【約束のネバーランド】120話ネタバレ!鬼が人間を食べる理由が判明




約束のネバーランド120話のネタバレになります。

ノーマンと再会したエマとレイ。

なぜノーマンがミネルヴァの名前を名乗っていたのかも判明しました。

レイはノーマンが何をしようとしているのかと聞きます。

そして120話でノーマンがしようとしていることが語られるのですが、そこには鬼が人間を食べる理由が関係していました。

スポンサーリンク

鬼が人間を食べる理由

なぜ鬼は人間を食べるのか、食べなければならないのか。

ノーマンからそう聞かれ、多くの子供達が「鬼はそういう怪物じゃないの?」と考えます。

 

ここでノーマンから鬼が人間を食べる理由が語られます。

鬼達は人を食べなければあの姿も形も保てない、形のない怪物だと言うノーマン。

 

鬼の最初の姿は誰も知らない。

恐らくは「細菌」に似た何かだった。

 

細菌は主に”分裂”により数を増やす。

変わらないただひたすらに増える同一個体(クローン)のコピー。

そんな細菌がどうやって進化・変容を遂げてきたのか。

答えは”突然変異”そして”遺伝子の水平伝播”である。

 

“遺伝子の水平伝播”とは、他の生物の遺伝子を(時に種を超えて)取り込むこと

約束のネバーランド120話

 

“彼ら(鬼)”の進化もそれに似ていた。

“彼ら(鬼)”は食べることで進化する。

 

食べたものの遺伝子を取り込みその形質を受け継ぐのだ。

虫を食べては虫のような何かに、魚を食べては魚のような何かになった。

それを繰り返す中で様々な形質を手に入れた。

様々な形へと進化していった。

約束のネバーランド120話

 

そして”彼ら(鬼)”はやがて、人間を食べた。

そうして人間に似た姿と高度な知脳、言葉や文化を獲得した。

 

人間は”彼ら(鬼)”の最大の好物となり、”彼ら(鬼)”はみるみる人間を超え人間の天敵となった。

驚異的な速度で進化・変容を遂げていく圧倒的存在。

人間は”彼ら(鬼)”を畏れ、鬼、怪物、悪魔、神、様々な名で呼んだ。

 

しかし”彼ら(鬼)”も一生物であり、その特性も利益一辺倒ではなかった。

“彼ら(鬼)”の速すぎる進化の代償、個体差はあるし元に戻るわけでは決してないのだが、食べ続けなければ形質を保っていられない。

鬼が人間を食べるのは、そうしなければあの形も知脳も保っていられないから。

 

一度知った人間の味を、知脳を、形質を欲して鬼は人間を食べ続ける。

“約束”の締結を経てもなお。

 

それが鬼の正体だと言い、ノーマンの話しは終わります。

鬼がなぜ人間を食べるのか、その理由が判明しました。

 

鬼は人間を食べて進化をするため色んな姿形の鬼がおり、だから農園をつくって食用児を養殖していたわけです。

スポンサーリンク

ラムダ7214は試験農園だった

ノーマンの話を聞いたレイは驚きます。

細菌みたいな単純な構造の生物ならともかく、これだけ複雑な生物と化してなおそこまで柔軟な遺伝子の組み替えが可能だなんてと。

これにはノーマンも「ありえない・・・まさに脅威だよ」と言います。

 

ただし、その分、良くも悪くもすぐに遺伝子情報が書き替わるため、極めて不安定な生き物だとノーマンは言います。

つまり農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶと。

 

この1000年、粗悪な量産肉を食べ続けて、下級の鬼達の形質保持能力は輪をかけて弱まっている。

早い個体なら半年も人間を食べなければ知恵を失い野に返るだろうと。

質の悪すぎる量産肉とそれに対する下級鬼の不満は、今や鬼達の社会問題になっているくらいだとノーマンは言います。

 

農園を潰せば鬼は野良鬼のようになる、だからノーマンは農園を潰していたことを知ったエマ達。

とはいえ、全ての農園を食用児だけで潰すことになるのだが、そんなことができるのかとの不安の声もありますが、「できるよ」とノーマンは言います。

 

ノーマンはエマ達に「ザジの力を見たでしょう」と聞きます。

ザジはラムダで生まれ、ラムダの実験の副産物だとノーマン。

 

もっと多種多様な高級肉を、もっと質の良い量産肉を、食欲と実験に伴って、今鬼が求める人間を、鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組んでありとあらゆる手立てで、手段を選ばず生み出している。

それが、試験農園アダム7214だとノーマンが説明します。

 

繰り返される投薬と実験、品種改良。

その過程で筋肉や神経系、感覚などにおいて異常な発達、変則的成長を見せる個体が予期せず次々と発生した。

それがザジやハヤト達でした。

ただし、ジンやハヤトはラムダではなく、その系列の新型量産農園の生まれだとノーマンは言います。

 

ネバーランドを終わらせる

ザジやハヤト達の力は鍛えれば鬼にも勝る戦力になる。

皮肉にも全て鬼がくれた。

高級食用児である自分達の知恵同様にとノーマン。

 

彼らイレギュラーを確保する意味でも、自分達はまずラムダと系列農園から襲い解放した。

今このアジトにいる仲間たちの何割かは未来のザジなんだとノーマンは言います。

 

そしてラムダの檻でずっと考えていたとノーマンは話します。

エマならきっと、家族みんなで笑って暮らせる未来を、そのためにも自分や家族だけじゃない、全食用児を救う道を望むと。

 

ノーマンも全食用児が笑って暮らせる未来を作りたいと言います。

だからそのための最善の方法は何か考えた。

策は既にあり、武器戦力、その他手配準備はできている。

人間の世界へ逃げるよりも何よりも、未来永劫、最も確実に最も安全に全食用児を救える方法。

 

鬼を滅ぼし全滅させる。

 

ネバーランド(大人になれない)世界はもう終わり、鬼世界に全食用児の楽園を築こうとノーマンは言います。

 

約束のネバーランド120話の感想

120話で鬼が人間を食べる理由が判明しました。

そしてなぜ上質な人間にこだわるのかもわかりました。

自分の遺伝子に影響するからなのですね。

遺伝子と聞くとゆっくりとしたイメージですが、もっと早い知脳や形態に反映される感じですね。

 

最後にはノーマンのセリフからネバーランドが「大人になれない」という意味であることが判明しました。

ピーターパンでも登場するネバーランドなので、「大人になれない」というのはなんとなくわかってましたが、改めて「大人になれない約束」と聞くと、なんて重いタイトルなんだと思いました。

 

ノーマンは農園を潰し鬼を全滅させる方法を示しました。

エマは新たな約束を締結させようとしていました。

今後2人がどのような行動をするのか楽しみですね。

 

約束のネバーランド121話のネタバレはこちらになります。

>【約束のネバーランド】121話ネタバレ!鬼の世界に食用児の楽園をつくる

スポンサーリンク