【ブラッククローバー】203話ネタバレ!初代魔法帝復活とネロが可愛い!




ブラッククローバー203話のネタバレになります。

前回、ネロに言われて初代魔法帝の像までネロを連れてきたフィンラル。

203話では遂に初代魔法帝が復活します。

そして、ネロも本来の姿に戻るのですが、ネロが普通に可愛い女の子でした。

スポンサーリンク

魔力と生命力を奪う

悪魔と戦うヤミ達。

悪魔の魔法に触れると魔法が溶けていきます。

体ごと飲み込まれそうになるシャーロットですが、間一髪でヤミが助けます。

しかし、左手を飲み込まれたヤミは、魔力と生命力を奪われます。

ヒロアカ203話

 

人もエルフも全てを飲み込むまで止められないと悪魔は言い、この状況はマジでやばいとヤミ。

 

悪魔の魔法は他の部屋へも広がっていきます。

ヒロアカ203話

 

悪魔の魔法に、パトリの光魔法”断罪の光剣”とユノの風魔法”暴嵐の牙”で迎撃しますが、二人の魔法は飲み込まれます。

 

倒れているライアと、ライアを治療しているミモザを助けるアスタ。

かわりに自身が飲み込まれますが、アンチ魔法が悪魔の魔法にも通じ無事だったアスタ。

 

無傷だったアスタに、魔力が無い体は飲み込む意味がないのかと、引き気味のユノとパトリ。

 

このままでは他の部屋の人達も危険だと言うミモザ。

ノゼルは、エルフ化した者達を連れ帰るための機動力を考えた時、ノエルのことを思い出します。

 

国を救い、全員でここを出ることが自分達の勝利だとノゼル。

自分は下の者達の援護に向かうと言い、ミモザについてくるよう言います。

 

アスタ達の方が上の状況や敵を理解しているようだと言い、アスタのアンチ魔法ならば、ユノの精霊魔法とエルフの光魔法で補ってやれば、戦陣へ辿り着けるだろうと。

そして三人に行ってくるよう言います。

スポンサーリンク

初代魔法帝復活

初代魔法帝の像の前に来たネロとフィンラル。

ネロは言います。

「貴方様ノ封ガ解カレタ今・・・ヨウヤク私ノ封モ・・・」

「オ痛ワシイオ姿・・・私ノ魔法ガ完璧デアッタナラ・・・」

 

初代魔法帝の像は答えます。

「いや・・・戻って来れたのは君のおかげだ」

 

そう言うと、完璧ではありませんが、初代魔法帝が復活します。

ヒロアカ203話

 

さらにネロも本来の姿になります。

ヒロアカ203話

 

普通に可愛い女の子でした。

 

影の王宮からこの世のものではない魔力を感じることから、アイツが体を手に入れたのかと初代魔法帝は言います。

 

フィンラルが二人に事情を聞きます。

初代魔法帝は死ぬ間際、ネロの「モノを閉じ込める」魔法で封印してもらい眠っていた。

そして魔石の力で完全ではないものの何とか目覚めたと初代魔法帝は説明します。

ヒロアカ203話

 

初代魔法帝とネロは一瞬で影の王宮へと飛んでいき、封緘魔法逆解(ふうかんまほうさかとき)で中に入っていきます。

 

ブラッククローバー203話の感想

初代魔法帝が遂に復活しました。

そしてネロの本来の姿が普通に可愛い女の子でしたね。

悪魔のもとへ向かったアスタ達。

さらにこの場所へは初代魔法帝も向かっています。

初代魔法帝、ネロ、アスタ、ユノ、パトリ、リヒト、ヤミ、そうそうたるメンバーですね。

 

ブラッククローバー204話のネタバレはコチラになります。

>【ブラッククローバー】204話ネタバレ!魔神の正体はリヒトだった

スポンサーリンク