【ゴールデンカムイ】214話ネタバレ!流氷の上を歩いて逃げる杉元達

ゴールデンカムイ214話のネタバレになります。

前回、連絡船に乗り込み鶴見中尉から逃れた杉元達でしたが、その連絡船を駆逐艦で追いかける鶴見中尉。

しかも砲撃までしてきました。

杉元達は無事に逃げ切ることができるのでしょうか。

流氷の割れ目を逃げる連絡船

鯉登少尉の父、鯉登少将の駆逐艦で杉元達を追いかける鶴見中尉。

鯉登少将は発光信号で、直ちに機関を停止するよう、連絡船の船長へ伝えますが、船長に銃を突きつけ「止めるな」と命令する杉元。

奴らの目的はアシリパのため、撃沈する気は絶対にないと伝えます。

 

このまま全力で進むよう杉元は言いますが、向こうの駆逐艦の方がずっと速いため、すぐに追いつかれると船長。

杉元は、流氷の帯を突っ切って向こうの海へ行き、時間を稼ぐよう言いますが、砕氷船ではないため流氷に突っ込んだら沈没すると船長は言います。

 

どこも幅100mはある流氷に、突っ込むのは無理でも速度を落として船首を流氷の帯に向けるよう指示を出す杉元。

 

連絡船が変針し東へ逃げ続ける様子を見た鯉登少将は、行く手を阻むため連絡船の進行方向へ砲撃しますが、この砲撃により流氷が砕け割れ目ができます。

速度を上げ割れ目を突破する連絡船。

 

急いで連絡船を追う駆逐艦ですが、前方に流氷があり追うことができません。

流氷の割れ目を探す駆逐艦。

 

駆逐艦が追ってこれないことに、流氷が動いて帯の割れ目が塞がったのではと杉元は言います。

この隙に逃げ切ろうと考える杉元ですが、砲撃で流氷を砕く駆逐艦。

 

このままでは駆逐艦に追いつかれるのは時間の問題。

アシリパは白石を連れて白い布を集めます。

流氷の上を歩いて逃げる杉元達

流氷の帯付近で停止する連絡船。

そのまま回頭して駆逐艦へ向かってきます。

 

旅客船に横付けする駆逐艦ですが、杉元達の姿はもうありません。

船長が言うには、さっき降りたとのこと。

旅客船の短艇が全てあることから、船内を探す第7師団。

 

船長に銃を向け、どこかに隠したのか?と問い詰めますが、隠す義理がないと船長。

流氷の帯付近で停止したときに、勝手に降りて流氷の上を歩いて逃げていったと船長は言います。

 

急いで双眼鏡で流氷の上を見る鶴見中尉達ですが、白い布を被り流氷の上を歩く杉元達を見つけられません。

強大な獣の正体は!?

流氷の動きが早く、囲まれたら動けなくなるため、今すぐここを離れる必要があると鯉登少将は鶴見中尉に伝えます。

宇佐美は、自分が流氷に下りて追跡しましょうか?と鶴見中尉に聞きますが、連絡船が停泊していた位置から200mの距離を狙撃した者がいることから、この流氷原では良い「的」になると鶴見中尉は言います。

 

月島軍曹の情報によればロシアの脱走兵らしいがと鶴見中尉。

この狙撃のプロとは、ロシアの狙撃手ヴァシリのことです。

 

ゆっくり話したいことがあったんだがな・・・と寂しそうな表情をする鶴見中尉。

額からは体液が垂れています。

 

鶴見中尉から逃れることができた杉元達。

連絡船に乗り稚内まで2時間の距離まで来たため、なんとか歩いて辿り着けるだろうと白石。

さらに白石は、ホッとしたらお腹が空いたと言います。

 

アザラシが氷の上で寝ているかもしれないため、杉元に探すよう命令するアシリパ。

アザラシではなく、魚でも良いとボヤく白石。

 

その時、白石はクリオネを発見します。

クリオネは食えないのかな?と白石は言い、アシリパにアイヌの調理法を聞きますが、「ない」と即答するアシリパ。

 

自分達はこの生き物を食べないため、アイヌ語の名前もないとアシリパは言います。

食べない生き物には名前もつけてもらえないことに、クリオネは可愛いから名前を付けてあげてと白石。

 

四人は流氷を漕ぎながら「アハハ」「ウフフ」と笑いながら進みます。

 

そんな杉元達ですが、流氷の上には強大な獣の姿が。

この獣の正体とは!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでゴールデンカムイの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにゴールデンカムイのアニメも全て「見放題」です!!

第1期

 

第2期

 

おそらく第3期も見放題になると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ゴールデンカムイ214話の感想

鶴見中尉から逃れた杉元、アシリパ、白石、ヴァシリの四人。

いつもの「アハハ」「ウフフ」が見られてホッとしました。

流氷の上にいた獣、かなり大型でしたが、やはり白熊とかでしょうかね。

アシリパ達がクリオネを食べないことから、214話ではアイヌ料理のシーンがありませんでしたが、次回は白熊を使った料理が見られるのでしょうか。

アシリパは白熊も食べたことはないと思いますが、同じ熊なので問題ない気がします。

誰が白熊の脳ミソを食べるのかにも注目ですね。

 

ゴールデンカムイ215話のネタバレになります。

>【ゴールデンカムイ】215話ネタバレ!杉元と地獄へ落ちる覚悟のアシリパ