【ヒロアカ】174話ネタバレ!ラブラバはハッキングのプロ




ヒロアカ174話のネタバレになります。

前回、エリちゃんに踊ると言ってしまったデクですが、芦戸からクビ通告を受けてしまいます。

デクは本当にクビになるのか?

そして174話では再びジェントルとラブラバが登場しますが、ヴィランとわかっていても嫌いになれない二人です。

スポンサーリンク

デクはクビ!

芦戸からクビ通告を受けたデクですが、正確には人手不足の演出隊からの引き抜きとなります。

序盤でダンサーからミラーボールに変身する青山をフロア全体に行き渡らせる必要があり、大掛かりな装置もなく人力で動かせるパワー担当が必要。

そこで声がかかったのがデクです。

 

青山が離脱するのと同じタイミングで離脱するため、正確に出番が削れるということです。

切島もデクに頭を下げ、デクも出番があるならエリちゃんに嘘をついたことにならないと、演出隊からの引き抜きを承諾します。

 

芦戸は、デクは最近青山と仲が良いからきっと良いよと言いますが、やはり脱糞の一件以来デクと青山は仲が良いと思われてるようですねw

青山の脱糞はこちらの話になります。

>【ヒロアカ】168話ネタバレ!青山脱糞!!

 

デクの新アイテム

早朝からオールマイトと遠距離攻撃の修行に励むデク。

基本的にはこれまでにやってきたことなので、できることはできるが、これまで以上にギリギリを攻めるコントロールになると難しい様子のデク。

 

デクはオールマイトにコツのようのものを聞きますが、オールマイトは「わからん」と答えます。

自分はなんとなくすぐに100%扱えたと言い、その上で言えることは最初期に伝えたイメージを作ることだとアドバイスします。

デクがイメージを繰り返している時、球体の形をした機械が飛んできますが、飛んできた機械を余裕でキャッチするオールマイト。

ヒロアカ174話

 

筋力は落ちたとはいえ、これくらいは余裕なんですね。

 

現れたのはサポート科の発目でした。

ヒロアカ174話

 

オールマイトと特訓をしているところを見られるのはマズイと焦るデクですが、発目はたまにここら辺でベイビーのテストをしていると、デクとオールマイトには興味ないようですw

ちなみに、今回のこの球体の機械は”小型第3の目ベイビー”だそうです。

 

発目はデクに、この前頼まれた”新アイテム”と丁度似たような性能のベイビーがいたので、デク用にカスタマイズしていると言います。

申請が通ったらすぐに渡すことができると。

 

デクは文化祭のあとで良かったのにと言いますが、発目は

発目

「絵描きが休憩に絵を描くのと同じです」

「元があるので時間もかかってないんですよ!」

引用:ヒロアカ174話

 

なんかわかるようなわからないような・・・とりあえず「ありがとう」と感謝を述べるデク。

スポンサーリンク

オールマイトがサポートアイテム?

デクと発目のやり取りを聞いていたオールマイトは、アイアンソールのアイテムと思ってましたが、デクから今回の新技で試したいことがあると聞きます。

オールマイトも昔サポートアイテムを試したことがあると言いますが、サポートアイテムを使うイメージがないオールマイトなので、その話にデクは驚きます。

 

オールマイトが試した時は、20〜30%の力に合わせた装置でもずいぶんかさばったとのことで、中・遠距離主体ならまだしも、近接主体のオールマイトではすぐに壊れてしまったと。

結果的にはなにもつけずこの身一つで戦うことを選んだと、久々のマッスルフォームを披露します。

ヒロアカ174話

 

アイテムで補強するのは素晴らしいアイデアだが、くれぐれも頼りすぎることのないようにとオールマイトは忠告します。

そして、アイテムを失ったら力が発揮できない、そんなヒーローを多く見てきたとオールマイトは言います。

 

ジェントルからの警鐘

174話ではジェントルとラブラバも登場します。

昨今、ヒーローへの不安不満が充実しているのは、ひとえにヒーロー達が不甲斐ないからだとジェントルはラブラバに言います。

ヒーロー達に足りないのは不測の事態への備えであり、それは危機意識の低さだとジェントル。

 

この時勢に文化祭を開こうとうい考えがその表れだと話すジェントルに、ラブラバは「前途ある子供たちまで巻き込むことになるのは、はたしてどうなのかしら」と、すごくまともな意見を述べるので驚きましたw

 

そんなラブラバにジェントルは「これは警鐘だ」と言います。

私の侵入によって卵たちもまた強く育つのだ!!と叫ぶジェントルに、「真に憂いてるが故なのね!!かっこいいわジェントル!!」と床に倒れるラブラバ。

 

さっきまで凄くまともな意見を言うと思ったラブラバですが、相変わらずでしたw

 

ラブラバはハッキングのプロ

ジェントルとラブラバは当日のルートを確認します。

朝の5時からスタートし、朝7時からは90分のティータイムを計画しているジェントルに、いつになく入念な下調べだとラブラは言いますが、朝7時からスタートでよくね?

そもそも90分のティータイムは予定に入れる必要なくね?

 

ちょっと疑問に思うところもありますが、最終的に校内に侵入するには、雄英バリアと呼ばれるセンサー感知式セキュリティを無効化する必要があります。

そこで出番なのがハッキングのプロであるラブラバ。

ヒロアカ174話

 

ラブラバには本当に感謝していると改めてお礼を伝えるジェントル。

ジェントルはラブラバとの出会いを思い出します。

 

苦手なハイテクを学び動画デビューをしたものの、見向きもされず稀に来るコメントも辛辣なものばかり。

そんなある日、ジェントルの自宅を突然訪問したのがラブラバでした。

ヒロアカ174話

 

その後、編集や企画を二人で行うようになり、ジェントルの動画はみるみると伸びていきました。

 

ジェントルは今回の案件に自慢のヒゲと魂をかけていると言います。

世の為、人の為、自分の夢の為、そしてラブラバの想いに応える為にと話すジェントル。

そしてその言葉を泣きながら聞くラブラバ。

 

まとめ

ジェントルとラブラバ。

なんかいいですよね。ヴィランとはいえ憎めない二人です。

ダンス隊から外れたデクはある意味フリーになったのかと思われるので、当日はジェントルとラブラバの動きに気づいたデクが二人を止めるような流れとなるのでしょうか。

 

ヒロアカ175話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】175話ネタバレ!デクとジェントルが早くも遭遇!

スポンサーリンク