【キングダム】640話ネタバレ!秦が列尾も制圧し趙に王手!?

【キングダム】640話ネタバレ

キングダム640話のネタバレになります。

兵糧が届いたことで鄴(ぎょう)を完全に占拠した秦軍。

さらに秦国は、列尾(れつび)も制圧するため謄(とう)の軍が動き出します。

 

前回のキングダム639話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】639話ネタバレ!投獄された李牧は公開斬首の刑!?

李牧こそ趙の要

鄴(ぎょう)が陥落、その衝撃は瞬く間に中華全土に広まります。

楚(そ)国、郢(えい)の媧燐(かりん)は、表情こそ変えませんが、「マジかよ」と驚きます。

 

媧燐は、邯鄲(かんたん)の王都軍が出れば王翦(おうせん)軍などイチコロだったのに、趙(ちょう)王のバカは兵を出さなかったため鄴が陥落したと言いますが、それでも李牧相手に鄴を取った王翦を評価します。

 

李園(りえん)は媧燐に、これで秦の刃は邯鄲の喉元まで迫ることになり、下手をすれば強国・趙が倒れるかもしれない、そうなれば中華の勢力図は大きく変わると言いますが、あわてるなと媧燐は言います。

 

趙にとって本当の脅威になるのは、孤島の鄴が秦本土とつながってからで、鄴が対趙の最前線拠点になった時、その時が本当に趙が危うくなると媧燐。

しかし、そのことは邯鄲もわかっており、誰よりもあの李牧が一番理解していると媧燐は言います。

 

列尾(れつび)は扈輒(こちょう)将軍と舜水樹(しゅんすいじゅ)が3万の兵で守っており、対する秦軍は、謄(とう)が4万の兵を率いて攻めてきます。

扈輒は、謄だけの軍なら列尾は持つが、鄴からも攻められると挟み撃ちにあい、この軍だけでは持ちこたえられないと言います。

ただ、それは李牧殿ももちろん承知のため、すでに北部の軍を南下させているはずだと扈輒。

 

舜水樹は、邯鄲の王都軍が動けば話が早いのだがと言いますが、そもそも王都本軍が動くなら”こうは”なっていなかったと扈輒。

そして扈輒は、我らの王(趙王)はクソだと吐き捨て、李牧殿こそ趙の要、後方の憂いは李牧殿に任せ、自分達は前進のみと言い、軍を展開し謄を迎え討つと舜水樹に言います。

信と羌瘣の関係が深まった!?

羌瘣(きょうかい)の様子を見に来た信は、その場で眠ってしまい、羌瘣が龐煖(ほうけん)に斬られる夢を見ます。

羌瘣の名前を叫びながら起きる信、目には涙が。

 

先に目を覚ましていた羌瘣は信を見つめます。

信は、何か嫌な夢を見たが、どんな夢か忘れたと言い、羌瘣も同じ夢を見ていたと言います。

自分の気が少し信に入ってしまったようだと話す羌瘣。

 

信は尾平(びへい)から、自分を助けるため羌瘣が無茶をしたと聞き、何かしたのかと羌瘣に聞きます。

だから羌瘣はずっと寝てたんじゃないのか?いつもならとっくに・・・と言う信に、羌瘣は、「別に」と答えます。

 

信は、嘘だ!と言い、羌瘣の話を信じません。

羌瘣の肩を両手で掴み、何か隠しているだろ!?と問い詰める信。

その時、渕(えん)が慌てながら信を呼びに来ますが、羌瘣の両肩を掴む信を見て、「す、すみません」と勘違いして謝ります。

 

信は渕に何かあったのか?と聞き、亜光将軍が復活し、この五日間で回復した兵を集めて一軍にし、列尾へ討って出たと渕は報告します。

 

列尾軍と謄軍の先鋒隊がちょうどぶつかった時、扈輒(こちょう)と舜水樹(しゅんすいじゅ)に亜光軍が列尾に向かっているとの報告が入ります。

 

北部軍からの報告はないのかと聞く舜水樹ですが、馬南慈からの急報が入ります。

急報の内容は、李牧が大王(趙王)の手により捕らえられ、邯鄲(かんたん)にて投獄、王都軍は沈黙したままで、北部軍も一切が動かされていないというものでした。

 

さらに、李牧が邯鄲にて斬首になると兵士が伝えた時、怒りを抑えきれなくなった舜水樹は、兵士に斬りかかります。

床に倒れた兵士の頭の横をかすめながら、舜水樹の刃は地面に突き刺さります。

 

目を血走らせながら舜水樹は叫びます。

我らの王はどこまで愚かなのか!

 

扈輒は、列尾だけではなく、遼陽(りょうよう)も含め、全軍を邯鄲まで戻すと冷静に言います。

どの道、王都圏の南側は秦に奪われる、ならば軍の力はそのまま生かし、北半分になる王都圏に全てを入れて兵力を密集させる。

それがこれから秦を最も苦しめる手となると扈輒は言います。

 

さらに扈輒は、李牧殿を救わねば趙は終わると言い、舜水樹も、王を殺してでも李牧様を助けると決意します。

秦が列尾を制圧!

扈輒(こちょう)の号令の元、列尾に陣取っていた趙軍は全軍でその場を離れ、邯鄲(かんたん)の方向へと移動します。

これにより謄(とう)軍はほぼ戦わずして列尾城を取り、一帯を固め、趙王都圏の出入口を秦のものにしました。

 

列尾を謄軍が押さえると、そこから鄴(ぎょう)方面に進行を始め、鄴の王翦(おうせん)軍も呼応して列尾方向に軍を展開。

一気に「鄴 ー 列尾」の線が繋がり、さらに遼陽も軍を外に展開し、「鄴 ー 遼陽 ー 列尾」のトライアングルが繋がります。

 

トライアングルの中ではそこに住む住民達が取り残され、多くが難民となり遅れて邯鄲を目指しましたが、動けずその場にとどまった者達も多くいました。

しかし秦軍は王翦の命の下、彼らを傷つけることはしませんでした。

 

そして一月後、本陣から兵が補充されるため鄴攻略軍の一部が帰還を許され、三度目の組で飛信隊も鄴を出ます。

信は列尾の前あたりで遼陽から帰還中の壁(へき)達と出会い、朱海平原と遼陽方面に別れ、69日ぶりの再会となります。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

さらに!キングダム第3シーズンが2020年4月からの放送が決定しましたが、こちらもおそらく見放題と思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム640話の感想

今回も趙王の無能ぶりが描かれていました。

趙軍内からも「クソ」、「愚か」と罵られますが、当然といえば当然ですね。

 

李牧を投獄したことで、鄴だけではなく列尾も奪われ、さらに趙軍兵の怒りを買い、李牧が不憫すぎます。

怒る舜水樹は李牧を救えるのでしょうか。

舜水樹だけではなくカイネも怒り狂ってそうですが・・・。

 

列尾を制圧したことで飛信隊も帰還となりますが、道中、壁と69日ぶりの再会となります。

朱海平原の15日間の戦いが本当に長かったので、69日ぶり以上の再会と感じてしまいますね。

 

秦へ帰還する信ですが、秦本土では英雄の扱いを受けるのでは?

信の環境も変わりそうで楽しみですね。

 

キングダム641話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】641話ネタバレ!