【ブラクロ】221話ネタバレ!シャーロットがヤミに告白!?

ブラッククローバー221話のネタバレになります。

前回、シャーロットの呪いが禁術と関係あるのかを聞きに来たヤミ。

しかし、シャーロットは勘違いしてしまい、絶叫を上げてその場から逃げ出します。

完全にキャラ崩壊しているシャーロットですが、221話で遂に告白をします。

シャーロットが遂に告白

屋根の上で自分の奇行を反省するシャーロット。

ヤミに素直になれず、というか絶対に変な女だと思われたと落ち込みます。

 

呪いに打ち克つために強くなり、口先ばかりの男共を信用できなくなり、そんな中、ヤミに救われ、それでもどこかで認めたくなく、女だけの魔法騎士団の団長として戦い続けてきた。

何かを決意し立ち上がるシャーロット。

 

シャーロットは「碧の野薔薇」本拠地に団員達を集めます。

皆の前で話し始めるシャーロット。

 

碧の野薔薇は男の力を排し、女の力のみで武勇を成すを肯とする騎士団、そのため自分は団長を辞することも覚悟して言うと前置きし、シャーロットは皆の前で告白します。

 

私は、ヤミのことが好きなのだぁぁぁ!!!

 

この想いを消そうとしても、忘れようとしてもダメだった、私はもうどうしようもないほど、あの男を愛していると告白するシャーロット。

言葉が出ない団員達。

 

シャーロットは、やはり許されることではないと考えますが、シャーロットを祝福する団員達。

シャーロットを応援すると団員達は言います。

 

美女と野獣のカップル、10年来の大恋愛、団長同士お似合い、実は私も彼氏がいます。

 

さらには、デートに誘うべき、まずは好意を示して意識をしてもらう、ここのレストランなら夜景も手伝って必勝、とアドバイスをする団員達。

皆の恋愛力の高さに驚くソル。

 

団員達は全員で「告白」コールをし、シャーロットを煽ります。

皆からの煽りで、ヤミに告白する気になっていくシャーロット。

 

その時、ヤミとアスタがやってきます。

ヤミの凄いタイミングでの登場に、再び驚くソル。

嫌われてると思ってるヤミ

碧の野薔薇の団員達は、シャーロットをヤミの前へ押し出します。

ヤミの前でボソボソと話し始めるシャーロットですが、何を話しているの全く聞こえないヤミ。

 

ヤミはシャーロットの気持ちはわかっていると言い出し、動揺するシャーロット。

周りもどよめきます。

 

シャーロットの何とも言えない独特な気から、自分の事が苦手なんだろうとヤミは言います。

とはいえ、絶叫して逃げることはないだろう、結構、長年の付き合いだぞ。

どんだけ嫌でも、ちょっとぐらい話を聞いてくれてもいいじゃないかと。

 

ハイパー鈍感、粗野男のヤミに、これは告白どころではないと感じるシャーロット。

誤解を解きたいが、上手く言葉が出てきません。

 

その時、アスタが二人の間に入り、シャーロットはヤミのことが苦手ではないとアスタは言いますが、ヤミは、誰に意見しているんだ執行猶予小僧と、アスタの頭を掴み持ち上げます。

 

シャーロットの気の感じは、ノエルのに似ているとアスタは言います。

これは嫌われているのではなく、信頼しているのだと。

信頼していれば信頼しているほど、素直に言えない人もいると最近気づいたとアスタ。

 

アスタの言葉に、それはノエルがアスタのことを信頼してると自分で言い切ってるが、恥ずかしくないのか?と聞くヤミ。

恥ずかしくないと即答するアスタ。

ノエルとは幾つもの死線をくぐり抜けた仲間だからだと。

 

アスタはシャーロットの肩を叩きながら、恥ずかしくて言いづらいことがあっても、いつも通りでいいんスよと言いますが、シャーロットに馴れ馴れしく触るなと、アスタの首を絞めるソル。

 

お互い、良い団員に恵まれているとシャーロットはヤミに言いますが、アスタのお蔭で大変なことになってるんだけどとヤミは答えます。

 

シャーロットはアスタに、自分達のせいですまなかったと謝罪しますが、皆さんのせいではないとアスタは言います。

 

シャーロットはヤミに、話があるのだろう?と聞き、食事に誘います。

シャーロットのバラは禁術の呪い

ヤミと食事に行ったシャーロットは、ここではじめてバラの呪いの話ということを知ります。

呪いのことを語りだすシャーロット。

 

元々は自分達の家に恨みを持つ呪詛魔道士の魔法だが、その効果は国内のいずれの魔法とも異なり、解呪不可能だった。

禁術は、世界や命の在りように干渉する。

 

18の時に発動したシャーロットの呪いは、魔法自体を変質させた。

これは十中八九、異界の力を借りた禁術の呪いと話すシャーロットですが、それ以上のことはわからない。

 

さらにシャーロットは、禁術の呪いならば、ある意味、自分よりも強く影響を受けたものが黒の暴牛にいるだろうとヤミに言います。

 

町の復旧を手伝っている珊瑚の孔雀、ドロシー団長。

そこへノエルがやってきます。

 

自分の場所を”ノゼルくん”に聞いてきたのかな?とドロシーは言い、自分の母親と悪魔について教えてもらいに来たとノエルは言います。

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでブラッククローバーの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにブラッククローバーのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ブラクロ221話の感想

遂にシャーロットが告白!と思いましたが、団員達にでしたね。

肝心のヤミには告白できずですが、それでも大きな前進です。

そして最後に登場したドロシー団長。

久しぶりの登場でしたが、そういえば起きている時はこんな感じでしたね。

ノゼルの母と悪魔、どのような過去があるのか気になります。

 

ブラクロ222話のネタバレはコチラになります。

>【ブラクロ】222話ネタバレ!ノエルの母が悪魔の呪いで死亡したことが判明