【キングダム】647話ネタバレ!李牧が司馬尚のもとへ向かい復帰を狙う

【キングダム】647話ネタバレ

キングダム647話のネタバレになります。

趙国、王都軍から逃げる李牧一派。

カイネは憔悴(しょうすい)しきった李牧の背中に抱きつき、「何があってもずっと・・・ずっと側に居ますよ」と泣きながら叫びます。

 

前回のキングダム646話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】646話ネタバレ!李牧が燃え尽きた!?終わりへ向かう趙国

李牧が復活

李牧のテントを出たカイネは、足早に歩きながら(やばい、やばい)と焦ります。

初めて見た落ち込んだ李牧の姿に、(つらすぎてよく分からず、つい変な感じで抱きついてしまった)と振り返るカイネ。

 

(臣としておかしくはない)と思いながらも、(あれが傅抵(ふてい)だったら気持ち悪い)と考え、自分は何か越えてはならない一線を越えたのではと動揺します。

しかし、すぐに(今はそんなことよりも李牧様が復活されることだけが・・・)と考え直しますが、顔は真っ赤になっています。

 

抱きついたあとのことを思い出すカイネ。

我に返ったカイネは、慌てて李牧から離れ謝ります。

「今度こそ、失礼します」と言い、テントを出ようとするカイネに、「こちらこそすみません、ありがとう」と李牧は背を向けたまま言います。

 

カイネは足を止め、李牧から「ありがとう」と言われたことを思い出し、(抱きついたことへのありがとう・・・じゃないよな?)、(私の励ましの言葉が・・・)と動揺します。

そして、(李牧様の声が、少し元気が戻っていたような気がする)と感じます。

 

安心したカイネは、今度は、(なぜあの場にもっと居なかったのか)と後悔します。

 

カイネを見つけた趙兵は、カイネを心配しますが、「うるさい!今は構うな!」と怒るカイネ。

それを見た馬南慈(ばなんじ)は、「カイネはまだ元気が残っておるようだのぉ」と笑います。

 

翌朝、李牧のテントを訪れる馬南慈、舜水樹(しゅんすいじゅ)、傅抵(ふてい)、そしてカイネ。

李牧の顔色は良く、表情も明るいことに、馬南慈は、「憔悴(しょうすい)しているとの報告は誤りでしたな」と笑い、「空(から)元気ですよ」と李牧も笑います。

李牧が司馬尚のもとへ向かう

舜水樹(しゅんすいじゅ)は李牧に、「仮にも我々は王命に背き、王都軍と戦ってまで嘉(か)様を逃した、言わば反乱軍」と述べた上で、選択肢は三つあると言います。

 

一つ目は、投降して断罪される。

二つ目は、このまま逃走を続ける。

三つ目は、邯鄲(かんたん)に攻め入り、新王と郭開(かくかい)を抹殺し、嘉様に王位に就いて頂く。

 

邯鄲への城攻めと聞いて驚くカイネと傅抵。

 

さらに舜水樹は、「もしくは、第三の選択肢を変化させ、邯鄲を落としても嘉様を呼ばず、そのまま李牧様が新王朝を築くという道も」と言いますが、「そのくらいにしておきなさい」と李牧。

 

李牧は皆に言います。

「邯鄲を攻め落として嘉様が王座に座っても、それは強奪、そんなことをしては嘉様は真の趙王としては迎えられませんよ」

「ましてや私がそれをするなど言語道断!そもそも私に、そんな腹づもりはありません」

 

舜水樹は、「申し訳ありません」と謝ります。

 

傅抵(ふてい)は、「投降しても李牧様も俺たち側近も皆殺しでしょ、それはさすがに嫌だから、逃走の一択っすね?」と聞き、「消去法で逃げるのではありません」と李牧は答えます。

 

李牧は、逃走する理由を説明します。

「秦軍に打ち勝ち、この趙を亡国の危機から救うには必ず我々の力が必要です」

「私が軍曹司令に戻るまでの間、この軍は雌伏(しふく)するのです」

 

傅抵は、「戻れますか」と半信半疑ですが、「戻れる!」と断言する馬南慈(ばなんじ)

馬南慈は、「李牧様不在のままで秦軍の侵略を止め続けられると思うか?一年もすれば必ず郭開(かくかい)の方から頭を下げてくるわ、奴が本物のバカでなければなぁ」と言います。

 

舜水樹(しゅんすいじゅ)も、「此度の騒動はまだ正式に新王が即位していない空白時の出来事だ、互いに勘違いだったという言い訳も立てられる」と言います。

 

それを聞いた傅抵は、「逃げて時をかせげば、秦も侵攻してくるし、色々あやふやになって復帰できる」と納得します。

 

李牧は、「そのための根回しとして、行きたいところがある」と言い、皆は「行きたい所!?」と聞き、「司馬尚(しばしょう)のいる青歌(せいか)です」と李牧は答えるます。

 

司馬尚の名前に、「あのオルドの侵攻を食い止めた・・・三大天候補」と皆は驚きます。

 

舜水樹は、「司馬尚は国のいざこざに関わらぬ男のようですが、受け入れられますか?」と聞き、「一応、返事はもらっています」と李牧。

馬南慈は笑いながら言います。

「さすが李牧様、青歌(せいか)の司馬尚を取り込む、あくまでただでは起き上がらぬという腹づもりだ!」

 

決意の表情で李牧は言います。

「その通りです!今の何倍もの力になって復帰できるよう、ここから立て直して行きますよ!」

 

馬南慈、舜水樹、傅抵、カイネは、「ハ!!」と力強く返事をします。

呂不韋に不穏な動きが

紀元前236年、鄴(ぎょう)を攻略した秦軍は、これ以上の侵攻は踏みとどまらざるをえませんでした。

李牧は退場したものの、国防に対する邯鄲(かんたん)の動きが”的確”だったためで、悼襄王(とうじょうおう)の時、一切動かなかった強力な邯鄲軍が大挙して出陣し、扈輒(こちょう)軍に加わり前線を固めたためです。

 

前線を固める一方で、その後ろの番吾(はんご)と平陽(へいよう)の拠点強化にも素早く着手し、趙の文官・武官は、実権をふるう郭開(かくかい)の手腕に驚きます。

しかし、それらはいずれも地下牢で李牧が郭開に進言したものでした。

 

年が変わり紀元前235年。

この年は、中華の驚く”予想外の戦い”が三国間で起こりますが、その前に、秦国内でもある大きな出来事が起きたと「史記(しき)」には記されています。

 

軍略会議を行う秦の文官達。

そこへ肆氏(しし)が遅れて入ってきます。

 

肆氏は嬴政(えいせい)に、「申し訳ありませんが、大王様、少々外に宜しいでしょうか」と言い、嬴政と外に出ます。

 

外に出た嬴政と肆氏ですが、なぜか昌文君(しょうぶんくん)も一緒におり、「儂も外すなら理由を言え」と昌文君。

肆氏は、「お前ならばよい、この話はまだ、昌平君(しょうへいくん)と李斯(りし)には聞かれたくなかった」と言います。

 

それを聞いた嬴政(えいせい)は、「河南(かなん)か」と聞き、「河南とは・・・つまり・・・」と昌文君。

肆氏(しし)は、「呂不韋(りょふい)だ」と言います。

 

驚いた昌文君は、「まさかあの呂不韋が、また不穏な動きを見せ始めたのか・・・」と聞き、「いや、まだはっきりとした動きを見せたわけではないのだが、もはや無視することもできない状況になってしまった」と肆氏は答えます。

 

肆氏(しし)は経緯を話します。

「三年前の嫪毐(ろうあい)事件の連座により、呂不韋は冠位を剥奪され、河南の城に隠遁(いんとん)しているが、この三年の間に奴の下に再び人が集まり、朝廷をおびやかす程の大勢力に膨れ上がってきていると」

 

嬴政(えいせい)は、「呂不韋が集めていると?」と聞きますが、「そこはそうではないという報告もあり、情報が錯綜(さくそう)しております」と肆氏。

 

肆氏は話を続けます。

「河南入りしているのは、私が引き連れてこれなかった、かつての竭氏(けっし)の残党、先の嫪毐愛国(ろうあいあいこく)の残党、そして無論、呂不韋派の残党」

「つまり、大王様の元に一枚岩となった、この今の朝廷からはじき出され、日陰でうごめいている各残党達が、こぞって今、呂不韋の元に大集結しているのです」

 

さらに肆氏は、「そうならぬよう、ずっと以前から水面下で手を打ち続けていたのですが、もはや限界、根本を断つ時が来たのでは」と言い、昌文君は、「どういう意味だ」と肆氏に聞きます。

肆氏は言います。

「呂不韋(りょふい)の命を奪うということだ!」

 

驚いた表情を見せる昌文君。

 

嬴政は、「話は分かった」と答え、「まずは俺が会ってこよう、直接会って話してくる・・・呂不韋と」と言います。

 

降ってくる雪を見ながら、呂不韋は言います。

「今年の雪は、降ったり止んだりじゃのぉ」

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム647話の感想

前回の李牧の姿を見ると、もう駄目かと思いましたが、どうやら復活したようです。

復帰を狙い、司馬尚(しばしょう)のもとへと向かう李牧。

その表情には決意がみなぎっていました。

 

やっぱり強い李牧を見ると、嬉しいと言うか、ワクワクしますね。

李牧が復活したのはカイネが理由かはわかりませんが、動揺するカイネが可愛かったです。

元気があるカイネの姿を見ると、いつもの感じに戻ったなと、見てて安心します。

 

そして最後に登場した呂不韋。

久々の登場となりましたが、果たして呂不韋の狙いとは!?

 

嬴政は呂不韋と直接会って話すと言いますが、かつて何度も命を狙ってきた宿敵、どのような展開になるのか楽しみですね。

 

キングダム648話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】648話ネタバレ!

(7/16更新)