【ヒロアカ】212話ネタバレ!先代継承者のハゲはオネエキャラ!?




ヒロアカ212話のネタバレになります。

A組とB組の試合は最後の第5セットとなり、デクやお茶子、そして心操が登場しクライマックスといった感じでしたが、試合中にデクの個性が暴走します。

自分では止めることができないデクを助けるため、お茶子が飛び込みましたが・・・。

スポンサーリンク

お茶子の幼少期

ヒロアカ212話はお茶子の幼少期の回想からはじまります。

両親はいつも疲れた顔をしていて、それが辛かったとお茶子。

はじめてヒーロー活動を見にした時は、活動よりも周りの人々の表情に目が行きました。

そして人の喜ぶ顔が好きだったとお茶子。

 

茶子の幼少期が描かれているのですが

ヒロアカ212話

 

めちゃくちゃかわいいw

 

あまり今と変わらないと言えば変わらないのですが、幼少期の方が可愛い気がします。

 

お茶子にとっては困っている人を助けることは当たり前でした。

しかし、その当たり前がいかに大変なことなのか、余裕がなくて必死に助けるデクを見てきたから思う。

ヒーローが辛い時、誰がヒーローを守ってあげられるだろう。

 

場面は現在に戻ります。

デクを抑え「落ち着け!!」と声をかけるお茶子ですが、デクの暴走は止まりません。

スポンサーリンク

心操の洗脳がデクを止める

お茶子は心操を見つけ、洗脳でデクを止めてあげてとお願いします。

デクを洗脳するため、何を問うか考える心操る。

 

体育祭ではデクに負けたが、当時とは違う自分をデクに見せられることにワクワクしていた心操。

また戦えると楽しみにしていました。

立派なヒーローになって、自分の個性を人のために使いたいと思っていました。

 

心操はボイスチェンジャーを外し、自分の声でデクに問いかけます。

 

「俺と戦おうぜ」

 

ヒロアカ212話

 

心操の問いかけに、苦しみながらも「応!!(おう)」と返事をするデク。

心操の洗脳によりデクの暴走が止まり、黒いモヤようなものがデクの右腕へと戻っていきます。

 

先代継承者のハゲはオネエキャラ!?

場面はデクの意識の中へと変わります。

突然、「おめェェなアアア!!!」との声が。

声の主は先代継承者の一人です。

ヒロアカ212話

 

先代継承者が言うには、その力はもう、雑念マシマシで使っていいものではなくなっているとのこと。

そして最後にデクを応援するのですが

 

「頑張りなさいよ!!」

 

ヒロアカ212話

 

まさかのオネエ!?w

 

ヒロアカ212話の感想

先代継承者の一人、ハゲの継承者が現れましたが、まさかのオネエ言葉でしたw

たまたま、オネエ言葉だったのか、完全にオネエなのかは不明ですが、なんとなくオネエキャラのような気が・・・。

以前からヴィランっぽい個性と言われてきた心操ですが、212話で人のために個性を使うことができました。

これは心操にとっては嬉しかったのではないでしょうかね。

そしてお茶子も苦しむヒーローを助けたいと思っていたことが、今回実現したわけです。

あとはデクが無事元に戻れば言うことなしですね。

スポンサーリンク