【進撃の巨人】138話ネタバレ!ミカサがエレンを殺す!?ジャンとコニーも死亡!?

【進撃の巨人】138話ネタバレ

進撃の巨人138話のネタバレになります。

超大型巨人の爆発でエレンを吹き飛ばそうとするアルミン。

これでエレンは死亡!?

それとも、”光るムカデ”のような始祖の巨人の本体?だけが死亡したのか!?

 

前回の進撃の巨人137話のネタバレはコチラになります。

>【進撃の巨人】137話ネタバレ!”地鳴らし”が止まる!エレンとジークは死亡!?

立ち上がるエレン

超大型巨大になり、巨大な骨を吹き飛ばしたアルミン。

骨は消え、”地鳴らし”も止まります。

 

鳥になったファルコは地上に着地し、背中のジャン達は、エレンは死んだのか?と話します。

一緒にいるミカサは、突然の頭痛に「うっ!」と声を上げ、エレンから言われた言葉を思い出します。

(力に目覚めたアッカーマンは頭痛を起こすことがよくあったらしい、何の疑問も抱かず、ただ命令に従うだけの奴隷、オレは・・・ガキの頃からずっと)

(ミカサ、お前がずっと嫌いだった)

 

ミカサは呟くように言います。

「・・・あれが、最後だなんて・・・そんなことが・・・」

 

ファルコの背中から自分の両親を見つけたガビとピーク。

ガビとピークは抱き合い喜びます。

ガビはファルコの両親に鳥の巨人がファルコだと伝え、ファルコは人間の姿に戻り両親と抱き合います。

 

両親との再会を喜ぶガビ達を見ながら、コビーは言います。

「・・・後悔がねぇわけじゃねぇ、でも・・・俺達・・・間違ってなかったよな、地鳴らしを止めたこと・・・」

 

アニは、「・・・どうして、収容区からここまで・・・」と聞き、ライナーの母親は答えます。

「レオンハートさんがみんなをここまで率いたんだよ、あなたのお父さんが」

 

ライナーの母親は、「行ってあげて」と言い、アニは灯台の方へと走り出します。

 

ガビはライナーの母親に、「ライナーがまだ戦ってるの!」と伝え、「うん・・・見てたよ」と答えるライナーの母親。

 

光るムカデを捕まえていたライナーの心配をするガビやコビー。

ミカサもアルミンの心配をします。

 

皆は、超大型巨人になったアルミンと、倒れている鎧の巨人を発見し安堵しますが、同時に、光るムカデがまだ生きていることを知ります。

 

アルミンとライナーは立ち上がり、光るムカデに近づこうとしますが、突然、巨大な爆発が起こります。

ジャンは言います。

「まぁ・・・やはりな・・・お前があれで死ぬとは思ってねぇからよ・・・」

 

爆発とともに進撃の巨人の姿で現れたエレン。

身長は超大型巨人と同程度あります。

ジャンとコニー死亡!?

エレンを見たガビは叫びます。

「・・・まずい、光るヤツとエレンを接触させないで!何が起こるかわからない!」

「また・・・地鳴らしが始まるかも・・・」

 

コビーも、「あの光るヤツを殺さねぇと!」と叫びますが、「あの爆発に耐えたヤツをどうやって殺す」とリヴァイ。

リヴァイは言います。

「狙うべきは・・・エレンだ・・・わかっただろ・・・奴を仕留めるまでこの悪夢は終わらねぇ・・・」

 

ピークは父親に言います。

「父さん、最後の仕事が残ってる」

 

ファルコも両親に言います。

「兄さんの分まで・・・オレ・・・やり遂げるよ」

 

エレンと対峙するアルミン。

 

頭痛が止まらないミカサは、「・・・何で?どうして・・・?こうなるの?」と言います。

 

ライナーは光るムカデへ駆け寄りますが、全身からガスのようなものを噴出する光るムカデ。

 

マーレ兵達と一触即発の状態だったアニの父親。

そのアニの父親に手を差し伸べるミュラー長官。

ミュラー長官はアニの父親に聞きます。

「足をケガしたのか!?」

 

アニの父親は答えます。

「いや・・・元から悪い」

 

アニの父親はミュラー長官の手を握り、感謝します。

「助かったよ、あなたが空に弾を撃ち尽くしてなかったら、俺達はまだ殺し合ってただろう・・・」

 

ミュラー長官は言います。

「過ちは十分犯してきた・・・力を合わせてここを乗り越えよう・・・」

 

その時、「父さん」との声が。

アニの父親が声の方を見ると、そこにはアニの姿が。

 

光るムカデから出る煙は、辺り一帯を包み始め、ジャン達はムセ込みながら言います。

「あの光るヤツから出ている煙だ」

 

ミカサは、「死んだの?」と聞き、「イヤ・・・巨人が死んだ臭いじゃねぇ」とコビー。

コビーは言います。

「これは・・・ラガコ村と・・・同じやり方なんじゃ・・・」

 

リヴァイは言います。

「ミカサ!ピーク!ファルコに乗れ!ここから離れる!」

 

ピークは、「何を・・・言ってるの?」と聞き、リヴァイは言います。

「アッカーマンと巨人の力を持つ者は例外だろ、何をすべきかお前が一番わかってるはずだ」

 

ピークは、「・・・そんな・・・そんなのあんまりだよ」と言いますが、叫ぶリヴァイ。

「早くしろ!」

 

ジャン、コビー、ガビをこの場に置き、飛び立つファルコ。

ピークはファルコの背中から地上へ手を伸ばしますが、ミカサがピークを掴みます。

 

互いに肩を組むジャンとコビー。

空へ飛び立ったファルコを見ながら、コビーは言います。

「これが・・・俺達の最期かよ・・・」

 

ジャンは答えます。

「・・・まぁな、後のことは仲間に託す、それが調査兵団の最期ってヤツだからな」

 

コビーは聞きます。

「・・・覚えてるかジャン?入団式の夜のこと」

「・・・まったくお前のせいなんだぞ?俺達が人類を救うはめになったのは・・・」

 

父親に駆け寄るアニ。

その瞬間、この場にいるエルディア人達が”無知性巨人”になります。

 

この惨劇を見たライナーは、「馬鹿な・・・そんな馬鹿なことがあるのかよ・・・」と言います。

エレン vs アルミン

目の前で父親が無知性巨人になり、吹き飛ぶアニ。

アニが吹き飛んだ先にはオニャンコポンがおり、オニャンコポンは聞きます。

「一体・・・何が起こった!?」

 

アニは、「父・・・さん!?」と言い、周りは無知性巨人だらけの状況になります。

 

光るムカデのもとに集まる無知性巨人達。

ライナーは、無知性巨人達とともに向かって来る光るムカデに言います。

「コイツ・・・兵隊を呼びやがった・・・ふざけやがれ!」

「絶対にここは通さねぇ!」

 

光るムカデを捕まえるライナー。

 

エレン(進撃の巨人)と対峙するアルミン(超大型巨人)

アルミンは言います。

「本当に・・・地獄が好きなんだな!?エレン!?」

「いいよ・・・最後までとことん付き合ってやるよ!」

 

エレンとアルミンの戦いがはじまります。

 

光るムカデを止めようとするライナー。

ライナーは巨人になったコニー、ジャン、ガビ、そして母親のことを思い出し、(まさか・・・なぜ!?)と考えます。

 

ファルコから飛び降り、空中で車力の巨人になるピーク。

ピークは光るムカデにかじりつき、アニも女型の巨人になり光るムカデを捕まえます。

 

ライナーは心の声でピークとアニに言います。

(ピーク・・・アニ・・・俺達は・・・どうすれば報われるんだ?)

 

ファルコの背中に乗っているリヴァイとミカサ。

ミカサの頭痛が強くなり、リヴァイは言います。

「ミカサ!?しっかりしろ!もうエレンを殺せるのは俺達だけだ!」

 

ミカサは考えます。

(もう・・・これ以上・・・耐えられない)

(・・・帰りたい)

(私たちの家に・・・帰りたい・・・)

ミカサがエレンを殺す!?

夢を見るミカサ。

座った状態で寝ているミカサを起こすエレン。

 

ミカサは聞きます。

「・・・エレン?あれ?私・・・いつの間に寝てたんだろ・・・」

 

山小屋の外で寝ていたミカサ。

エレンは薪を抱えながら、「よっぽど疲れてたんだろ・・・」と言い、ミカサは答えます。

「何か・・・長い夢を見ていた気がする」

 

エレンはミカサが泣いていることに気づき、「何で・・・泣いてんだ?」と聞きます。

エレンに言われ、始めて自分が泣いていることに気付いたミカサ。

ミカサは涙を拭きながら言います。

「何でだろう?私・・・ここにいていいのかなって気がして・・・」

 

エレンは言います。

「もう・・・どうすることもできないだろ・・・」

「オレ達が・・・すべてを放り出して、ここまで逃げてきたあの日から・・・」

「マーレの戦争が終わって2ヶ月・・・パラディ島侵略戦争がもうじき始まる・・・」

「逃げなきゃみんな殺される・・・アルミンも・・・オレ達を必死で探しているだろう」

「オレにはヒストリアを地獄に落として、永遠の殺し合いを続けることも・・・島の外の人間を大虐殺することもできなかった・・・それならもう・・・」

「あと4年の余生を静かに生きよう・・・誰もいないところで・・・二人だけで・・・」

「そう言ってくれたのは・・・ミカサ、お前じゃないか」

 

「・・・うん」と、静かに返事をするミカサ。

ミカサは立ち上がり、エレンに寄り添い、言います。

「ごめんね、この話はしない約束だったのに・・・」

 

エレンは言います。

「・・・もう一つの約束していいか?」

「オレが死んだらこのマフラーを捨ててくれ・・・」

「お前はこの先も長生きするんだから・・・オレのことは忘れて、自由になってくれ・・・」

 

無言のミカサに、エレンは言います。

「頼むよ・・・ミカサ、忘れてくれ」

 

現実世界ではアルミン、ライナー、アニ、ピークがボロボロになっていきます。

ミカサは、「ごめん」と言い、マフラーを出して首に巻いて言います。

「できない」

 

ミカサは皆に言います。

「エレンは口の中にいる」

「私がやる、みんな協力して」

 

ファルコの背中から飛び出すミカサ。

リヴァイも飛び出し、「了解だ、ミカサ」と言います。

 

エレンの口元へ雷槍を放つリヴァイ。

雷槍で前歯を破壊し、その隙間から口の中に飛び込むミカサ。

 

ミカサはエレンの頭部を切断し、「いってらっしゃい、エレン」と言い、エレンの頭部を抱え、キスをします。

 

ミカサの背後にはユミルの姿が。

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで進撃の巨人の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに進撃の巨人のアニメと映画も全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

進撃の巨人138話の感想

残り1話となった進撃の巨人。

ジャン、コビー、ガビ、皆が無知性巨人になってしまうという、ある意味、進撃らしい展開。

そしてエレンの頭部を切断するミカサ。

最後の煽り文は、”自由を知りたかった少年よ・・・さようなら。”

これで世界は救われたと思われますが、エレンは本当に死んでしまったのか!?

無知性巨人になったエルディア人達はどうなるのか!?

 

進撃の巨人最終話のネタバレはコチラになります。

>【進撃の巨人】最終話ネタバレ!