヴィンセントはエマとレイに、話を聞かせてくれてありがとうとお礼を述べます。

 

エマは今のノーマンのことを聞きます。

 

仲間想いでいいヤツだとヴィンセント。

みんなノーマンに救われたとシスロは言います。

自分達の”力”の使いみちをノーマンが気づかせてくれたと。

 

自分達は試験農園ラムダ7214で出会った同志だとシスロは言います。

約束のネバーランド124話

 

元はシスロとバーバラはGR、ヴィンセントはGBの生まれ。

自分達3人はラムダのクソみたいな実験で”力”を得た。

毎日毎日地獄だった、地獄なんて言葉も生温いとシスロは言います。

 

たくさんの食用児が殺され、物よりも酷い扱いだった。

ノーマンが来なければ自分も生きていなかった、12歳の子供が神に見えたと言います。

 

ノーマンが策を立て、ザジを含めた同志4人が実行する。

今までに潰した農園は全部自分達5人で解放してきたとシスロは話します。

 

鬼達を皆殺しにするのが楽しみだとシスロは言い、鬼を一匹消すたびに胸の内がスカッとするとシスロ。

バーバラも鬼を殺して奴らの肉を食うとムカムカが消えると言います。

バーバラが持っている肉が鬼の肉だと知り驚くエマ。

 

自分達ばかり食べられることにムカつくとバーバラ。

鬼達の目、あの苦痛、あの毎日が今でも頭と体にこびりついていると話すバーバラ。

ラートリー家も鬼どもも一匹残らず同じ目にと言うバーバラですが、エマの顔に話すのをやめます。

約束のネバーランド124話

 

話を聞いても嬉しそうにしないエマに、まさか鬼に同情しているのかと聞くバーバラ。

ノーマンに話があると言っていたが、「計画の変更」ではないだろうなと怒り出すバーバラ。

 

鬼は退治すべき化物だろうと怒るバーバラですが、シスロの言葉に怒りを抑えます。

約束のネバーランド124話

スポンサーリンク

ノーマンが会いに行った鬼とは?

「どの道もう遅い」とヴィンセントはエマに言います。

万事支障はないと。

 

ノーマンは計画を早めて、今朝作戦を開始したと説明するヴィンセント。

ノーマンを追ったとしても間に合わないし、戻る頃には誰にも何も止められないと。

 

レイはノーマンがどこに行ったのかを聞き、ヴィンセントは駒の一つに会いに行っていると答えます。

 

ノーマンが会いに行った先、そこには鬼達がいます。

正式に同盟を結びに来たとノーマンは言います。

そして、共にこの世界を破壊しましょうと。

 

約束のネバーランド124話の感想

やはりエマの考えは受け入れられませんでした。

作戦を開始したノーマンですが、ノーマンが同盟を結びに行った先は鬼達でした。

人間風に言うと、ならず者達と言った感じの鬼達で、武闘派の印象があります。

鬼の世界にも派閥というか組織というか、そういったものがあるのでしょうかね。

ノーマンの計画が進む中、エマはどのような行動をとるのか気になりますね。

 

約束のネバーランド125話のネタバレはコチラになります。

>【約束のネバーランド】125話ネタバレ!鬼の世界には王家と現五摂家があった

スポンサーリンク