【キングダム】642話ネタバレ!李信(信)・蒙恬(もうてん)・王賁(おうほん)が将軍に!

【キングダム】642話ネタバレ

キングダム642話のネタバレになります。

政と再会した信。

政は信に、将軍になるのに”ただの信”では問題があると言い、姓を与えると言います。

急に言われた信は全く思い浮かばず、政は、漂(ひょう)の時もこの問題で軽く悩んだことを伝えます。

 

最終的に漂は、政がいつも食べている”李(すもも)”から「李漂(りひょう)」と名乗りました。

それを聞いた信は、「李信(りしん)」に改名します。

 

前回のキングダム641話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】641話ネタバレ!信が改名!モデルはやはり李信だった

蒙毅(もうき)と再会する河了貂

鄴(ぎょう)攻略から五ヶ月。

秦(しん)国は新領土となった列尾(れつび) ー 遼陽(りょうよう) ー 鄴(ぎょう)の三角地帯を盤石のものにすべく、各地より続々と国民を送り込みます。

 

提示された破格の好条件に、自ら動く者から、強制的に村ごと移される者達もおり、その規模は”山陽東郡(さんようとうぐん)化”の時の比ではありませんでした。

 

国民を守る軍隊も途切れること無く派遣され、秦人(しんぴと)にとっては、正に列尾を越えた未踏の地への”大移住計画”です。

 

咸陽(かんよう)で久しぶりに再会する蒙毅(もうき)と河了貂(かりょうてん)

朱海平原の報告のため昌平君(しょうへいくん)に呼ばれた河了貂は、少し話せたらと思い早く来たと言います。

 

河了貂は蒙毅(もうき)に、蒙恬(もうてん)と蒙毅(もうき)の兄弟を親代わりに育ててくれた、楽華隊(がくらたい)副長の胡漸(こぜん)の戦死を伝え、龐煖(ほうけん)にやられたと兄から聞いたと蒙毅は言います。

 

蒙毅(もうき)は、蒙恬(もうてん)が自分の手で龐煖を討ちたかったが、難しく、信が代わりに仇を討ってくれたことに感謝してると言っていたことを伝えます。

しかし、死んだのは胡漸(こぜん)だけではなく、他にも、飛信隊も大勢の犠牲が出たと蒙毅は言い、大切な仲間を大勢失ったと河了貂は言います。

 

だからこそ、立ち止まらず前に進まないと!と言う河了貂に、蒙毅も、その通り!と答えます。

李牧が欠けている今が攻めどき

蒙毅(もうき)は河了貂に、列尾(れつび)の向こうが今どうなっているのかを教えると言い、地図を広げます。

新領土を加えた秦国の新しい地図を見た河了貂は、魏(ぎ)に山陽(さんよう)近くまで取られていることに焦ります。

 

騰(とう)将軍が列尾貫通に現場を離れた隙に、魏・呉鳳明(ごほうめい)に攻め込まれたが、騰(とう)将軍が現場に急行したため魏の侵略は山陽でとまっていると説明する蒙毅。

説明を聞いた河了貂は、仕方がないと言います。

それ以上に、鄴(ぎょう) ー 遼陽(りょうよう)の線までの地を得られたのは大きいと。

 

蒙毅(もうき)も河了貂と同意見で、今は本土からの移住を進め、新領土を秦の人間で埋めることを最優先にしていると言います。

 

河了貂は、列尾より先はまだ不安定で、そんなに急いで人を送って大丈夫か聞きます。

蒙毅は、不安定な中で一刻も早く生活を定着させるため、山陽(さんよう)の経験がある李斯(りし)が派遣され、効果的に秦国化が進んでると答えます。

 

新領土ができたということは、新しい国境の前線が生まれたということであり、当然、土地勘は向こうがあるため、弱いところからいくらでも攻めてくると心配する河了貂。

蒙毅は、そのために王翦(おうせん)、桓騎(かんき)、楊端和(ようたんわ)が、前線で趙(ちょう)軍の逆襲に対抗していると言います。

 

戦況を聞く河了貂に、悪くないと答える蒙毅。

理由は、李牧がまだ邯鄲(かんたん)の地下牢に閉じ込められたままだからだと言います。

 

蒙毅(もうき)は河了貂に、この状況をどう思う?と聞きます。

急な大移住が不安と言っておきながら、軍隊の軍師としての考えは全く別、李牧が欠けてゴタついている趙には、今こそ攻めどきだと河了貂は答えます。

 

蒙毅は、自分も昌平君(しょうへいくん)も同意見だと答えます。

 

ついに王都邯鄲(かんたん)を標的にと息巻く河了貂ですが、蒙毅は、落ち着くよう言います。

まず手間のやることをひとつずつで、式典もその一つ、先延ばしになっていた「論功行賞(ろんこうこうしょう)」だと蒙毅は言います。

李信・蒙恬・王賁の三人が将軍に

王宮で待機する李信(信)

着がえを勧められますが、いつものままでいいと断る李信。

 

李信は、大勢の人が集まってる様子を見てますが、その時、「李信」と呼ぶ人物が。

李信を呼んだのは政で、「李信」という名前にまだ慣れないと信は言います。

 

政は李信の肩に手を添え、「いよいよだな」と伝え、その場をあとにします。

李信は空を見上げながら「ふー」と大きく息を吐きます。

 

「論功行賞(ろんこうこうしょう)」がはじまり、三将(王翦、桓騎、楊端和)がそろって前線を離れるわけにはいかず、総大将だった王翦(おうせん)だけが帰還し、第一功の特別大功を授かりました。

桓騎(かんき)と楊端和(ようたんわ)も特別大功を授かり、代理で戻った摩論(まろん)とバジオウが受け取ります。

 

そして、王賁(おうほん)、蒙恬(もうてん)、李信(りしん)の三人が呼ばれます。

 

外では飛信隊が、咸陽(かんよう)深部のギリギリ入れるところで待機しており、各中継役を経て、本殿の河了貂とつながっています。

 

まずは蒙恬(もうてん)

五千将ながら左翼二万の将となり、敗戦の危機を救い、あの趙将”紀彗(きすい)”率いる三万の敵と十五日間に渡り互角以上の戦いを繰り広げ、それを封じ込めた。

蒙恬率いる左翼の奮戦は、朱海平原勝利の立役者である。

よってこれを、第一特別功とする。

 

次は王賁(おうほん)

おなじく五千将にして右翼にて独立遊軍として縦横無尽の活躍。

そして右翼軍将”亜光(あこう)”が倒れてからはその筆頭となり右翼を牽引。

さらに趙将で最強とも評された暁雲(ぎょううん)を自ら討ち取った。

よってこれも第一の特別功とする。

 

最後は李信(りしん)

五千将にしてこれも王賁と同じ右翼にあり、王賁と正に両輪の活躍をした。

この者は黒洋(こくよう)でも曲者であった趙将”岳嬰(がくえい)”を討ち、暁雲と同格の将”趙峩龍(ちょうがりゅう)”をも仕留めた!

そして果には、あの王騎(おうき)・麃公(ひょうこう)を、古くは摎(きょう)をも討ったとされる、仇敵趙国三大天”龐煖(ほうけん)”を自らの手で成敗した!!

 

よって、この三人を、将軍に任命するものとする!!

 

ひときわ大きな歓声があがり、外の飛信隊にも伝わり、大泣きする飛信隊のメンバー。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム642話の感想

遂に李信(信)、蒙恬、王賁が将軍になりましたね。

あの信が将軍ですか!!

感慨深いですね。

 

漂(ひょう)と二人で語った夢への大きな一歩。

このまま一気に駆け上がるのでしょうか。

そして、秦は趙を落とし、そのまま中華統一へと突き進むのでしょうか。

 

今後の展開に期待ですね。

 

キングダム643話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】643話ネタバレ!

(6/11更新)