【キングダム】611話ネタバレ!秦軍右翼大将の信が勝利!




キングダム611話のネタバレになります。

前回、王賁(おうほん)が暁雲(ぎょううん)を討ち取りました。

これにより秦(しん)右翼と趙(ちょう)左翼の戦いに進展がみられます。

611話では秦右翼の大将、信(しん)が李牧(りぼく)の中央軍を目指します。

スポンサーリンク

右翼大将の信が勝利

王賁が暁雲を討ち取る。

玉鳳隊(ぎょくほうたい)へ急報が飛びます。

 

玉鳳隊兵士

「急報っ、ほっ賁様がっ・・・」

「み、見事に・・・賁様が見事に・・・自ら暁雲を討ち取ったぁ!!」

 

皆が驚く中、涙を流し喜ぶ副長番陽(ばんよう)

「ま・・・真に賁様が」

「あの体で暁雲を・・・討ったと・・・ふぐぅっ」

 

士気が上がる玉鳳隊

「我らが賁様が暁雲を討ち取ったぞぉ」

「このままたたみかけろぉ」

 

亜花錦(あかきん)にも急報が入ります。

「急報、若君が敵将暁雲を討ち取ったぞぉ」

 

亜花錦

「ギギ・・・」

「さすが若、そうこなくては」

 

暁雲の旗が下ろされ秦軍の旗が上がります。

「暁の旗を下ろせ、秦軍が勝ったことを伝えるんだ」

 

玉鳳隊の旗と一緒に飛信隊の旗も上がります。

「コラちょっと待て、何で飛信隊の旗を、討ち取ったのは王賁様だぞ」

「いっ、いいだろ別に」

「よくない、揚げるのは玉鳳の旗だ」

「・・・・・」

 

倒れている暁雲を見ながら信は言います。

「暁雲はおかしな敵だった」

 

渕(えん)

「え?」

 

「こんな戦いの中で俺達に”中華の話”なんかを」

「まるでこいつは・・・」

 

その時、河了貂(かりょうてん)が合流します。

 

河了貂

「信っ、よく暁雲を」

 

「フッ、俺じゃねーけどな」

 

信に駆け寄る河了貂ですが、馬の足が死体に当たりバランスを崩す河了貂。

信に抱きつくかたちになり謝る河了貂。

抱きつかれて傷を痛がる信。

 

信は河了貂に言います。

「とにかく、どうにか暁雲まで討ったぞテン」

 

河了貂

「うん、そのことを広めてるから今、趙左翼は総崩れになってきてるよ」

「馬南慈(ばなんじ)軍は後退の足を速めてるし」

「他はもう将を失って戦意喪失になってる」

 

兵士

「・・・と、言うことは」

 

河了貂

「うん」

「この戦場はオレ達秦右翼の勝利だ!!」

「長く苦戦したけど、最後は”右翼の将を信がつとめて”オレ達が勝ったんだよ、信」

キングダム611話

 

歓喜する飛信隊。

 

河了貂

「色々・・・犠牲が出てしまったけど、それはもう戻らないけど・・・」

「これで少しは報われる・・・」

 

「・・・ああ・・・そうだな」

「お前こそよくやったなテン・・・」

 

河了貂

「・・・ううん」

 

王賁

「何を騒いでいる、まだ俺達は本当の勝利をつかんでいないぞ」

 

河了貂

「そんなの分かってるよ」

「だから今すぐ動く気だ」

「飛信隊はもう前方で那貴(なき)を中心に隊編成を始めている、歩兵団はもちろん崇原(すうげん)がまとめている」

「新人達もここにきて動きが早くなり、騎馬隊本隊より先行して進みだしてるよ」

 

対応の早さに驚く玉鳳隊

(・・・もうそこまで動いて・・・)

(早い)

 

河了貂

「行く先はもちろん」

 

「李牧がいる中央軍だ!」

 

信は王賁に言います。

「王賁、お前は少し休んでから追っかけて来い」

「その前にケリつけとくけどな、カカ」

「行くぞ飛信隊!!」

スポンサーリンク

秦右翼が趙左翼を抜く

王翦(おうせん)中央軍 対 李牧(りぼく)中央軍

李牧

王翦

両将が対峙し、わずかであるが舌戦を交わしたところから両将は両陣営に下がり、その両軍の戦いは正に互角の展開を繰り広げていた。

 

繰り広げていた分、それは王翦に分がある。

それはもちろん、秦右翼が趙左翼を抜いて李牧に迫って来ているからである。

 

李牧

「田虎(でんこ)、馬南慈は?」

 

田虎

「ハ!左後方に下がり、すでに陣取っています」

 

兵士

「李牧様、馬南慈は遊軍とせず、左の防備に加えるべきでは」

 

李牧

「いえ、そのままで」

「馬南慈は作戦通りです、慌てる必要はありません」

「左には金毛(きんもう)がはってます」

 

先頭を行く那貴隊。

その那貴隊へ矢を放つ金毛。

 

進行方向に李牧中央軍を発見する那貴隊。

 

那貴隊兵士

「!!」

「あれっ李牧の本軍スよ那貴さん」

「もろ奴らの脇腹だっ、このまま一気に・・・」

 

那貴

「いや・・・」

「罠だ、一度右へ逃げるぞ」

 

金毛隊兵士

「!?」

「先陣の騎馬隊が中央軍とは違う方へ」

 

金毛

(伏兵を見抜きおったか)

 

命令を出す金毛

「だが袋の鼠だ、追えっ一騎残らず討ち取れっ」

 

那貴隊兵士は那貴に聞きます。

「いいんスか那貴さん、先陣の俺らが李牧軍と違う方向に走って」

 

那貴

「構わんさ、俺らは先陣ってより斥候(せっこう)だ」

「斥候は、敵がどこで待ち受けているのか知らせるのが役目だ」

「つまり、うちらの本隊にはもう、敵の奇襲は通用しないさ」

スポンサーリンク

糸凌(しりょう)vs カイネ!?

李牧本陣をとらえた飛信隊。

「!」

「あれが李牧本陣だ」

「ついに見えたぞっ」

 

河了貂

「左の斜面に敵がいる」

「先に森の敵を討ちに行け」

「その奥、左にも伏兵がいる、それが守備の本隊だ、抜けたところで本戦となるぞ」

 

飛信隊に気づいた金毛隊

「金毛様、敵がっ・・・」

 

金毛

「関係ない、奇襲などただの露払いだ」

「本隊は本隊を叩きつぶす」

「金毛軍よ見よ、あれが黒羊(こくよう)にて慶舎(けいしゃ)様を殺した飛信隊だ」

「あの無念、今こそ晴らす時ぞぉ」

 

飛信隊が右から攻め、正面からは王翦中央軍が攻め、李牧軍を挟撃します。

正面の戦いでは倉央(そうおう)の部下、糸凌(しりょう)が李牧に迫ります。

キングダム611話

 

趙軍兵士

「カイネ、敵のあの大女が李牧様の方にっ・・・」

 

カイネ

「何っ」

「・・・ついて来い、私が殺す」

 

次回、糸凌 vs カイネの展開となるのでしょうか。

スポンサーリンク

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

おそらく映画のキングダムも視聴できるようになると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム611話の感想

ついに飛信隊が趙左翼を突破しました。

ここまで長かったですね。

河了貂が言うように、犠牲も出しましたが見事に勝利しました。

なかでも、やはり古参の松左(しょうさ)の死は痛かったですね。

今思い出しても涙が・・・。

 

王翦軍と飛信隊による挟撃で、このまま一気に李牧を倒すのでしょうか。

そして、糸凌とカイネの女性対決も見ものです。

 

キングダム612話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】612話ネタバレ!李牧と龐煖の20年前の約束とは?

スポンサーリンク