【キングダム】607話ネタバレ!李牧が仲間になる!?王翦がまさかの行動に!




キングダム607話のネタバレになります。

前回、李牧(りぼく)のカラクリを見破った王翦(おうせん)。

さらに王翦は、李牧が知略だけではなく、本能型も併せ持つ異種混合軍を作り上げたことに、自分と同じ怪物であることを認めます。

607話では王翦が意外な行動に出て、まさかまさかの李牧が仲間になる!?

スポンサーリンク

王翦の大奇襲

敗報ばかりが続く趙(ちょう)軍。

“起こり”を見つけられず、戦術戦に切りかえれば逆に返し技で敗れ続ける。

 

そんな中、王翦は今すぐ乱戦を解くよう命令します。

左へ転進すると王翦は言いますが、それでは今戦っている相手が追ってくるため危険だと周りは言います。

 

それでも王翦は言います。

「面倒だ、まとめて一気に決着をつける」

 

ここからは敵も友軍も、李牧さえも予想しない展開。

雷伯(らいはく)軍と戦っていた王翦軍が、共伯(こうはく)軍と戦っていた田里弥(でんりみ)軍に強引に合流。

これは、場の人間の思考が一瞬停止する程の”大奇襲”でした。

 

ここで一番最初に反応したのは倉央(そうおう)。

倉央

「ハハ面白い!」

「今すぐ後方待機してる俺の本軍をここに呼べっ」

 

倉央は独断で自分の軍までこの混戦の中に呼び込み、さらなる混沌が生まれます。

秦(しん)軍

「王翦様、倉央軍までもっ」

王翦

「フッ」

 

焦る傅抵(ふてい)

趙軍

「傅抵、どうなってんだこれは、これじゃもう陣形とか戦術とか・・・」

 

傅抵

「しっ知るかよ俺がっ」

 

趙軍では王翦が焦って博打に出たと思われたりもしていますが、李牧は王翦は博打に出ないことをわかっています。

その上で李牧は王翦の狙いに気づいた様子。

 

王翦軍の田里弥と倉央は、この混沌は王翦様には混沌ではないと確信しています。

 

指揮を執る王翦

王翦

「第三・第四隊、方陣を作り右方移動、第六・第八隊を一つに繋げて前の壁へ」

「龍太(りゅうた)の中隊は左方の盾の中心に入れ」

 

田里弥と倉央のもとへも王翦からの伝令が入ります。

伝令

「田里弥様、王翦様より伝令、”鶴”の中央を作れと」

 

田里弥

「心得た!」

 

伝令

「倉央様、王翦様より”鶴”の左翼を作れと」

 

倉央

「よしきた、糸凌(しりょう)を戻せ、動くぞ!」

 

李牧は王翦の狙いに気づきます。

李牧

(布陣だ・・・)

(大混戦の中、戦いながら、陣を作り上げていっている・・・)

(現場の中にあって、それは決して易いことではない・・・)

 

そして作り上げられたのが、赤大鶴(せきたいかく)の陣

 

信じられない様子の趙軍。

倉央と田里弥は確信します。

倉央

(これで王翦様が最後尾に入れば、大鶴の陣は完成する)

 

田里弥

(一方、趙軍側は軍としての配置は乱されたままでバラバラだ)

(この差は大きいぞ)

スポンサーリンク

対峙する王翦と李牧

だが、王翦は最後尾ではなく、単騎で最前列に出ます。

ニセモノか?罠か?とざわめく趙軍。

王翦軍でも動揺が走ります。

兵士

「で・・・田里弥様、これも何かの戦術ですか!?」

 

田里弥

「分からぬ、すぐに助けに出る準備をしておけ」

 

糸凌

「倉央様、これは・・・」

 

倉央

「いつでも飛び出せるようにしておけ、糸凌」

 

辺りに緊張が走る中、李牧も単騎で最前列へ出ます。

対峙する王翦と李牧。

 

ここにきて大戦の総大将同士が相まみえる状況に、王翦軍、趙軍、どちらの兵士たちも信じられない様子。

スポンサーリンク

李牧が仲間になる!?

李牧

「初めましてですね、王翦」

 

王翦

「よく、出てきたな」

 

李牧

「私と話したいのかと思いまして」

 

沈黙が走ります。

 

李牧

「王翦、そちらの兵糧が底をついているのは知っています」

「これ以上やってもあなた方は、討ち死にするか、飢え死にするかのどちらかです」

「降参しなさい、そうすれば兵達の命は保証します」

「列尾(れつび)を越え、兵站(へいたん)を断ってまで王都圏に侵入した時点で、あなたの負けは決まっていたのですよ」

 

王翦

「笑わせるな、鄴(ぎょう)の食糧が尽きたことは察している」

「間もなく鄴は落ちる」

 

趙軍

「なっ」

 

李牧

「・・・・・」

 

李牧

「落ちませんよ、鄴は趙の喉元を守る盾です」

「鄴を失えばあなた方の思い通り趙国は傾きます。が、趙国百六十年の歴史の重みにかけて、そんなことにはなりません」

「鄴は決して軽くありませんよ、王翦」

 

王翦

「下らんな、歴史の重みで国が救われるものではない」

「上に立つ者共が馬鹿の集団であれば、それだけで国は亡ぶ」

 

「そして、今の趙王らが”正にそれよ”。我らが王都圏に入った時、王都邯鄲(かんたん)の大軍が動けば、我らに勝ち目はなかった」

「だが趙王が”それをせぬ”と読んで我らは入ってきた」

 

「今の趙国の唯一の重しとなっているのは李牧、お前だ」

「お前が消えさえすれば、間違いなく趙は一瞬で亡ぶ」

 

王翦は続けます。

王翦

「虚しくならぬか、李牧」

「お前達が命がけで尽くしても、上のせいでそれはどこにも実を結ばぬ」

 

李牧

「何が言いたいのです、王翦」

 

王翦

「その才覚を虚しくするなと言っておるのだ」

「私と一緒に来い、李牧」

「お前が私と組み力を貸すなら、二人で全く新しい最強の国を作ることが出来る」

 

李牧

「!?」

 

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

おそらく映画のキングダムも視聴できるようになると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム607話の感想

まさかの王翦の勧誘でした。

たしかに、趙王のダメっぷりは既に漫画でも登場しているので、王翦の言うことはわかります。

ですが、だからといって簡単に趙を捨てて秦に行くとは思えませんけどね。

もちろん、李牧が仲間になれば、これほど心強いことはありません。

607話でまだ一国も滅ぼせていない状況でも、李牧が仲間になれば加速しそうな気が・・・。

 

キングダム608話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】608話ネタバレ!再び王翦 対 李牧の展開に

スポンサーリンク