【約束のネバーランド】119話ネタバレ!ノーマンと再会したエマとレイ




約束のネバーランド119話のネタバレになります。

前回、ミネルヴァの正体がノーマンだったことに多くの読者が驚いたと思います。

このノーマンが本物なのか気になるところでしたが、119話で本物のノーマンであることが判明します。

ノーマンと再会したエマとレイ、そして他の子供達。

エマとレイがどんな表情になったかは読まなくてもわかりますよねw

スポンサーリンク

ノーマンと再会したエマ

ノーマンはあの日出荷されて鬼に食べられたと思っていたエマ。

そのノーマンが目の前にいることに信じられない様子です。

 

エマの名前を呼ぶノーマン。

エマは泣きながらノーマンに飛びつきます。

約束のネバーランド119話

 

ずっと会いたかった、無事で良かったとノーマン。

ノーマンが生きていることが夢みたいだとエマ。

 

エマはなぜ出荷されたのに生きているのかを聞きます。

あの日、自分だけ別の農園に送られ、そこでまた鬼に飼われていたと話すノーマン。

 

ノーマンはエマの顔に手を当て、エマの左耳が無いことに気づきます。

左耳はハウスに置いてきたが脱獄はできたとエマは言います。

 

ノーマンと再会したレイ

エマはレイも連れてきたとノーマンに伝え、皆を紹介します。

約束のネバーランド119話

 

大家族だと驚くノーマン。

 

GFの子供たちは信じられないようで言葉がありませんが、ノーマンが生きていたことを理解するとノーマンに飛びつきます。

アダムはノーマンの番号「22194」を繰り返しています。

 

ノーマンの方へ向かうレイ。

そしていきなりノーマンをビンタします。

 

「いいモノ見れただろ」

 

と言うノーマンに、涙を流して「ああ・・・おかげでな」とレイは言い、生きててよかったとノーマンとエマを抱き寄せます。

約束のネバーランド119話

スポンサーリンク

ノーマンも脱獄していた

ノーマンは出荷されたあとのことを話し始めます。

ノーマンがいた別の農園は「ラムダ7214」で、食用児の実験場だと説明するノーマン。

約束のネバーランド119話

 

そしてこの農園を脱獄したと言います。

共犯者を見つけ、ミネルヴァの支援者の力を借りてラムダを壊して出てきたと。

ノーマンに協力した支援者はスミーと名乗っており、シスター・クローネにペンを与えた人物だったと。

ただし、スミーも今は殺されてしまったとノーマン。

 

当主ピーターによる粛清で、ラートリー家に潜んでいた支援者は今度こそ一掃されたが、最後の一人であるスミーが死ぬ前にノーマンはスミーの情報と関係網を受け継いだと言います。

このアジトもスミーの関係網を使って築いたと話します。

 

あの放送もノーマンが行ったもので、自分がミネルヴァを名乗っていればエマ達にも辿り着けると思ったのと、楽園の造成、人脈の使用、ラートリー家への脅し、鬼達への宣戦布告、全てにおいてミネルヴァの名は色々と都合が良かったと。

 

レイはノーマンに聞きたいことが山ほどあると言います。

ラムダのこと、ハヤトやザジやこの集落の人間のこと、他にもあるがその前に1つ聞かせてほしとレイ。

農園を襲って壊してこの”楽園”をつくって、ノーマンは何をしようとしているのかとレイは聞きます。

 

レイの質問に答えるには、自分からも話しておかなければならない話があるとノーマン。

そしてノーマンは皆に聞きます。

なぜ鬼は人間を食べるのか?

食べなければならないのか?

鬼とはなんなのか?

 

約束のネバーランド119話の感想

ノーマンが本物でしたね!

そしてなぜミネルヴァの名前を名乗っていたのかも判明しました。

さらに次号では鬼の正体も判明しそうです。

一気に話が進みそうな感じで今から楽しみです。

 

約束のネバーランド120話のネタバレはこちらになります。

>【約束のネバーランド】120話ネタバレ!鬼が人間を食べる理由が判明

スポンサーリンク