【ヒロアカ】277話ネタバレ!自分の意志でオールフォーワン以上を目指す死柄木

【ヒロアカ】277話ネタバレ

ヒロアカ277話のネタバレになります。

身体能力もオールマイト級に強化され、イレイザーヘッドの「抹消」で個性を使えなくしても”素の力”でエンデヴァーの上をいく死柄木。

生徒たちのことを想い、自分が死ぬわけにはいかないと決意するイレイザーヘッドですが、デクと爆豪も、相澤先生を守るため参戦します。

 

前回のヒロアカ276話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】276話ネタバレ!死柄木の身体能力がオールマイト級に向上

デクと爆豪も参戦

グラントリノから言われた「最悪を考えろ」を思い出し、死柄木に飛び込むデク。

デクがこの場にいることに驚くグラントリノとイレイザーヘッドですが、「死柄木が個性を使えないなら、僕らも戦力に!」とデクは言います。

 

脳無が現れたことで、ヒーロー達が集まれない現状に、死柄木への戦力が足りなくなると考えたデク。

ここで「抹消」が解かれ、また崩壊を起こされたら・・・。

 

デクは言います。

「最悪は先生を失うこと!ずっと!守ってきてくれた先生を失うことです!」

 

イレイザーヘッドは、以前、デクに言った言葉を思い出しながら、デクの成長に胸が熱くなります。

(緑谷出久、おまえの力じゃヒーローにはなれないよ)

 

デクは”黒鞭(くろむち)”で死柄木の動きを封じ、爆豪は「合理的に行こうぜ!」と叫びながら、連続で爆破を起こす「徹甲機銃(A・P・マシンガン)」で攻撃します。

しかし死柄木には効いておらず、「花火でもしてんのか?」と死柄木は言い、爆豪へ向かって突っ込みます。

 

黒鞭で死柄木の動きを封じているデクですが、パワー負けして逆に引きずられます。

一瞬で爆豪の目の前に移動した死柄木は、「ごめん、もう君に興味ないんだわ」と言い、爆豪を攻撃しようとしますが、間一髪、エンデヴァーが飛び込み死柄木にパンチを食らわせます。

 

エンデヴァーのパンチを腕で防いだ死柄木ですが、エンデヴァーのパワーで吹き飛ばされます。

 

エンデヴァーはデクに、「ショートは!?」と聞きますが、「二人だけです!」と答えるデク。

吹き飛びはしたものの、ダメージは負っていない様子の死柄木。

 

死柄木は両足でしっかりと着地し、「あと一手ってとこなんだけどな・・・よし」と言います。

 

エンデヴァーはデク達に、今の死柄木の状態を説明します。

「身体能力も人並外れとる、オールマイト並のパワーとタフネスだ」

 

イレイザーヘッドは、「目を閉じない限りはその力だけです、なるべく長く保たせます」と言い、エンデヴァーはデクと爆豪に、「来てしまったものはしょうがない・・・”何故か”は今問わぬ!」と言います。

 

デクをさらってこの場から去ろうと考える死柄木。

狙いをデクに定めて飛び込んできます。

 

迎え撃つエンデヴァーは、「イレイザーをサポートしろ!バクゴー!デクを守れ!」と叫び、死柄木へ向かっていきます。

オールフォーワン以上を目指す死柄木

死柄木の頭の中に再びオールフォーワンの”声”が。

(ワンフォーオールを手に入れろ、俺のものになれ、弟よ)

 

違和感を覚える死柄木とデク。

 

エンデヴァーは無数の縄状の炎「ヘルスパイダー」で死柄木を捕獲しようとします。

 

オールフォーワンの声のことを考える死柄木。

(弟?違う、俺は喋ってない)

(・・・我が強すぎるぜ先生、俺の力だ、俺の体だ)

(あんたの幻聴にそそのかされてるわけじゃない!)

 

死柄木はオールフォーワンがオールマイトに倒された日のことを思い出します。

(あの時、考えてたんだよ、悪の支配者と呼ばれた程の男でも、最後はたった一人の力にねじ伏せられる)

(今まで育ててくれたこと感謝してるよ、本当に)

(でも、あんたのようにはなりたくないんだ、あんた以上になりたいんだ)

 

エンデヴァーの「ヘルスパイダー」を避けながら死柄木は言います。

「だから黙ってろよ、俺の意志なんだよ」

マウントレディ vs ギガントマキア

エンデヴァーを攻撃しようとする死柄木ですが、グラントリノが死柄木を蹴り、死柄木の攻撃をそらします。

グラントリノは言います。

「当たれば致命、逸(そ)らすに限る、デタラメなパワーの男に稽古をつけていたんでな!」

 

そしてグラントリノは、死柄木にも言います。

「これ以上、志村の思いを踏みにじるな!」

 

それを聞いた死柄木は、「誰だよ」と答えます。

 

死柄木の存在は、皆を苦しめると考えるグラントリノ。

グラントリノは死柄木を殴ろうとし、グラントリノの後ろからはエンデヴァーも向かっていることに気づいた死柄木は、二人を攻撃しながら一瞬で上空へ飛びます。

 

デクを見つけた死柄木。

しかし、上空へ飛んだ死柄木の更に上には爆豪が。

自分のことに全く興味がないにも程があると爆豪は思いながら、「そいつは餌だ!」と叫び、死柄木に強烈な爆破を食らわせます。

 

地面に叩きつけられる死柄木。

あまりの威力に死柄木の体は地面でリバウンドし、無防備の死柄木に今度はエンデヴァーが「バニシング・フィスト」を食らわせます。

 

一方、その頃。

森の中ではヒーロー達の叫び声が。

「頑張れ!」

「絶対に押し負けるな!」

 

前へ進もうとするギガントマキアの両肩に手を当て、進行を阻止するマウントレディ。

マウントレディとギガントマキアの力比べが繰り広げられます。

 

マウントレディは、歯が欠けるほど食いしばりながら叫びます。

「言われなくても、行かせませんよ!」

 

次回のヒロアカは休載になります。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ277話の感想

オールフォーワンの”個性”を移植した死柄木。

このまま体や意志も乗っ取られるのかと思いきや、しっかりと自分の意思表示をします。

しかも、オールフォーワン以上を目指すと。

しかし、イレイザーヘッドの「抹消」とヒーロー達の共闘に苦戦し、エンデヴァーの強烈な一撃を食らいましたが、まだ戦えるのでしょうか。

 

そして、森の中ではマウントレディとギガントマキアの巨躯(きょく)対決が。

これは迫力満点ですね。

個人的にはマウントレディは好きなキャラなので、頑張ってる姿を見るだけでテンション上がります。

 

さすがにギガントマキアには勝てないと思いますが・・・それでも頑張ってもらいたい!!

 

ヒロアカ278話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】278話ネタバレ!

(7/20更新)