【キングダム】608話ネタバレ!再び王翦 対 李牧の展開に




キングダム608話のネタバレになります。

前回、王翦(おうせん)が李牧(りぼく)を勧誘するというまさかの行動にでました。

李牧の回答に注目が集まる中、李牧が出した応えとは!?

スポンサーリンク

王翦対李牧の展開へ

李牧に一緒に来るよう声をかける王翦。

王翦

「お前が私と組み、力を貸すなら、二人で全く新しい最強の国を作ることが出来る」

 

王翦の誘いに驚く趙(趙)軍ですが、王翦が秦(しん)軍の大将軍でありながら、国を作ると言ったことにも驚きます。

倉央(そうおう)と田里弥(でんりみ)は無言。

 

李牧が口を開きます。

李牧

「・・・王翦」

「私はあなたのことをそこまで詳しくは知りません」

 

「しかし」

 

ざわつく趙軍

カイネ

「!?」「えっ!?」

 

傅抵(ふてい)

「!?」「えっ!?」

 

李牧

「これはあくまで私の直感ですが」

「あなたは国を亡ぼすことはできても、国を生み出すことはできない人間です。」

 

「王翦、あなたは恐らく、この場にいる誰よりも愚かな人間だ」

 

王翦

「・・・それが、応えか、李牧」

「あえて報われぬ道を選ぶか」

 

李牧

「・・・報われぬとかそういう話ではないのですよ」

「おっしゃる通り、私の双肩には趙国の命運がのしかかっている」

「だから”どんな苦境でも”全てをかけて戦うのです」

 

「・・・”大義”です」

 

「己を最上に置く歪んだあなたには理解できないでしょうが」

 

王翦

「・・・悲痛な叫びにしか聞こえぬな、李牧」

 

李牧

「・・・そうでもありませんよ」

 

カイネの顔がアップなり

「私はある時から、守るものがあった方が燃えるようになりましたので・・・」

 

「趙国を亡ぼすことは私が決してさせませんよ、王翦」

 

矛を上げて合図を出す王翦

王翦

「必ず後悔するぞ、李牧」

 

田里弥

「!?」

 

倉央

「!?」

 

カイネ

「あっ!」

 

李牧

「あなたの方です」

 

王翦

「李牧を殺せ」

 

王翦の命令と同時に飛び出す秦軍。

趙軍も李牧を守るため一斉に飛び出します。

 

倉央

「号令がかかったぞ、李牧の首を取るぞ糸凌」

 

糸凌

「御意」

 

田里弥

「第三陣、王翦様の周りを固め後方へお連れしろ」

「第一陣、李牧を逃がすな、左右から包囲だ」

 

対する趙軍

傅抵

「よっしゃ行くぞ、王翦の首すっ飛ばしてこの戦、終わらすぞ」

 

カイネ

「王翦は傅抵に任せる、まずは李牧様を救援だ」

 

後方へと誘導される王翦と李牧

王翦

(李牧)

 

李牧

(王翦)

 

王翦

(程なくして右翼が抜けてくる・・・)

 

李牧

(秦右翼を頼みとしてもムダですよ・・・)

 

王翦・李牧

(お前に・あなたに・勝ち目はない!)

 

再び王翦 対 李牧の展開になります。

スポンサーリンク

弓矢兄弟の仁(兄)に死亡フラグ

秦右翼の戦場では信(しん)が戦っています。

息が荒く辛そうな信

(くそっ何で力が戻らねェ・・)

(傷口とかじゃねェ・・・昨日の・・・趙峩龍(ちょうがりゅう)との一戦が想像以上に”重かった”のか・・・)

 

十槍の平秀(へいしゅう)に苦戦する我呂(がろ)

平秀

「”第三槍”この平秀に対しよくやった方だ、誇れ」

「そして死ね」

 

我呂にとどめを刺そうとした瞬間、矢が平秀の右手首を貫きます。

平秀

「!?」

(矢だと)

 

動きが止まった平秀を我呂が倒します。

 

十槍の一人を倒したことに周りは興奮します。

兵士

「大丈夫か我呂」

 

我呂

「ああ、矢に助けられた」

「今のは間違いなく」

(弓矢兄弟の仁(じん)の矢だ)

 

矢を撃ち続ける仁

兵士

「よし、さすがだ仁、我呂さんを助けたぞ」

 

淡(たん)

「・・・兄ちゃん、今の・・・」

 

「ああ、たまたまだ」

 

兵士

「え!?」

 

「頭を狙ったのに外れてたまたま手に当たった」

 

「・・・・・」

 

「淡、矢の補充を」

 

(もう・・・腕も弓も限界がきてる・・・)

(連日撃ち続けているから・・・兄ちゃんはずっと、ずっと・・・)

 

淡は矢を撃ちますが当たりません。

涙を流す淡

(なのにオイラの矢は当たらない、兄ちゃんはずっと頑張ってるのに、オイラの矢は・・・)

 

そんな淡に仁は言います。

「・・・淡、ムリに撃たなくていい」

 

「兄ちゃんでもっ」

 

「だけど兄ちゃんと約束しろ、淡」

 

「!?」

 

「兄ちゃんが撃てなくなったら、その時は代わりにお前が撃て」

「この戦争には俺達兄弟の力が必要なんだ」

 

涙を流しながら仁の話を聞いた淡は返事をします。

「分かった、分かったよ兄ちゃん」

 

「淡、矢だ」

 

「うん」

スポンサーリンク

王賁と尭雲が再戦へ

戦場に王賁(おうほん)の旗が翻ります。

対峙する王賁と尭雲。

尭雲

「来たか、王賁」

 

以前、尭雲の腕を槍で貫いた王賁。

王賁を一度戦線から離脱させた尭雲。

 

宿命の再戦となります。

 

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

おそらく映画のキングダムも視聴できるようになると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム608話の感想

休載明けのキングダムですが、原作では一日しか経過していないようです。

 

王翦の誘いに乗らなかった李牧。

李牧が言う、”王翦が国を生み出すことはできない人間”というのには、正直納得でした。

そして、李牧の”大義”、さらには”守るもの”でカイネの顔がアップになったのには、感動しました。

前回までは王翦スゲーって感じでしたが、やっぱり李牧もカッコイイなと。

 

奮闘する弓矢兄弟の兄・仁ですが、淡に遺言のようなことを話していました。

仁の活躍っぷりがすごいだけに、逆に死亡フラグのように感じてしまいます。

同時に淡の覚醒の予感でもありますが・・・。

 

王賁と尭雲、宿命の再戦となりそうです。

ここで王賁が尭雲の首を取ればかなり面白い展開となるのですが、今後の展開に期待です。

 

キングダム609話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】609話ネタバレ!王賁と暁雲の因縁の対決がはじまる

スポンサーリンク