【進撃の巨人】137話ネタバレ!”地鳴らし”が止まる!エレンとジークは死亡!?

【進撃の巨人】137話ネタバレ

進撃の巨人137話のネタバレはコチラになります。

アルミンを助け出すため、始祖の巨人と戦うミカサ達。

アルミン救出は成功するのか!?

 

前回の進撃の巨人136話のネタバレはコチラになります。

>【進撃の巨人】136話ネタバレ!アルミンがジークと「道」で再会

ユミルの目的とは?

始祖ユミルがいた場所、「道」でジークと会ったアルミン。

ジークはアルミンに語ります。

「今から遥か昔、まだこの世に物質しか存在しなかった頃、有象無象の「何か」が、生じては消えてをくり返し、やがてあるものが生き残った、それを生命と呼ぶ」

「結果的に生命が残った理由は、生命が「増える」という性質を持っていたからだ」

「増えるために生命は姿形を変えてゆき、あらゆる環境に適応し、今日の我々に至る」

「より多く、より広く、より豊かに、つまり、生きる目的とは「増える」ことだ」

「この砂も石ころも木も増えようとはしない、だが生命は今日も増えようと必死だ、何せ死や種の絶滅は増える目的に違反する、そのために恐怖という罰則があり・・・あの子もその苦しみから逃れようと必死だった」

「より強く、より巨大な、不死身の体を生みだし、そして死さえ存在しない世界へと彼女は逃れた・・・」

 

アルミンは聞きます。

「それが始祖ユミル・・・ここが死の存在しない世界・・・」

「だとしたら、ユミルの目的は一体・・・何ですか?」

 

ジークは答えます。

「俺もここで気の遠くなる時間をかけて彼女を理解しようとしたよ」

「これだけの力を持っていながら、フリッツ王に逆らうことができなかった・・・それがなぜなのか・・・」

「二千年もの間・・・ここに留まりフリッツ王に従い続けた理由」

「何かの・・・未練を残していたことは確かだが・・・」

「それがエレンには理解できて、俺にはできなかった・・・だからユミルは・・・エレンについた・・・」

 

アルミンは聞きます。

「教えて下さい!ここから・・・何か外の世界に戻る方法はありませんか!?」

 

ジークは答えます。

「さぁねぇ・・・もう無理だと思うけど・・・」

 

「僕は何も諦めていません」と言うアルミンに、「どうして・・・」と聞くジーク。

ジークは言います。

「まだ増えるためか?種を存続させることが君にとってそんなに大事なことなのか?」

「今起きていることは・・・恐怖に支配された生命の惨状と言える、まったく無意味な生命活動がもたらした恐怖のな・・・」

 

アルミンは叫びます。

「仲間が・・・戦っているんです!今ならまだ多くの人々を恐怖から救えるから・・・!恐怖と戦っているんです!」

 

ジークは聞きます。

「なぜ負けちゃだめなんだ・・・?生きているということは・・・いずれ死ぬということだろ?」

「案外・・・事切れる前は、ほっとするのかもな・・・」

「何の意味があるのかもわからず・・・ただ増えるためだけに・・・踊らされる日々を終えて・・・これで自由になったって・・・」

 

アルミンは砂の上の落葉を拾います。

子供の頃を思い出しながら話を始めるアルミン。

「あれは夕暮れ時、丘にある木に向かって三人で・・・かけっこした」

「言い出しっぺのエレンがいきなりかけだして・・・ミカサはあえてエレンの後ろを走った・・・やっぱり僕はドベで・・・」

「でも・・・その日は風が温くて、ただ走ってるだけで気持ちよかった・・・枯葉がたくさん舞った、その時・・・僕はなぜか思った・・・」

「僕はここで三人で、かけっこするために生まれてきたんじゃないかって・・・」

「雨の日、家の中で本を読んでる時も、リスが僕のあげた木の実を食べた時も、みんなで市場を歩いた時も・・・そう思った」

「このなんでもない一瞬が・・・すごく大切な気がして・・・」

 

落葉を持つアルミンに、ジークは聞きます。

「・・・それは」

 

アルミンは答えます。

「これは・・・砂に埋まってました・・・」

 

驚いた表情でジークは言います。

「なぜそれが・・・」

 

次の瞬間、アルミンが持っていた落葉は野球ボールに変わり、アルミンは言います。

「さあ・・・でも・・・僕にとってこれは・・・増えるために必要でも何でもないけど・・・すごく大切なものなんですよ」

 

ジークはクサヴァーとのキャッチボールを思い出しながら言います。

「ああ・・・そうだ、ただ投げて、取って・・・また投げる、ただそれをくり返す」

 

アルミンから野球ボールを受け取り、ジークは言います。

「何の意味も無い・・・でも・・・確かに・・・」

「俺は・・・ずっとキャッチボールしてるだけでよかったよ」

 

ジークの後ろには、ジークの父親、クサヴァー、マルセルやポルコなど、これまで死んでいった者達が現れます。

アルミンとジークが復活

左手首を切断し、人間の姿に戻るピーク。

巨人がピークを襲いますが、ジャンが立体機動装置でピークを助けます。

 

ピークは、「腕が治ればまだ戦える・・・」と言いますが、「限界だ!」とジャン。

ジャンは、「ライナーのもとまで後退を」と言い、ライナーのもとへ向かいますが、そのライナーは背中に無数の槍を刺され、地面にうつ伏せに倒れています。

 

ライナー、ジャン、ピークに襲いかかる巨人達。

 

アニも巨人のタックルを受け倒れます。

倒れたアニに巨人達が襲いかかりますが、上半身だけで宙吊りになっている超大型の巨人・ベルトルトが、巨人達を手で薙ぎ払います。

 

ライナー達に襲いかかった巨人も、顎の巨人のマルセル、ポルコ、さらにはユミルが他の巨人達に噛みつきます。

 

驚くコニー。

「助けてくれたのか!?ベルトルトが!?」

 

ミカサは、「・・・わからない・・・でも・・・この機は逃さない!」と言い、アルミンを食べた巨人・オカピへ向かって行きます。

 

逃げるオカピですが、鳥になったファルコの背中から放たれた、対巨人用ライフルの弾丸を目に受け、落下します。

落下するオカピの口元を切断するミカサ。

 

オカピの口からアルミンが出てきますが、諦めないオカピは、舌を伸ばしてアルミンの右太ももに突き刺します。

アルミンは雷槍で反撃し、オカピを倒しますが、オカピの舌が刺さったままで、そのまま地上へと落下します。

 

コニーがオカピの舌を切断し、落下するアルミンを受け取ったのは女型の巨人のアニ。

アニのもとに巨人達が集まってきますが、別の巨人がアニを守ります。

 

ファルコの背中からガビが言います。

「どういうこと!?巨人が助けてくれてるの!?」

 

隣りにいるリヴァイは言います。

「そのようだ」

 

その時、皆が戦っているエレンの背中の上に、上半身だけのジークが手を振り言います。

「オーイ!ここだー!」

「俺に会いたかっただろ!?リヴァイ!?俺は会いたくなかったけどな!」

 

アルミンはアニ、ミカサ、コニーに説明します。

「ジークさんのおかげだよ・・・生も死も無い「道」の世界で、眠ってたみんなを呼び覚ました」

「すべてのエルディア人は道で繋がってる、それはおそらく・・・始祖ユミルが繋がりを求めているからだ、僕らに何かを求めて・・・」

 

「道」でジークはクサヴァーに言っていました。

「クサヴァーさん、俺達の望みは叶わなかったよ・・・安楽死計画は間違っていなかったと今でも思う・・・でも、あなたとキャッチボールするためなら、また・・・生まれてもいいかもなって・・・」

 

ジークは父親にも話しかけます。

「だから・・・一応感謝しとくよ、父さん・・・」

 

ベルトルトに話しかけるアルミン。

「僕は君からすべてを奪った、命も・・・力も・・・大切な記憶も」

「だからわかるんだ、ここでじっとしてられない」

 

ジークとアルミンは言います。

「力を貸してくれ」

”地鳴らし”が止まる!エレンとジークは死亡!?

上半身だけのジークは、空を見ながら言います。

「いい天気じゃないか・・・もっと早くそう思ってたら・・・」

「まぁ・・・いっぱい殺しといて、そんなの虫がよすぎるよな・・・」

 

リヴァイがジークの首を切断し、ジークの頭が落下します。

 

”地鳴らし”が止まり、ジャンはエレンの頭へと向かいます。

頭に到着したジャンは起爆スイッチを持ち、「この・・・死に急ぎクソバカ野郎があああああ!」と叫び、スイッチを押します。

 

爆弾が爆発し、エレンの頭部が落下します。

同時に、本体側の骨から”光るムカデ”のようなものが飛び出し、エレンの頭と繋がろうとしますが、鎧の巨人・ライナーがムカデのようなものを捕まえ、地面に押さえつけます。

 

コニーはファルコの背中から叫びます。

「ジャン!ピーク!急いで離れるぞ!アルミンがこの骨ごと吹き飛ばす!」

 

ジャンは、「待ってくれ!ライナーが!」と言いますが、ピークは言います。

「鎧の巨人ならきっと超大型の爆発に耐えられる」

「何より、この機を逃すことは、ライナーの覚悟をふいにするも同じ」

 

ジャンとピークを背中に乗せ、ファルコはこの場から離れます。

 

一人残ったアルミンは皆に感謝します。

「ありがとう、みんなの力が無ければ・・・”地鳴らし”は止められなかった・・・」

「さよなら・・・エレン」

 

超大型巨人になるアルミン。

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで進撃の巨人の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに進撃の巨人のアニメと映画も全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

【進撃の巨人】137話の感想

アルミンとジークが「道」から戻ってきました。

ジークはリヴァイに瞬殺されましたが・・・。

 

久し振りにベルトルト、マルセル、ポルコ、そしてユミルを見ることができました。

かつての戦友が仲間を守る姿に感動です。

 

超大型巨人の爆発でエレンを吹き飛ばそうとするアルミン。

これでエレンは死亡!?

それとも、”光るムカデ”のような始祖の巨人の本体?だけが死亡したのか。

 

残り2話となりましたが、早く続きが読みたい気持ち半分、もう2話で終わってしまうという寂しさ半分の複雑な心境です。

 

進撃の巨人138話のネタバレはコチラになります。

>【進撃の巨人】138話ネタバレ!