【キングダム】633話ネタバレ!李牧を追撃する王翦率いる精鋭隊が結成

キングダム633話のネタバレになります。

信が龐煖(ほうけん)を倒し、十五日間の朱海平原の戦いは王翦(おうせん)軍の勝利となりました。

一度は死んだ信ですが、羌瘣(きょうかい)の禁術により生き返り、羌瘣も無事でした。

ひとまず、朱海平原の勝利を喜ぶ飛信隊。

そして、李牧を追撃するための王翦からの戦略が伝えられます。

 

キングダム632話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】632話ネタバレ!羌瘣(きょうかい)はやっぱり信が好きだった

李牧は鄴(ぎょう)へ向かう

鄴(ぎょう)を取り囲む桓騎(かんき)軍。

桓騎軍は、声を揃えて城内へ繰り返し叫びます。

「桓騎軍は一般人を殺さぬ、城を明け渡せ」

 

鄴城内では、食料が尽きたことで、城の外へ出してくれと民衆が暴動を起こしています。

このままでは飢え死ぬ、桓騎軍は一般人を殺さないと言っていると訴える民衆ですが、城内の兵達は民衆を抑え込みます。

さらには城内で火事まで起こります。

 

外で様子を見ていた桓騎は、煙が上がったのを見て、「いよいよだな」と言います。

摩論(まろん)に、ゼノウ一家を奥から呼んでおけと命令する桓騎。

 

その時、桓騎のもとへ早馬が。

李牧軍が南下してここへ向かって来ているとの内容です。

 

動揺する摩論。

朱海平原はどうなった?王翦軍は敗れたのか?

 

桓騎は摩論に、落ち着けと言いますが、ここまでですと諦める摩論。

鄴は固く閉ざしているが、中には軍勢もいる。

李牧軍が到着すれば、我々はその軍と鄴の軍に挟み込まれてしまう。

李牧軍が着く前に逃げないと大変な目にあうと摩論は言いますが、それでも桓騎は、落ち着けと言います。

 

再び桓騎のもとへ続報が届きます。

李牧軍の後ろから王翦軍も迫っており、ものすごい勢いで南下して来ていると。

 

王翦を先頭に、倉央(そうおう)、糸凌(しりょう)が後に続きます。

李牧を追撃する精鋭隊

一日前、田里弥(でんりみ)と倉央から全体に王翦の戦略が伝えられました。

内容は、十人のうち二人が李牧を追い、八人はここに残るという、軍を縮小して李牧軍を追う作戦です。

 

理由は二つあると田里弥。

一つ目の理由は速さ。

十五日間の戦いで多くが傷つき、全体で追うには速さが伴わない。

最も動ける者を選抜し、精鋭にしてこれで李牧を追う。

 

二つ目の理由は兵糧。

もはや皆を食わせる分は残っておらず、残りをかき集め選抜隊に与え体力・気力を回復させ、ここからさらに追撃戦を遂行してもらう。

 

まだ一戦しかしていない、田里弥と倉央の兵団が主体となることに、ふざけんな!と怒鳴る信。

何でお前らだけいいとこ取りしよーとしてんだ、俺ら飛信隊も行くぞ!と言いますが、話は最後まで聞けと笑う倉央。

 

倉央は信に言います。

お前達、両翼の戦いは王翦様もしっかり頭に入っている。

ある意味、お前たちの方が李牧軍のことを肌感覚でわかっていると言っていい。

その力と経験値は必要だ。

だからお前達も選りすぐれ、追撃隊に入る精兵達を。

置き去りになる者達の方が過酷

飛信隊、楽華(がくか)隊、玉鳳(ぎょくほう)隊は、それぞれ追撃隊の精兵を決めます。

王賁が入っていることに、お前は残った方がいいだろうと信は言います。

全然精鋭じゃねぇ。

 

王賁は、うるさいと言い返します。

貴様も大差なかろーが。

 

蒙恬(もうてん)は田里弥に、残った者達はどうするのですか?と聞きます。

追撃隊もきついが、ここに置き去りになる者達の方が、もっと過酷になると思われるが。

 

田里弥は答えます。

十のうち八がここに残る。

言わばほとんど残るということだが、問題は至極単純だ。

 

さしあたってこの残軍を襲う趙軍はいない。

もともと一帯からも兵を結集させた李牧軍が、そのまま南下して去ったのだからな。

王都軍からも出てくる気配はない。

さし迫る問題は食糧だけだが、そこは何とか”うまくやりながら”、ゆっくり南下し陥落した鄴に遅れて入城する。

 

それを聞いた信は、それって!と言いますが、安心しろと田里弥。

いずれ秦の領土となる地だ、考えなしの”愚行”はおかさぬ。

 

田里弥が残軍を率いることに、自分の楽華隊もほとんどが残るため、どうか宜しくお願いしますと蒙恬は言います。

 

飛信隊の副長・渕(えん)は信を見送ります。

何かこういうの多いなと笑う信に、だからきっと、今回もうまくいきます!と渕は答えます。

 

信は渕に隊を頼み、羌瘣はちゃんと生きてるか聞きます。

スヤスヤ眠ってますと兵士は報告しますが、起きていた羌瘣は、「行ってらっしゃい」と寝ながら手を振ります。

 

そこへ王翦が現れ、準備は出来たかと聞きます。

王翦は、「行くぞ、鄴へ」と言い、皆は返事をします。

 

次号のキングダムは休載になります。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

さらに!キングダム第3シーズンが2020年4月からの放送が決定しましたが、こちらもおそらく見放題と思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム633話の感想

久々の登場となった桓騎。

相変わらずかっこいいです。

食糧難の鄴を助けるべく、南下した李牧ですが、その後ろを王翦率いる精鋭隊が追撃します。

具体的には誰が入ったのかはまだ不明ですが、信、蒙恬、王賁、倉央、糸凌は入っているようですね。

信も王賁もかなり重傷だと思いますが、果たして大丈夫なのでしょうか。

そして桓騎の活躍は見られるのでしょうか。

新たな戦いのはじまりに期待が膨らみます。

 

キングダム634話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】634話ネタバレ!

(3/12更新)