【ドクターストーン】160話ネタバレ!ルーナは医者?千空を助けるのか!?

【ドクターストーン】160話ネタバレ

ドクターストーン160話のネタバレになります。

ゼノはスタンに、「狙撃して構わない」と伝え、それを聞いたスタンは、何の躊躇もなく千空を即狙撃しました。

とっさにダイラタンシー流体で身を守る千空ですが、果たして無事なのか!?

 

前回のドクターストーン159話のネタバレはコチラになります。

>【ドクターストーン】159話ネタバレ!スタンに狙撃された千空!片栗粉で助かる!?

千空が狙撃された今が反撃のチャンス!?

千空を狙撃したスタン。

スタンは、カルロスとマックスの前に現れ、「仕事は終わりだ」と言い、二人に見張りを任せ帰ろうとします。

 

「お嬢は!?どうすんだよ!」とカルロスとマックスは聞きますが、「放っとくなり助けんなり好きにしな、俺の仕事じゃねぇ」とスタンは言い、立ち去ります。

 

科学船ペルセウスでは、千空が狙撃されたことに皆は動揺しますが、「うろたえるな!」と叫ぶ龍水。

龍水は言います。

「科学のリーダー千空は消した、もう戦力差は埋まらない、あとは真綿(まわた)で首を絞めようジックリと、少年たちに降伏を促すだけ」

「そう敵が油断する今こそ、反撃のチャンスだ、違うか!?」

 

皆は、頭ではわかっていても、千空が死んでしまったことに気持ちが整理できません。

 

しかし龍水は、「早合点(はやがてん)するな!」と言います。

ルーナは医者?

狙撃され死んだと思われた千空ですが、鼻と口から血を流しながらも、目を開き、口をパクパクと動かします。

止血しながらフランソワが千空の言葉を代弁します。

「ククク、死んじゃねえよバカ、弾も綺麗に抜けてるわ」

 

カセキは、千空が抱きかかえていた袋、ダイラタンシー流体を持ち、「弾の威力止めちゃったの?この粉袋と水で!?」と言い、「オホホォすっごいことしちゃうのね・・・!」と感涙します。

 

口を動かす千空。

「ああ、ヘッドショットなら100億%即死だったがな、復活液のレシピを俺しか知らねぇ可能性があったから、敵も俺に遺言残す時間与えたかったはずだ、胸狙ってくんのは読めてた」

 

フランソワは千空の言葉を皆に伝えます。

同時に、ルーナにもわかるよう英語でも伝えます。

 

それを聞いたルーナは、「スッゴい、良くそんなことまで頭回るね、あの状況で・・・」と言い、涙を流します。

 

気を失う千空。

ルーナは、(たしか・・・ホントのホントにうろ覚えだけど)と、千空の二の腕を握り、手首の脈を確認します。

「血圧が落ちてる・・・」と呟くルーナに、「ルーナ貴様、医者か!?」と龍水は聞きますが、ルーナは、「違う違う違う!なわけないでしょ、こんな子供が!ただの学生・・・医学部の」と答えます。

 

ルーナは言います。

「パパのコネで入れてもらっちゃっただけだし、そう言われないように!授業だけは超ガンバって聞いたけど、一人だけ落第生だったし・・・もう全然意味わかんなくて」

 

それでも大樹はルーナの手を握り、両膝を地面について頭を下げます。

「頼む、頼むルーナ、いないんだ他に」

「千空を、俺たちの友達を頼む、護ってくれ・・・!」

千空からのメッセージは「クロム」

山の上からゼノのアジトを望遠鏡で見るクロム。

アジトの周囲が開けており、遮蔽物(しゃへいぶつ)が全くないことに、「どっから突っ込んでも丸見え、バカみてえに矢の雨くらって終わりじゃねぇか」と言い、コハクも「矢ならばまだワンチャンあるが・・・」と言います。

 

その時、二人の背後から、「実際にはマシンガンの十字砲火で瞬殺でしょうね」との声が聞こえ、慌てて振り返るクロムとコハク。

二人の後ろには、司(つかさ)、氷月(ひょうが)、羽京(うきょう)、スイカの4人が立っており、「めっぽう頼もしいメンバーで来てくれたな」と喜ぶコハク。

 

アジトの周囲を見た司は、「掘るしかないかな」と言い、氷月も、「ですね」と答えます。

掘ると聞いたコハクと羽京は青ざめ、「うん」と司。

 

司と氷月の考えは、敵城内まで潜入用の地下通路、トンネルをクラフトする逆・大脱走です。

 

氷月は、「大量の掘削用科学アイテムを千空クンに頼まなくてはなりませんね」と言い、羽京は、「噂をすればペルセウスから連絡だ」と言います。

 

ペルセウスとのやり取りは、数字を使った上杉暗号。

上杉暗号とは、上杉謙信が使っていた暗号で仕組みはすごく単純、「いろは」表に対応した数字を読み上げるものです。

 

氷月は、「ドクターゼノがいくらちゃんとしていても、”いろはにほへと”はさすがに日本人しか知らないでしょう」と言います。

 

ペルセウスからの連絡を受けた羽京は青ざめます。

「千空が狙撃された、大丈夫・・・生きてはいるみたいだ」

 

それでも掘るしかなく、科学無しで掘ろうしたとき、千空からのメッセージを伝える羽京。

「47・12・42」

「クロム」

 

千空との出会いから今までのことを思い出すクロム。

心に灯(ひ)をともし、決意の表情をします。

 

次号のジャンプは合併号で、8/11(火)の発売です。

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでドクターストーンの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにドクターストーンのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ドクターストーン160話の感想

辛うじて生きていた千空。

元医学生のルーナが千空を助ける流れとなるのでしょうか。

そして、クロムとコハクと合流した司達。

そこで千空が狙撃されたことを知り、科学無しでトンネル掘りを決行しようとしますが、千空からのメッセージを聞いたクロムは、科学者の心に灯をつけます。

クロムの閃きに期待ですね。