【ブラッククローバー】166話ネタバレ!パトリが完全復活




ブラッククローバー166話のネタバレになります。

前回、黒の暴牛アジトと黒の暴牛メンバーの最強っぷりを発揮しましたが、166話では黒の暴牛側ではなくエルフ側、ウィリアム・ヴァンジャンスとパトリの話がメインとなります。

そして166話でパトリが完全復活しリヒトのもとへと向かいます。

スポンサーリンク

ウィリアムの幼少時代

ブラッククローバー166話

166話はウィリアムの回想シーンからはじまります。

ウィリアムは物心ついた時から自分の中にパトリが眠っていることを感じていました。

 

パトリはひどく傷ついていて、ひどく怒っていて、ひどく悲しんでいるように感じました。

そんな弱い存在を自分が守らねばと思ったから、自分だけの体ではないと思ったから、一人ではないと思えたから、辛く孤独な幼少時代を生き抜けられたと。

 

9歳の頃からある夢をよく見るようになります。

それはリヒト達エルフの幸福な日々と不実と絶望と憎悪の結末。

ウィリアムはパトリを守ることが自分の使命だと思うようになります。

 

ユリウスとの出会い

ブラッククローバー166話

13歳で後の魔法帝ユリウスと出会います。

自分を初めて認めてくれた不思議な人だったと回想するウィリアム。

優しく、偉大な人で、授与されたグリモワールはユリウスに捧げようと誓います。

 

パトリの目覚め

ブラッククローバー166話

16歳のとき、パトリは目覚めました。

当時ウィリアムはユリウスが団長を務める”灰色の幻鹿(げんろく)”の新人として活躍しており、パトリもグリモワールを授かったことで一つの肉体を二つの魂で共有することとなります。

 

ウィリアムとパトリは徐々に魂で意思疎通ができるようになり、互いに魂を切り替えられるようになります。

そしてウィリアムは、パトリには絶対に成さねばならない使命があることを知ります。

スポンサーリンク

パトリの使命

パトリの使命は自分のもう一人の大切な人であるユリウスを、国を裏切る行為だと自覚するウィリアム。

ずっと共に生きてきた、同じ体に生まれてきた双子のようなパトリと、生きる道を指し示してくれた、魔法騎士の頂点に立つ恩人ユリウス。

 

どちらを選ぶべきか迷うウィリアム。

仲間を傷つけながらどちらにも味方をし、最終的にパトリとユリウスに委ねてしまった最低な男だと自分を卑下します。

 

結果はパトリの勝利。

 

「ごめんなさい」とユリウスに謝罪するウィリアム。

「おめでとう」とパトリを祝福するウィリアム。

 

パトリの願いが叶う時が自分達の別れのときだとウィリアムは言います。

 

ブラッククローバー166話

 

そして、パトリに別れを告げ、願わくば・・・

 

パトリが完全復活

ブラッククローバー166話

ウィリアムが願わくば・・・と話したところで眠っていたパトリが目を覚まします。

パトリは不完全だった転生が完全になり、完全復活したことを実感します。

そしてそれによりウィリアムは深い終わりのない眠りについたと。

 

パトリは自分の唯一の人間の友であるウィリアムに感謝を述べ、これでもう自分に殺せない人間はいないとパトリは言います。

リヒトはライア達と王都に向かっているはずとパトリは言い、リヒト達と合流するためクローバー城へ向かいます。

 

人間のくだらない差別の中心で、最も憎き王族が住む場所。

自分達エルフの復讐の終着点だと、激しい憎悪とともにパトリはクローバー城へ向かいます。

 

ラデスが生きていた

パトリが立ち去った後には、白夜の魔眼のラデス、ヴァルトス、サリーが倒れています。

三人共パトリに倒されたわけですが、ラデスが屍霊魔法を進化させ復活します。

ブラッククローバー166話

 

転生の瞬間、命の危機感、激しい憎悪と怒りが死者の肉体を操るのみだったラデスの屍霊魔法を成長させ、魂を操る真の屍霊の完成となりました。

進化した魔法は転生の贄とされかけた魂をギリギリのところで肉体に呼び戻しました。

 

自分を騙し、利用し、殺したと、激しい憎悪と怒りをあらわにするラデス。

エルフの人間を恨む気持ちと変わらないくらい激しい憎悪です。

 

ラデスはヴァルトス、サリーを復活させ、二人に「ギリギリ間に合ったお前らは運がいい」と言い、さらに「一緒にパトリを殺すぞ」と叫びます。

 

一方、アスタ達は倒したエルフを人間に戻します。

「暴牛最強」と興奮しているアスタですが、そこへラデス、ヴァルトス、サリーの三人が現れます。

ブラッククローバー166話

 

ラデスは自分の復讐のために黒の暴牛を利用してやると言いますが、ラデスの利用とは黒の暴牛を操るということですよね。

これはラデス対黒の暴牛の展開となるのでしょうか。

 

ヴァルトスとサリーはエルフにはなりませんでしたが、全く生気が感じれらません。

完全にラデスの操り人形といった印象ですが、実際はどうなんでしょうね。

次回の展開に期待です。

 

まとめ

166話はウィリアムの回想がメインの話となっています。

完全復活したパトリですが、ウィリアムはもう登場しないのでしょうか。

そして、今回の転生魔法の首謀者的な存在であるパトリ。

そのパトリが完全復活したことで戦況がどうなるのかも気になるところです。

 

ブラッククローバー167話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】167話ネタバレ!アスタ王都に到着!

スポンサーリンク