【ドクターストーン】135話ネタバレ!千空が遂に自動運転(AI)カーまで作る!?




ドクターストーン135話のネタバレになります。

島全体を石化光線で包んだイバラでしたが、石化光線を逃れ無事だった千空が目の前に現れ動揺します。

135話ではなぜ千空は無事だったのかが判明します。

そして、遂に千空が自動運転(AI)カーを作る!?

 

前回のドクターストーン134話のおさらいはコチラから。

>【ドクターストーン】134話ネタバレ!石化光線は範囲と秒数を声で伝えて発動する

U-NEXT

同じ体勢で石化していた理由

なぜ千空が石化せずに無事だったのか。

千空は石化光線から逃げている時のとことを回想します。

 

迫ってくる石化光線から逃げながら千空は考えます。

石化光線の範囲外に逃げるのは?

無理だ、間に合うはずがない。

 

では、あらかじめ復活液に指を突っ込むのは?

その場合、いったん全部石化したあとでワンテンポ待ってから都合よく解除がかかるのか、それとも液が石化自体を阻害するのか。

実験できない以上、正解はわかるはずものなく、もし後者だったら、液に漬けている指だけ石化を免れて腐り落ちて終わり。

 

つまり、打てる手は・・・と千空が考える中、クロムが閃きます。

クロムは龍水に、全員同じ幅で並ぶよう提案し、それを聞いた龍水は、自分の前の人間と等間隔で並ぶよう皆に指示を出します。

幅の目安としてはラボカー一台分。

 

千空はラボカー一台分と聞き、すぐさま5mと計算し、さらにクロムは、光の方に片手を伸ばし、指先から石化が始まったら反対の手を上げて合図をするよう言います。

合図が順番に上がっていくスピードを見れば、千空なら自分の所に光線が届くジャストタイミングを完璧に計れるだろうと。

復活液の解除効果は石化を阻害する

クロム、龍水、ゲン・・・順番に石化していきます。

もちろん、皆、同じ体勢で。

 

千空は計算します。

光線速度は最小二乗法で時速36km

俺への到着までざっくり5.5秒。

質量300g、空気抵抗0.21kg/m、重力加速度9.8として、真上に時速33kmで投げれば0.72秒後に3m到達。

高く投げれば猶予ができるが、外したら元も子もない。

限界いいとこ3m

自由落下して俺にブッかかるのは1.8秒後。

 

つまり俺のやるべきことは、ジャスト4秒後に上空3mまで復活液を投げる。

早すぎれば石化前にかかり、遅すぎれば投げる前に固まる。

ジャスト以外死ぬ。

必要なのは100億%完璧な秒数。

 

ここまで考えて千空は、クククと笑いながら言います。

あいにくこっちは3700年もアホほど地道に特訓済みでな。

 

ジャスト4秒後に上空3mまで復活液を右手で投げる千空。

右手の指先から石化がはじまりますが、落下してきた復活液の瓶が右手に落下し瓶が割れ、復活液を浴びる千空。

顔まで石化が進む千空ですが、復活液により石化を免れます。

 

これにより、復活液の解除効果は石化そのものを阻害することを理解する千空。

もともと液に浸かっていればそこだけ石化しなそうだが、指だけ漬けてたら死んでたかもなと。

仮に復活液プールに全身潜っていれば石化光線をスルーできるという理論だが、その場合、硝酸まみれの液自体でくたばるがなと千空は言います。

自動運転(AI)カーの誕生!?

右手を上げて石化した仲間達を見た千空。

千空は、全員とハイタッチをしながら前に進みます。

 

ラボカーに科学王国式トラップを仕掛ける千空。

そしてイバラとの対峙になります。

 

驚いて尻餅をついているイバラですが、自分の方が石化武器に距離が近いことから、急いで石化武器を取ろうとしますが、千空は言います。

言い忘れたが、今テメーが来るまでの一瞬で、グーグル様やらトヨタ様やらが躍起になって開発した、超絶最先端の現代技術をクラフトしといたぞ。

 

千空が言う超絶最先端の現代技術、それは自動運転(AI)カーです。

 

千空がそう言うと、ラボカーが自動運転で走ってきてイバラに衝突します。

遂に千空が自動運転(AI)カーまで作ってしまったのかと思われましたが、実はインチキ。

 

イバラが来るまでの間に仕掛けた科学王国式トラップとは、ラボカーのギアにカーボンワイヤーが結ばれており、ピンと張られたカーボンワイヤーを全体重で踏みつける千空。

これによりギアが入りラボカーが動いていました。

 

ピタゴラスイッチ的な自動運転(AI)カーでしたが、なんにせよイバラを倒し、石化武器もゲットした様子です。

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでドクターストーンの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにドクターストーンのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ドクターストーン135話の感想

さすがの千空でも自動運転(AI)カーまでは作れませんでした。

ただし、もっと時間があれば作ってしまいそうな勢いですけどね。

遂に石化武器をゲットしたようですが、千空によって石化武器の謎が解明されるのでしょうか。

いよいよ物語の核心に迫るって感じでワクワクしますね。

 

ドクターストーン136話のネタバレはコチラになります。

>【ドクターストーン】136話ネタバレ!

(1/27更新)