【キングダム】646話ネタバレ!李牧が燃え尽きた!?終わりへ向かう趙国

【キングダム】646話ネタバレ

キングダム646話のネタバレになります。

悼襄王(とうじょうおう)が死亡し、新たに太子嘉(か)が趙王となり、李牧も助かり、趙が生まれ変わろうとした矢先、愚王・悼襄王の遺言は、次の王位を嘉(か)ではなく、末子(まつし)の遷(せん)に継がせるというものでした。

 

前回のキングダム645話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】645話ネタバレ!李牧は助かったが新たな趙王は遷(せん)

襲撃される太子嘉(か)と李牧

太子嘉(か)、李牧(りぼく)、カイネ、そして李牧側の文官達は、屋敷を追い出されます。

朝廷の裁判で遺言の不正を暴くと息巻く文官達ですが、「そんな悠長なことを言っている場合ではない!」と李牧。

 

皆が李牧の言葉の意味が理解できないでいると、突然、無数の矢が飛んできます。

李牧とカイネは剣で矢を落としますが、多くの文官が矢を受け即死します。

 

予想以上に襲撃が早く、さらに昼間から堂々と行われたことに李牧も驚きます。

 

更には前からは顔を覆った刺客達が迫ってきており、李牧はカイネに太子を守るよう命令し、刺客を剣で両断します。

李牧は、「近衛兵は全滅のようだが、傅抵(ふてい)の迎えは来ている、そこまで二人で強行突破です」とカイネに言います。

 

飛信隊の李信(信)は、趙国の王位が太子ではなく、末子(まつし)がついたことを蒙恬(もうてん)から聞き驚きます。

さらに蒙恬は、「再び荒れそうなため前線をもう一度上げるかも」と李信に伝えます。

 

李信は、「荒れそうってどういうことだよ」と聞き、「兄弟の争いだよ」と河了貂(かりょうてん)が答えます。

「かつての政(せい)と弟・成蟜(せいきょう)みたいに・・・あのときも相当血が流れた」と河了貂は言い、当時を思い出す李信。

 

蒙恬は言います。

「末子が王位を継ぐくことが前から決まっていたのではなく、直前で継いだことに大使側の一派が黙っているはずがない」

「史に照らしても歪んだ王位継承では粛清(しゅくせい)の嵐が吹く、もし末子の一派が先手を打っているとしたら、粛清されるのは太子と李僕達だ」

 

それを聞いた李信は、「李牧を死刑にしようとしたり、助けたり、また殺そうとするって・・・何やってんだ趙の王族は!」と怒りますが、蒙恬も「さすがにちょっと同情するな・・・」と言い、この場を去ります。

李牧のことを考える李信。

趙人同士の殺し合い

太子派の一族を次々と殺していく郭開(かくかい)

郭開は末子・遷(せん)の庇護者(ひごしゃ)となり、再び実権を握りました。

 

郭開(かくかい)は、「人気も実力もある嘉(か)と李牧は決して生かしてはおけぬ、邯鄲(かんたん)中の兵を使ってでも首を取って来い!」と命令します。

 

嘉(か)を馬車に乗せ、邯鄲から脱出しようとする李牧達。

李牧は、自身の知人が治める城・法紹(ほうしょう)まで走ると大使に伝えます。

そして、「とにかく生き延びるのです、嘉(か)様が死ねばこの国の光も消えてしまいます、どうか再起の日が来るまで何としても・・・それまで我々が守り抜きます故、太子はお気持ちを強く・・・」と言いますが、前方から敵兵が。

 

自分達の五倍はいると思われる敵兵に、一点突破を試みる李牧。

カイネは李牧に、馬車の中に戻るよう言いますが、李牧は、そんな余裕はないと言い、馬に乗ります。

 

李牧はカイネに言います。

「意図せずこんな小隊で馬を並べるのは、雁門(がんもん)以来ですか、カイネ」

 

カイネは、「雁門でもなかったですよ」と答え、「そうですね・・・雁門ではカイネとは喧嘩ばかりでしたね」と疲れた表情で答える李牧。

その様子に、「り・・・李牧様・・・」と心配そうなカイネ。

 

李牧達は敵兵と正面からぶつかりますが、一点突破で抜け出すことに成功します。

敵兵は、「逆賊、嘉(か)の首を取れ!」と叫び、馬車の中の嘉(か)は両手で顔を覆い悲しみます。

 

李牧に気づいた敵兵は矢を放ち、矢は李牧の腕に突き刺さります。

李牧を守るため敵兵と戦うカイネ。

 

カイネは泣き叫びながら敵兵を殺していきます。

「何でだっ!こんなのおかしいだろ、趙人(ちょうひと)同士で・・・しかも、よりによって李牧様に刃を向けるなんて・・・こんなのおかしいだろ!」

 

太子と李牧の一団は数を半数以下にしながらも、舜水樹(しゅんすいじゅ)と傅抵(ふてい)が押さえていた北門から何とか脱出。

邯鄲(かんたん)から追手が出たが、城外に待機していた馬南慈(ばなんじ)の中隊が合流しこれを追い払う。

 

続いて今度は同じく城外で待機していた邯鄲(かんたん)軍が動き、李牧達を含む馬南慈軍に襲いかかるが、馬南慈軍は数で圧倒する邯鄲軍に対し、嘉(か)と李牧を北へ逃がす盾となった。

 

そうして一団はようやく法紹(ほうしょう)に到着し、多くの犠牲を出した逃走劇は終わり、ここで李牧と嘉(か)は別れた。

李牧が燃え尽きた!?

嘉(か)との別れ際、馬南慈の所まで戻ると言う李牧。

そこから何とか巻き返しの策を探ってみると李牧は言います。

 

しかし嘉(か)は、「もう、終わった」と言います。

「次の王は父王も超える暗君(あんくん)になるであろう、あの遷(せん)だ」

「この国は、もう終わった」

 

嘉(か)は地面に両膝をつき、泣きながら言います。

「許せ・・・なんという愚かな王族か・・・許してくれ李牧・・・許してくれ」

 

嘉(か)と別れた李牧は、テントの中で馬南慈(ばなんじ)と傅抵(ふてい)の状況をカイネから聞きます。

カイネは、邯鄲(かんたん)内の様子も伝えようとしますが、「もう明日にしましょう」と力無く答える李牧。

 

李牧はカイネに、少し休むよう言いますが、「李牧様が休まれたら私も休みます」とカイネは言います。

 

李牧はカイネに、「我々が雁門(がんもん)を出て、何年経ちましたか・・・」と聞き、「どうしてですか?」と、カイネも疲れた表情で聞き返します。

李牧は、「いえ、何となく聞いただけです」と答えます。

 

李牧はカイネに言います。

「おそらく・・・もう嘉(か)太子の王位継承は無理でしょう、こんな時期にこの国は・・・私達は一体何をしているのか・・・」

「・・・さすがに、ちょっと疲れましたね」

 

そう話す李牧の後ろ姿は憔悴しきっており、その姿に涙をながすカイネ。

 

カイネはテントから出ようとしますが、カイネを呼び止める李牧。

そして李牧はカイネに頼みます。

「もう少しだけ、そこに居てくれませんか」

 

カイネは李牧の背中に両手を添え、泣きながら言います。

「カイネは・・・李牧様の側にずっと居ます、何があってもずっと・・・ずっと側に居ますよ」

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

第3シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム646話の感想

前回あたりから話の内容が胸糞悪い感じでしたが、今回の646話は李牧が不憫すぎて見てられませんでした。

顔も疲れ切り、憔悴しきったその姿は、完全に燃え尽きたような状態です。

そんな李牧を、ずっと側で守ってきたカイネ。

そして、これからも何があっても側にいるとカイネは言いますが、そんな二人が本当に可愛そうで泣けてきました。

もうさっさと趙を落として二人を楽にしてあげて欲しいです。

 

キングダム647話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】647話ネタバレ!

(7/9更新)