【ブラッククローバー】168話ネタバレ!シャーロットのエルフ転生確定




ブラッククローバー168話のネタバレになります。

エルフ達が集う王都中心部を目指すアスタ達。

途中ラデスとの交渉があり空間移動でおそらく現在はだいぶ王都中心部に来ていると思われます。

168話はアスタ達の話ではなく、やっと登場となったヤミです。

さすがの強さを見せるヤミですが、最後に登場したシャーロットが「あちゃ〜」と言った感じです。

スポンサーリンク

マルクスとオーヴェンのエルフ転生確定

時は少し遡り転生完了直後の王都にヤミはいます。

国中に強い光が現れ、攻撃ではないがこの光がなんなのかヤミもまだわかりません。

 

そんなヤミの前に現れたのは

ブラッククローバー168話

 

マルクスとオーヴェンの二人です。

ブラッククローバー168話

 

マルクスといえば魔法帝の側近ともいえる存在で、オーヴェンも魔法帝直属の回復魔道士です。

魔法帝と距離が近かった二人がエルフ転生しており、しかも魔法帝の亡骸の前に現れ、ヤミと戦うというなんという皮肉でしょう。

 

二人共人間の頃の記憶はないので、ヤミとの戦いがはじまります。

マルクスの魔法に当たると直近の記憶を消去されるのですが、エルフが転生したことで射程距離とスピードが格段に上がってます。

 

オーヴェンの回復魔法も格段に上がった魔力により、治癒を通り越して体を壊す魔法になっているとヤミは言いますが、治癒を越して体を壊すという表現がすごいですねw

 

闇魔法で魔法帝の亡骸を守るヤミに、オーヴェンは「何者かは知らないが、その亡骸が大事なのかい?」とヤミに聞きます。

さらに、どんな者でも人間である限り死んで当然の罪人だと言います。

 

そしてあのマルクスも

「そんなに大事ならば、オマエの前にその人間の死体をバラバラにしてやろうか」

とヤミに言います。

 

もうこんなのマルクスじゃないです。

 

オーヴェンとマルクスの言葉に、ヤミは「その二人の口から言わせるな」と本気の顔になります。

ブラッククローバー168話

 

ヤミはオーヴェンとマルクスに突っ込み、マルクスの攻撃を闇魔法”黒穴”で避け

ブラッククローバー168話

 

さらに闇魔法”闇纏・無明乱れ斬り”で切りつけ

ブラッククローバー168話

 

そして”闇纏・無明峰打ち”で二人を気絶させます。

ブラッククローバー168話

スポンサーリンク

シャーロットのエルフ転生確定

オーヴェンとマルクスを気絶させたヤミですが、戦闘タイプではない二人でもこんな厄介なことにと漏らします。

その時、地面から赤い薔薇が現れオーヴェンとマルクスを包みます。

ブラッククローバー168話

 

オーヴェンとマルクスは戦闘タイプではありませんでしたが、赤い薔薇と一緒に現れたのは完全な戦闘タイプ、戦場が我が伴侶と豪語するシャーロットです。

ブラッククローバー168話

 

シャーロットはヤミに、誰かは知らないが人間にしてはやるようだと言います。

 

まとめ

シャーロットのエルフ転生が確定となりました。

このままヤミとの戦いになると思いますが、ご存知の通りシャーロットはヤミのことが好きです。

エルフが転生すると人間の頃の記憶はありませんが、気持ちや思いは結構残っていたりします。

シャーロットの元々の強さを考えるとエルフ転生は相当マズイのですが、相手がヤミなのでやはりシャーロットの思いがエルフを止めるのでしょうか。

 

シャーロットがどれだけヤミのことを好きかはこちらの記事でまとめています。

>【ブラッククローバー】ヤミ好きシャーロットがかわいい!元ネタはあの姫?

 

ブラッククローバー169話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】169話ネタバレ!ヤミvsシャーロット

スポンサーリンク