【ワンピース】959話ネタバレ!おでんの”侍”でありたい赤鞘9人男

ワンピース959話のネタバレになります。

約束の港に集まる予定でしたが、到着したのは錦えもん達、赤鞘9人男だけでした。

スマシを使って連絡をとる錦えもんですが、誰とも繋がりません。

しかも船出には最悪の天候。

それでも諦めない赤鞘9人男は、おでんの”侍”でありたいと、小舟を使って出港しようとします。

ジンベエはその後どうなった?

決戦2日前、戦力は4千200人になっていました。

錦えもんは皆に、残りの時間は移動と準備に使うよう指示を出します。

 

久里「伊達(いたち)港」では、フランキーとウソップが5千人乗れる船の仕上げに取り掛かります。

このあとのウソップとフランキーの予定は、編笠村の仲間と合流し、当日はサニー号で出発します。

 

各郷も準備に余念がありません。

“刀”等は鈴後から”お蝶”達が運んでくることになっており、防具はありもので準備。

使えるかわからない輸出用の兵器などは山程あります。

 

早く集まりすぎても人目につくため、当日の朝、「将軍行列」が都から港へ進み、それが鬼ヶ島へ向かってしまえば都は「火祭り」になるため自分達を気にする者はいなくなる。

夕方の少し前に集合するのがベストだと皆は打ち合わせます。

 

久里「編笠村」では、天狗山飛徹がルフィ達に刀と鎧を見せ、全て使っていいと言います。

早速、鎧と刀を装備するルフィ、ブルック、チョッパー。

もはや負ける気がしないと、すっかり侍になりきる三人。

それを見たロビンは、昆虫みたいで可愛いと微笑みます。

 

サンジはゾロも着ればいいのにと言いますが、スピードが落ちるだけだとゾロは答えます。

追い打ちをかけるサンジは、懸賞金が低いのだからとゾロに言います。

サンジの言葉に反応したゾロは、閻魔で崖ごと切断し、そのまま喧嘩をはじめようとしますがナミが二人を怒ります。

 

麦わらの一味以外にも、ミンク族のイヌアラシ三銃士もおり、当日は満月の周期だが月が隠れていなければいいと天気を気にします。

ミンク族が皆スーロン化すれば凄い戦力になるとナミは言いますが、スーロン化は時の運だとワンダは言います。

それよりも、ネコマムシとガーディアンズが間に合うことのほうが重要だとワンダ。

 

ルフィは海を見ながら言います。

ビッグマムが来たのにジンベエがまだ来ていない。

ジンベエのお蔭で自分達はビッグマムから逃れられたとルフィ。

 

最後尾を自ら志願したジンベエ。

ワノ国で待っていると伝えたルフィは、その時のことを思い出します。

 

まだ時間はある、生きているなら来るとゾロは言い、生きているし必ず来るとルフィは力強く答えます。

お鶴は死んだ?

花の都門外「えびす町」では、丑三つ小僧が現れたと話題になっています。

明日の”火祭り”に参加はできないが、これで水でも飲もうと町人達は話しています。

 

久里「おこぼれ町」、百獣海賊団の真打ちホールデムは、山賊の山は焼き払ったのに「農園」の食料が大量に盗み続けられていると言います。

町人達に、何か知っているな?と聞きます。

 

侍達が討ち入りの準備をしているとの噂を聞いた町人達は、それが原因なら気づかれるわけにはいかないと考えます。

どうすればいいのかとコソコソ相談していましたが、錦えもんの妻、お鶴が案内すると言い出します。

そのかわりみんなには手出ししないでくれと。

 

たくさんの食料が必要なくらい人手があるのかい?と錦えもんのことを考えるお鶴。

菊の丞を見て驚いたお鶴は、錦えもんがワノ国にいることを確信します。

こちらは自分に任せて、光月の国を取り戻してくれとお鶴は錦えもんに託します。

 

恐怖で震えるお鶴ですが、町人たちが自分達を庇うのはやめてくれと叫びます。

死ぬ前に腹一杯食いたいという夢は叶ったと町人達は言い、それを聞いたホールデムは怒ります。

おでんの侍でありたい赤鞘9人男

決戦前夜、郷を繋ぐ”大橋”を部下に爆破させるオロチ。

久里ヶ浜、希美〜兎丼間”大橋”、鈴後〜白舞間”大橋”、久里〜兎丼間”大橋”、久里「伊達港」、次々と爆破の指示を出すオロチ。

 

自分も未だに”侍達”を確認していないとオロチは言います。

20年前の”昔”から人が飛んで来たなど、誰かの首を実際に見なければ、仮に見たとしても信じ難いとオロチ。

ただでさえ家臣たちには信じてもらえず、康イエには笑いのネタにされたが、それでも確かな情報があるとオロチは言います。

自分の言葉を戯言と言うのも結構だが、自分には実行する権力があると笑うオロチ。

 

四千の戦力をよく集めたと感心するオロチですが、「常影(とかげ)港」へと続く全てのルートを破壊されては、誰一人そこへは現れない。

赤鞘9人男を孤立無援の絶望におとしめ、復讐のチャンスすら与えようとしません。

 

そして現在、兎丼「常影港」

小舟を出そうとする赤鞘9人男に、それは自害に等しいと止めるモモの助。

出直すことを提案するモモの助ですが、今日を逃せば次の好機は一年後だと錦えもんは言います。

 

これ以上の潜伏は不可能で、兎丼の制圧はすぐにバレる。

カイドウの軍が総出で謀反者達を狩りに来ると錦えもん。

 

食料を盗み続けるのも限界、久里を出る前に耳に入った、おこぼれ町の人達が罪を破り焼かれてしまった話。

そこには妻もいたと錦えもんは叫びます。

 

モモの助に、見逃して欲しいと錦えもんは言います。

自分達は、ここから逃げて生き恥を晒すわけにはいかないと。

 

自分はどうなる?とモモの助は聞き、日和様と共に生きていただきたいと雷ぞうは言いますが、勝手なことを申すなとモモの助。

お父上(おでん)も最初は一人だったと錦えもんは言い、アシュラ童子も、自分達はおでん様に出会わなければ、とうてい侍になどなれない未熟者揃いだと言います。

だからこそ、自分達は最後までおでん様の”侍”でありたいと。

 

錦えもんはおでんの言葉を思い出します。

何百年と続くこの”鎖国”には、光月に深く関わる理由があり、そしてやがて時は満ちる。

世界が動き始めるその前に、ワノ国を開国せよ。

 

ここで、おでんの過去の話になります。

39年前の花の都、都には当代きっての人気者がいました。

 

下駄を鳴らして都を歩くおでん。

男達は娘や女房を隠せと叫びます。

さらには、店を閉め、家畜を隠せと。

皆は、また船出に失敗した光月おでんが帰って来たぞと騒ぎます。

 

背中には大きな縄を結んだ仁王襷、腰には二本の刀、足下は下駄の出で立ちのおでん。

窮屈で圧死しそうだとボヤきます。

ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでワンピースの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ワンピース959話の感想

約束の港になぜ皆が現れないのかが判明した959話。

何も知らない錦えもん達、赤鞘9人男は小舟で出港しようとします。

最後までおでんの侍でありたいと。

次回からはおでんの過去の話になると思われますが、鎖国と光月の関係、気になりますね。

そして、おでんがどのような人物だったのか、こちらも気になります。

 

ワンピース960話のネタバレはコチラになります。

>【ワンピース】960話ネタバレ!光月おでんと傳ジローが登場!

(10/28更新)