【ダンまち】シルの正体はフレイヤの娘?北欧神話から関係を考察




ダンまち本編で唯一の一般人として登場するシルですが、ときおり見せる顔が怖いです。

あの顔はとても一般人とは思えませんでした。そもそもシルが働く「豊饒の女主人」で一般人が務まるとは思えません。

謎が多いキャラクター「シル」でしたが、ダンまち外伝「エピソードリュー」5話でその正体が見えてきました。その正体とはフレイヤの娘説です。

今回はシルの正体がフレイヤの娘と思われる理由を、北欧神話のフレイヤから考察していきます。

スポンサーリンク

シルが怖い

いつもの笑顔でベルを励ますシル。可愛いですよね。

そんなシルですが、リリがベルの「ヘスティアナイフ」を盗んだ際に、すごく怖い顔でリリに釘を刺します。

正直引きましたw

 

シルが働いている「豊饒の女主人」にはリューをはじめ、過去がある人達が働いています。そもそも女将のミア母さんが元・冒険者でフレイヤ・ファミリアの団長だったほどの実績です。

シルは唯一の一般人と思っていたので、あの顔は正直ショックでしたね。1度疑いだすと全て疑って見えるもので、これまでのシルの行動を思い出すと不自然なところが見えてきます。

 

怪物祭(モンスターフィリア)

モンスターファミリアでベルがあの場所に行った理由を思い出して下さい。シルが財布を忘れたから届けてくれとアーニャとリューから頼まれたからです。

あそこでベルがシルに財布を渡しに行かなければ、あの場所にはいなかったということですよね。

 

魔道書(グリモア)

ベルが魔法を習得できたのは魔道書(グリモア)を読んだからです。この魔道書は「豊饒の女主人」に忘れていった客のもので、それをシルがベルに貸したことがきっかけです。

こんな大事なものを客が忘れていくのも違和感があるし、いくら魔道書と知らなかったとはいえ簡単に貸し出すものでしょうか。

 

モンスターフィリアと魔道書の件は、偶然起こったわけではないですよね。

どちらもフレイヤが人為的に行ったことで、モンスターファミリアの会場にベルを「確実」に連れてくる。魔道書をベルに「確実」に渡す。

このどちらにもシルが絡んでるんですよね。偶然とは思えません。フレイヤは元々怖いところがありましたが、だんだんシルのことも怖くなってきます。この怖さは親子ならではとも思えてきます。

 

北欧神話のフレイヤ

北欧神話のフレイヤは

女性の美徳と悪徳を全て内包した女神で非常に美しく、自由奔放な性格で欲望のまま行動し、性的にも奔放であった。

引用:ウィキペディア

とあります。

 

「美徳」と「悪徳」ってあたりがダンまちのフレイヤも同じですよね。

フレイヤはその美貌と性的にも奔放だったことから、人間にも多くの愛人がいました。その中で特に気に入ってたのが「オッタル」です。

そしてそのオッタルも原因の一つだと思いますが、そんなフレイヤに愛想を尽かした夫のオーズは長旅に出ます。

 

Sýr(スュール、シル)

行方不明の夫を探すためフレイヤは様々な異名を名乗りました。

Mardöll(マルドル、マルデル)、Hörn(ホルン、ホーン)、Gefn(ゲヴン、ゲフン)

そして

 

Sýr(スュール、シル)

 

出ました「シル」です!!

愛人のオッタルが登場してるので、異名のシルを娘として登場させてもおかしくないですよね。

 

豊饒の女主人

北欧神話のフレイヤは「豊饒の女神」とも呼ばれていました。

ダンまちで豊穣といえば「豊饒の女主人」ですよね。豊饒の女主人にはシルが働いています。さらに女将のミア母さんは元・フレイヤ・ファミリアの団長。偶然にしては出来過ぎですよねw

スポンサーリンク

外伝エピソードリューから考察

シルの正体がフレイヤの娘説に関して、ダンまち外伝「エピソードリュー」から考察していきます。

 

大賭博場の招聘状

本来なら国の要人しか手に入れることができない「大賭博場の招聘状」を、酒場の常連客に頼み譲り受けます。これにはリューも驚き、シルの人脈が「計り知れない」と漏らします。

シルの愛想の良さなら、お願いすれば譲ってもらえることも可能かもしれませんが、それにしても出来過ぎです。最初からどの常連客に頼めば良いか知っていた気がしますよね。

例えばフレイヤが母親なら簡単に情報を得られますよね。もしくは事前にフレイヤから根回ししてもらうとか。フレイヤの頼みを断る男性はいないでしょうから。

 

賭博(ゲーム)の強さ

エピソードリュー5話では、ルノア、アーニャ、クロエの三人の会話が登場し、これまでシルにポーカーで勝てたことがないと話します。

シルの強さはポーカーフェースとかブラフなんているレベルではないと。元々シルは妙に勘が良いところがあるが、賭博(ゲーム)での勝ち方はこちらの手の内を全て読まれているようだったと。

 

出ました「神様」発言!!

ますますシルの正体がフレイヤの娘説が濃厚になってきました。

 

人間観察

大賭博場でのポーカー勝負を圧勝するシルは、神様の中には人間の魂の色を見抜いてしまう女神がいると話します。その女神の瞳は魂の揺らぎを見て子供達の心まで暴くと。

もちろん自分は女神のような瞳は持っていないが、人間観察が好きだと話します。そして人間観察を続けているうちに、その人が今なにを思っているのかがなんとなくわかるようになったと。

 

こわ!シルこわ!!

 

さらにリューは自分が悩んでいた時、何も言わなくてもシルが側にいてくれたことを思い出します。

なるほど、確かにこれまでのシルの行動が納得できます。いつも気の利いたタイミングでベルの前に現れたりしてましたもんね。

 

魂の色

色といえばフレイヤのセリフを思い出します。

怪物祭(モンスターフィリア)の前にフレイヤとロキの会話の中で、ロキが次に狙っている男はどんな奴か尋ねます。その時フレイヤはベルのことを「今まで見たことのない色」と説明しています。

 

つまりシルが話していた「神様の中には人間の魂の色を見抜いてしまう女神」とはフレイヤのことで、人間である自分はそんな瞳は持っていないが、人間観察を続けることで同等の能力が身についた。

シルの正体がフレイヤの娘だったら、母親の影響でシルが人間観察を好きになったと考えられますよね。

 

まとめ

シルとフレイヤって髪の色もなんとなく似てますよね。

出典:animetable.jp

 

そして一番似ていると思ったのは、頼まれると断れないところです。フレイヤの場合は頼むというよりその魅力でいいなりにしてますが・・・。なんにせよ二人とも自分の「我」を通すのが上手ですよね。さらに大賭博場でのシルの笑い方。

 

完全にフレイヤの笑い方です。以上のことからシルの正体はフレイヤの娘で確定でしょ!!

 

ダンまちはアニメもおすすめ

テレビアニメで「ダンまち」と「ソードオラトリア」が放送されていたのはご存知かと思いますが、残念ながら既に放送は終了してしまいました。

漫画のダンまちやソードオラトリアは更新速度がすごく遅いのですが、アニメは既に完結しているので、先が知りたい方にはオススメです^^

最近、ダンまちのことを知った方でアニメを見逃した方、またはもう1度アニメを視聴したい方に、私が実際に全話無料で視聴した方法と、おまけで漫画を1冊無料で購入した方法をご紹介します。

スポンサーリンク