【ドクターストーン】25話ネタバレ!石器時代に光を灯す!金狼銀狼が活躍




ドクターストーン25話のネタバレになります。

発電所を作るのに必要な強力磁石を手に入れるため、金狼の金の槍が使われました。

結果、金の槍はボロボロに・・・。

ショックを受ける金狼と嬉しそうな銀狼。

強力磁石でいよいよ発電所は完成か!?

金狼はショックから立ち直ることができるのか?

スポンサーリンク

腕力発電

雷の力で強力磁石を手に入れたはずの千空でしたが、コハクは磁石作りは失敗したかもしれないと言います。

コハクが言うにはくっつくどころか謎の力で弾かれると。

それを聞いた千空はは一言。

 

SN逆だ

 

あーなるほどね。

磁石の向きを変えて無事強力磁石作りに成功しました。

 

これでヤベー電気ってのが作れるんだなとワクワクするクロム。

ゲンは発電所といっても火力発電なのか、風力発電なのか、まさかの原子力発電なのかと聞き、千空はもちろん「腕力発電」と答えます。

 

銅板を叩いて伸ばし、それを削って円盤に切る。

 

銅線のカバーはリン酸と思っていたが、漆がべっちょりでもいけると千空。

 

何を言ってるのかよくわかりませんw

 

ゲンは千空にいつ突っ込もうかと悩んでたといい、千空に「なんでアンパンマンになってるの?」と聞きます。

千空の回答は「うるしかぶれ」とのこと。

 

発電所作りは何をやってるのかよくわかりませんでしたが、千空の顔は確かに気になってました。

セリフの言ってることがよくわからないだけに、余計に絵が目立ちますw

 

そして完成したのが、二刀流手回し発電機です。

 

思っていた発電所とはだいぶ違いましたが、石器時代なんですからそりゃそうですよね。

スポンサーリンク

金狼と銀狼は兄弟だった

円盤を二枚同時に回す必要があり、息ぴったりで身体能力の高いコンビがいればと考えた時、最適な二人を見つけます。

 

ゲンが二人の前でわざとらしく電気の魅力を語り出します。

それはもう次から次へと薄っぺらい言葉でw

 

ゲンのそんな薄っぺらい言葉を聞いた金狼と銀狼は

 

全力で円盤を回しますw

 

さすが兄弟、息がピッタリだとコハクが感心します。

ここで初めて金狼と銀狼が兄弟だと判明しました。もしかしたら過去に兄弟と紹介されていたかもしれませんが、確かなかったような気が・・・。

 

石器時代に光を灯す

本当にこれで発電できるのかとゲンは半信半疑です。

千空はゲンに蒸し焼きにした竹の繊維を見せます。そして高いところに登る千空。そこでゲンはエジソンを思い出します。

 

千空はクロムに夜は怖いかと聞きます。

「そりゃ真っ暗だからな」と答えるクロムに、「俺らの時代に暗闇はない」と千空は言います。

電球が世界から夜を消し、エジソンが白熱電球で24時間をねじ伏せた。人類は科学で「夜」に勝ったと説明する千空。

 

そしてわずか1秒にも満たない時間ですが、3700年ぶりに科学の灯が地球を照らします。

 

石器時代に電気。これにはさすがにゲンも感嘆します。

 

科学の根幹「電気」

千空は生まれて初めて読んだ伝記がエジソンだっと語ります。

そもそも電気がなんなのかから始まり、宇宙には4つの力しかないことを知り、そして電気が宇宙で一番の根幹のパワーであると。

 

たった一人原始の地球に生まれ、ストーンワールドのアダムとイブになると決め1年4ヶ月。

ようやく辿り着いた科学の根幹

 

電気

 

思わず喜びを噛みしめる千空。

 

まとめ

ついに石器時代のストーンワールドに科学の光、電球を灯した千空。

発電所といっても労働型の非常に原始的なものですが、この時代に光を灯した事実は変わりません。

毎回驚くことばかりですが、今回の電気は本当に驚きです。

発電機でどのようなことができるのか、なんとなくはイメージできますが、この時代に足りないものはいっぱいありますよね。だけど、足りないものも別のもので代用するところが楽しいです。

そしてよく知っているものでも、この時代に作るとイメージがだいぶ違うのも面白いですよね。

スポンサーリンク