【ハンターハンター】370話ネタバレ!サイレントマジョリティー能力者は誰?




ハンターハンター370話のネタバレになります。

クラピカの2週間で念能力を習得させるという呼びかけに応じ、16人の護衛兵が集まりました。

 

これから開始という時に、サイレントマジョリティーの能力「黒ぼっこ」と「ツチボッコ」により、16人の1人であるバリゲンがサイレントマジョリティーによって殺されます。

サイレントマジョリティーの能力の内容と能力者は誰なのか?

殺されたバリゲンて誰だ?

そして370話で再び休載が決定したハンターハンター。再開はいつになる?

スポンサーリンク

黒ぼっこ(座敷人形)

集まった16人に念能力の説明を始めるクラピカ。

 

そこにはサイレントマジョリティーの能力で出現した黒ぼっこ(座敷人形)の姿もあります。

 

サイレントマジョリティーの能力者の話では、黒ぼっこ(座敷人形)を視ることができるのは、能力者本人とロベリーという憑かれた者のみなので、クラピカのドルフィンのような感じですね。

 

じっと話を聞いてる黒ぼっこ、ちょっと可愛いですw

 

後ろ姿はこんな感じ。

 

どっかで見た髪型だと思ったら、欅坂46の子か!!

keyakizaka46matomemory.net

 

あーサイレントマジョリティーだからねって気づくのおそw

 

ツチボッコ(呪唇白蛇)

クラピカは16人の足元に白テープで線を引きます。そしてこの白線よりこちら側に入ることは絶対にやめてほしいと。

状況次第では武力行使も厭わないと説明しますが早速ルールを破るものが現れます。

 

第4王子ツェリードニヒの私設兵ミュハンです。

 

名前と所属を聞くクラピカは最後の警告をし、それに対しミュハンはうっかり踏んだと謝ります。

もう二度としないと約束しながらも、約束はお互いが守ってこそ成立するもので、クラピカの方は2週間で念を習得する約束を守ってくれるのかと釘をさします。

 

クラピカは最初に約束した通り2週間で念を使える状態にすると答えながら、ケンカ腰でしか話ができないようなら束ねる王子の程度も知れると応戦します。

この言葉に怒りをあらわにするミュハンですが

 

同じツェリードニヒの私設兵ダンジンがミュハンを止めます。そして全面的に同意すると謝罪するダンジン。

 

サイレントマジョリティーの能力者は、ミュハンに対し想定を越える馬鹿がいたと言いながら、ミュハンはターゲットの10人に入っていないと。

不測の事態で黒ぼっこ(座敷人形)が一人も殺さず強制解除になると、呪いが術者に返ってきてしまうため、リスク覚悟で早めに一人殺そうとツチボッコ(呪唇白蛇)を攻撃準備させます。

スポンサーリンク

観察

クラピカは集まった16人に自己紹介をさせます。

その間に第1王子の私設兵ヒュリコフはクラピカを観察します。ただの観察ではなく、この短時間で相当細かく観察と分析をします。

どれくらい細かいかというとこれくらい。

 

細かすぎだろ!文字小さくて読みづらいわw

 

一方ビルは、バビマイナが円を解いたタイミングで、オイト王妃の能力開発を進めたいとのクラピカの要望を受け、オイトを指導しますが、がっちり時間がかかるタイプだと見立てます。

 

ヒュリコフは同じ第1王子の私設兵であるバビマイナに円を解いている理由を尋ねますが、お前には関係ないとバビマイナ。

ヒュリコフは自分にも関係がある話に切り替え、現状の確認と対応計画などをバビマイナから聞きます。

多くのことが未知数で対応計画の立案段階ではないが、次の晩餐会終了後には対応計画が立てられるのでは予想するバビマイナ。

 

バリゲン死亡って誰だっけ?

16人の自己紹介が進められる中、サイレントマジョリティーの能力者は、再び皆の注意が何かに集まった時が攻撃開始とそのタイミングをうかがいます。

全員の自己紹介が終了し、クラピカはこの中で既に念能力を使えるものは挙手して欲しいと話します。

このクラピカの呼びかけに挙手したものは2名。

 

第1王子私設兵のヒュリコフと第13王子を護衛するハンター協会会員のベレレインテです。

ベレレインテは「チクイチ」が可愛いって言ってた人物です。

 

ヒュリコフは残り4人は念能力を隠しているが、自分以外の人間には気づかれないと考えます。

ということは16人中6人が念能力者ってことですね。で、サイレントマジョリティーの能力者はターゲットは10人と言ってました。

そして第4王子の私設兵であるミュハンはターゲットの10人に入ってないと。

この10人とは念能力が使えない10人のことなのでしょうか。であるならばサイレントマジョリティーの能力者も念能力者とそうでない者を見分けることができるということですね。

このターゲットの10人が何をもってターゲットなのかがわからないので、まだなんとも言えないところではありますが。

 

その時、第10王子の従事者ロベリーが黒ぼっこ(座敷人形)に気づきます。

ロベリーは同僚に黒ぼっこ(座敷人形)のことを聞きますが、同僚には見えていない様子。遂にロベリーは黒ぼっこのことを大きな声で叫びます。

 

それにしてもロベリー・・・ブスだなw

 

全員の注意がロベリーの指差す方へ集中した時、攻撃を開始するサイレントマジョリティーの能力者。

 

「よォ〜〜〜〜し!!!」ってw

サイレントマジョリティーの能力者はこういうキャラなの?

可愛いじゃないかwww

 

ロベリー以外の人間には黒ぼっこが見えず、なんのことだとざわつく中、ツチボッコ(呪唇白蛇)の攻撃を受けるバリゲン。

 

バリゲンって誰だっけ!?

こんな苦しそうな顔になったら余計誰だかわからんw

 

で、今回殺されるバルゲンはこいつです。

第13王子を護衛していたセヴァンチ王妃所属の兵になります。

 

この好機(チャンス)を必ず活かすと気合が入ってましたが、逆にサイレントマジョリティーの能力者にチャンスを活かされました。

 

ツチボッコ(呪唇白蛇)は全部で4匹おり、1匹なら44秒で血を吸い尽くし、4匹同時に一人を襲えば11秒で血を吸い尽くします。

全身の血を吸われていくバルゲン。

その時、第3王子の私設兵サカタが銃でバルゲンを射殺します。

 

どうでもいいのですが、サカタの眉毛をロベリーに移植したら同じ顔になりそうと思ったのは私だけでしょうかw

 

サカタが使用した銃が9mmパラであることから、”凝”でガードをしても無傷ではすまないとクラピカ。

そして状況次第では45口径やH&Kが登場してくると思っていた方がいいと考えますが、それよりも当面の問題はこの中に潜む暗殺者を探すことだと。

 

そんなクラピカの様子を見ているバビマイナは、微動だにせず一所懸命になるクラピカを評します。

今回人員を派遣していない王子からの念獣による妨害かと他の者が考える中、バビマイナはクラピカならそうではないことに気づいているだろうと感じてます。

 

バビマイナは一体何者なんでしょう。

クラピカのことをすごく評価していますが、個人的にはクラピカの後ろにも評価してあげて欲しい人物がいます。

その人物とは彼です。

 

 

ビルです!!

 

クラピカと同じ格好をしています。

決してクラピカの真似をしているわけでは・・・ないはずw

オイトに念能力を教えながらも全体に気を配っています。って銃声がすれば誰でも警戒しますね。

なんかビルが好きなのでビルも評価してもらいたかっただけですw

 

バビマイナは葛西似のイケメン?

それにしてもバビマイナがなんかイケメンです。

クラピカを評価しているところや、本心はわかりませんがオイトに気を使い円を解いたりなど、紳士的なところがあり好感が持てます。

あとはビルの三文芝居に騙されるあたりも可愛いw

 

で、誰かに似てると思ってネットで探したら出できました。

一人目はスラムダンクの宮城リョータ。

 

もう一人はろくでなしブルースの葛西。

 

宮城リョータも葛西もバビマイナと髪型と眉毛が似てますね。

なんとなくバビマイナは性格的にも男前な感じがするので、顔だけではなくキャラとしてもイケメンの可能性が高いです。

 

まとめ

今後の展開がすごく楽しみなところで、ハンターハンターは休載となります。

噂では2017年中の復帰とのことですが、正確なところは不明です。

サイレントマジョリティーとバビマイナなど、これから大きな動きがありそうなとこでの休載で大変ショックではありますが、早期復帰を願うしかありませんね。

 

そして休載に伴いテータの死亡フラグが延長しましたw

個人的にはいつ死んでもおかしくない雰囲気だったので、良かったと言っていいのか?

もしかしたら既に死んでるかもしれませんけどね。

テータの死亡フラグに関してはこちらの記事で紹介しています。

【ハンターハンター】368話ネタバレ!モモゼ死亡でテータの死亡フラグに影響は?

2017.08.21

 

ハンターハンターが再開!!

371話のネタバレはこちらになります。

>【ハンターハンター】371話ネタバレ!暗黒大陸編に幻影旅団登場!

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • サイレントマジョリティの黒ぼっこ、えらく手数をかけて描き込んでるな。富樫が、こんなに手数をかけて描き込むのは珍しい。

  • 画像と文字とで、凄く分かりやすい良いブログですね!
    特に画像の選択が良くて、とても説明が分かりやすくなってますね!