【炎炎ノ消防隊】220話ネタバレ!紅丸の父親?祖父?新門火鉢(ひばち)登場

【炎炎ノ消防隊】220話ネタバレ

炎炎ノ消防隊220話のネタバレはコチラになります。

シンラの元を訪れたアイリスは、自身が第三世代になったこと、そして「自分がなにかの紛い物のような感覚」だと相談します。

その言葉にシンラは、一柱目の”天照(アマテラス)”のイメージを重ねます。

 

前回の炎炎ノ消防隊219話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】219話ネタバレ!アイリスは第三世代だった!

柱が八本そろうと何が起きるのか

浅草第8特殊消防隊・仮設秘密基地で話をするリヒトと火華(ひばな)

 

リヒトは、シンラには最初の柱が出現してから三ヶ月間の記憶がなく、その期間、シンラは本来とは別の人格になっていたと言います。

別の人格とはアドラに関係のある存在、人格が入れ替わった原因は柱の出現で、異界”アドラ”がこちらの世界と近くなったからとリヒト。

 

火華は、人体発火の原因はドッペルゲンガーと自身が同化することで、アドラには我々のドッペルゲンガーが存在しており、シンラはこの三ヶ月間、ドッペルゲンガーに支配されていたのかと言います。

そして、もう一人の自分がいる異界”アドラ”は、一体どういう世界なのだとリヒトに聞きます。

 

リヒトは火華に、なにか良い答えを下さいと言い、お前こそちゃんと考えているのか?この給料泥棒めと火華は言います。

 

その時、リヒトの髪の毛の中からスコップが顔を出し、中華半島の空間の裂け目あたりで動物が話せるようになったのもヒントになってるって言ってなかったか?と言います。

 

リヒトは、この三ヶ月間のシンラは、訓練校時代に噂されていた人格に似ていたとのアーサーの話を紹介します。

火華は、だとするとイメージとして出来上がったシンラということになると答え、その情報で何か推測できないだろうか?と言い、二人は、柱が八本そろった時、どうなるか・・・と考えます。

オウビに感謝するシンラ

オウビはシンラを隣に座らせ話をします。

少しは落ち着いたか?と聞くオウビ。

シンラは、自分に起きたことはわかったつもりだが、まだ現実感がないと答えます。

 

あれだけグレ倒してたのに覚えてないのはもったいないとオウビは言い、シンラの顔が引きつります。

シンラの引きつった顔を見たオウビは、いつものシンラだと笑います。

 

この三ヶ月間、とんでもない奴だったが、シンラだし嫌いにはなれなかったと言うオウビに、大隊長は優しすぎますとシンラは言います。

 

オウビはシンラに、その笑顔を見れて安心した、よく戻ってきたくれたな!また俺達とともに戦ってくれと言い、手を差し出します。

シンラは、「もちろんですよ」と答え、オウビと握手します。

 

自分のことを突き放さず、全てを受け入れてくれたオウビ。

親殺しのクズ野郎になっていたのに、見捨てず、ここまでしてくれる人は大隊長しかいないと実感するシンラは、オウビに頭を下げ感謝します。

またオウビ大隊長の下で働けて嬉しいです!とシンラ。

紅丸(べにまる)にも異変が!?

オウビはシンラに、柱が出現した三ヶ月間の世間の動きを話します。

 

この三ヶ月間に出現した柱の数は五本。

柱、並びに巨大”焔(ほむら)ビト”が出現した時は、第二特殊消防隊と灰島重工(はいじまじゅうこう)が出撃。

指揮は灰島の大黒(おおぐろ)が執って迎撃には成功している。

灰島は大黒指揮の元、黒野(くろの)が戦闘をこなし、灰島製のカタパルトで第二の本田大隊長を”射出”する攻撃が柱の破壊を避け、巨大”焔ビト”を鎮魂するのに活躍しているらしい。

 

シンラは大黒が何者なのか聞きます。

灰島で若手の出世頭として台頭している人物で、その包み隠さないクソ野郎ぶりが、逆に裏がないと国民から人気を得ているらしいと説明するオウビ。

 

シンラは、柱の出現とともに能力者の力が強くなっているとシスターから聞いたと伝え、オウビは、自分やシスターのような無能力者にはわからないが、マキや火縄(ひなわ)は能力の向上を自覚していると言います。

それを聞いたシンラは、シスターが自身が第三世代になったことをまだ話していないことに気づきます。

 

さらにオウビは、特に元々の能力が強い第三世代に影響が強く出ているらしいと言います。

 

オウビは、シンラが夢の中で過去の世界を見たように、新門(しんもん)大隊長【紅丸】も実体感のある夢を見ると話していたことを伝えます。

新門火鉢(しんもんひばち)登場

縁側で月を見ながら一人酒を飲んでいた紅丸(べにまる)ですが、座ったまま寝てしまい、お猪口(おちょこ)を落とします。

コンロは紅丸の肩に触れ、ちゃんと歯を磨いて寝ろと声をかけますが、眠ったままの紅丸。

 

紅丸は幼い頃の夢を見ています。

まだ幼い紅丸は、自分は太陽より月のほうが好きだとコンロに言います。

 

コンロは、それは”日輪(にちりん)”がうまくできない言い訳じゃないだろうな?と聞き、「違う」と答える紅丸。

そんなことを言ってると、また”頭(かしら)”に怒鳴られるぞとコンロは言いますが、「そんなんじゃねぇ」と紅丸は言います。

 

 

紅丸は、日輪よりもコンロが使う”紅月(あかつき)”の方が好きだと言います。

派手な花火みたいで浅草に合うと。

 

コンロは、月が輝けるのは限られており、お天道(おてんとう)さんの輝き次第ですぐ欠けてしまう、自分の力では輝けないと言います。

“紅月”は諸刃の剣で、信頼できるお天道さんがいないと撃てない、無責任な技だとコンロ。

 

さらにコンロは、紅丸は自分で輝けるのだから、ちゃんと頭(かしら)の言うことを聞いて”日輪”をものにしろよと言い、「わかってるよ」と答える紅丸。

 

その時、「オラ!クソガキ、始めんぞ」との声が。

声の主を睨む紅丸。

コンロは、「へい、頭(かしら)」と返事をして頭を下げます。

 

二人の前に現れたのは、浅草火消し棟梁「新門火鉢(しんもんひばち)」です。

短髪でM字ハゲのようなソリコミが入っており、両方のソリコミ部分には翼のような刺青があります。

いかにも”江戸っ子”といった印象で、頑固親父といった感じです。

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで炎炎ノ消防隊の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに炎炎ノ消防隊のアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

炎炎ノ消防隊220話の感想

ドッペルゲンガーに関してはまだまだ謎に包まれていますが、火華(ひばな)は、この三ヶ月間のシンラを見るに、イメージとして出来上がった姿と考えます。

そしてドッペルゲンガーが現れた理由は、異界”アドラ”がこちらの世界と近くなったからではと予想するリヒト。

 

やはりドッペルゲンガーはイメージが具現化したもののようですね。

 

今回の220話では、さらに過去の世界の話も出てきました。

シンラが夢の中で過去の世界を見たように、紅丸(べにまる)も実体感のある夢を見ると話していたとのこと。

 

紅丸の夢に登場した、新門火鉢(しんもんひばち)

浅草火消し棟梁とのことですが、紅丸の父親なのでしょうか?それとも祖父?

なかなかの頑固親父といった感じの火鉢ですが、火鉢が鍛えたことで紅丸が強くなったのでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊221話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】221話ネタバレ!

(6/3更新)