【ワンピース】969話ネタバレ!おでんがバカ殿を演じた理由とは?

ワンピース969話のネタバレになります。

ワノ国に戻ってきたおでんは、ワノ国の現状を知り、オロチに斬りかかります。

ここでカイドウ登場かと思われましたが、意外な人物がオロチを守り、さらにおでんはバカ殿を演じます。

おでんがバカ殿を演じた理由とは?

 

前回のワンピース968話のネタバレはコチラになります。

>【ワンピース】968話ネタバレ!オロチに斬りかかるおでんだが・・・カイドウ登場!?

バリバリの実の前任者

オロチに斬りかかるおでんですが、オロチを斬ることができません。

何度もオロチに斬りかかるおでん。

しかし、バリアで包まれたオロチにはおでんの刃は届きません。

 

涙を流しながらビビっているオロチに、慌てることはないと琵琶法師の「黒炭せみ丸」は言います。

この老人、黒炭せみ丸はバリバリの実の前任者で、オロチはバリアで守られます。

バリアの中にはマネマネの実の前任者、老婆の黒炭ひぐらしもいます。

 

ワノ国では”妖術使い”と呼ばれていますが、海賊をやっていたおでんは、”能力者”であることをすぐに理解します。

 

身の安全を確信したオロチは、怒りと暴力で解決するなら、他の郷の大名達がとうにやっている、誰にも俺は殺せないと笑います。

 

おでんは、父親がオロチを「将軍代理」に推したらしいが、すぐに「将軍」の座を俺に渡せと叫びます。

そんな偉いものになる気はなかったが、お前よりいくらかマシな国にできると。

 

オロチは笑いながら、あの言葉に「将軍」の権力はないと言います。

すると、黒炭ひぐらしがマネマネの実でスキヤキの姿になります。

大名達が信じたのは、マネマネの実で化けた黒炭ひぐらしの虚言で、国中がそれを信じ自分に「将軍」の座を空けてくれたとオロチは説明します。

なので、おでんと交替する義理はなく、本物のスキヤキが何を考えてたかすら今となってはとオロチ。

 

おでんが城へ乗り込んでいったことに、花の都の町民達は大喜びします。

正当な「光月家」の跡取りが帰ってきた、将軍が替わる、きっとカイドウも追い出してくれる、オロチを追い出してくれる。

 

その時、町民達の中に毒矢が放たれ、2名が倒れ激しい吐血と共に失明します。

散々に屋内に逃げた町民達は、曇りゆく都の空に大きな龍を見ます。

バカ殿を演じるおでん

破天荒に育つも久里の大名になり、海へ飛び出し世界屈指の海賊達と肩を並べ、また何倍にも強くなって帰郷した男、天下無敵の光月おでん。

悪の力に苦しむ故郷で、人々の救世主となるはずだったが、数時間後、おでんは将軍オロチの城の前でふんどし一丁になり、踊っていました。

 

それを見て笑うオロチとカイドウの部下達。

おでんは、カイドウの部下達に土下座で媚びへつらい、わずかな賃金をもらって帰っていきます。

 

おでんの帰還は、国中の最後の希望でしたが、その想いは見事に裏切られ、人々は大きく失望。

やがてそれは怒りにさえ変わり、バカ殿おでんの歌まで誕生します。

 

久里のバカ殿、光月おでん♪

ヘビににらまれ腰抜かす♪(ヘビとはオロチの能力)

笑たら負けよ♪あっぷっぷ♬

 

その後、おでんは週に一度都に現れ、城の前でおどけて(裸踊り)わずかな金を貰う。

雨の日も、風の日も、雪の日も。

 

錦えもん達は、なぜこのようなことをするのか?本当の理由を聞かせてほしいと頼みますが、毎週、裸で踊って金を貰うのがおれの仕事だとおでんは言います。

 

おでんとオロチが対峙した時、天井裏で”しのぶ”がその様子を覗いていました。

おでんはなぜバカ殿を演じていたのかは、もしかするとしのぶは知っているのかもしれません。

 

おでんのバカ殿ぶりは久里にも伝わり、子供達からはバカ殿と呼ばれ、大人からは「みっともない」と言われるおでん。

 

そして一年後、今から24年前。

オロチから海外の新聞を受け取ったおでんは、海岸を走り大声で泣き、笑い、また泣いて砂浜を転がっています。

 

世界はちょうど”海賊王”ゴールド・ロジャーの処刑に沸き、彼の残した莫大な富”ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を求め、ありとあらゆる者達が海へ漕ぎ出していました。

大海賊時代の幕開けに、すげぇなお前!すげぇ人生だ!とロジャーを絶賛するおでん。

 

おでん帰還より2年目、「鈴後(りんご)」にてゲッコー海賊団と百獣海賊団の戦争が勃発。

同時に刀神リューマの墓荒らし事件。

そんな中でも、おでんは踊り続けていました。

 

おでんは妻のトキに、離縁するか?と聞きますが、それ冗談?怒るわよ!?とトキは笑い。

家臣達は、おでんの裸踊りは昔から見てるから珍しくないと笑い。

康家は、バカでも殿は褒めすぎだと笑い。

ヒョウ五郎とヒョウ五郎の妻もおでんを自宅に迎え入れ、おでんの踊りが上手くなったとヒョウ五郎の妻、おかみさんは笑います。

 

3年が過ぎ、4年が過ぎてもワノ国は何も変わりませんでしたが、5年目、オロチが動きます。

赤鞘九人男の由来が判明

久里にやってきた将軍オロチ。

おでんはオロチを土下座で出迎えます。

 

オロチは、土下座するおでんの顔を下駄で何度も踏みながら、ここに新しい武器工場をいくつか建てるので、協力するよう命令します。

おでんは、船の方は・・・!?カイドウと・・・と、オロチに言いますが、「何の話だ?」とオロチ。

 

オロチは、ワノ国を武器の生産国にすると言います。

さらに、ヒョウ五郎は自分の手に負えないからカイドウに譲ったと。

じき殺されるだろうが、それにすがりつくババーが撃ち殺されていたと笑うオロチ。

侠客の妻がみっともねぇ!と。

 

花の都にてワノ国の「裏の顔」、花のヒョウ五郎が捕らえられ、それに反発した子分が16名死亡。

ヒョウ五郎の妻も射殺。

 

家族と家臣の大方の予想通り、5年間、”何か”を一人で背負い込み続けていた、偉大な”侍”の張りつめていた糸が遂に切れます。

おでんは大粒の涙を流し、家臣達に言います。

 

カイドウを討つぞ!!

 

そのお言葉、ずっとお待ち申し上げておりました!と、家臣達は返事をします。

 

おでんを先頭に、錦えもん、カン十郎、雷ぞう、菊の丞、アシュラ童子、河松、傅ジロー、イヌアラシ、ネコマムシの十人は、カイドウの元へ向かいます。

 

ワノ国中が涙した、光月おでん、一世一代の大騒動。

彼に拾われ武士となった九人の男が揃い踏み、刻は夕刻、真紅に色づく太陽は、戦い勇む男達を炎のように赤く照らし、腰に差した刀も然り、燃ゆる命を映しこむ。

人々は後に、その強き忠義心を尊び、彼らを「赤鞘九人男(あかざやくにんおとこ)」と呼んだ。

 

敵はカイドウ、他に目もくれず、行く道は悲しくも過去の話。

行きつく先は光月おでんの公開処刑。

後世に語り継がれる「伝説の一時間」まで、まばたきなき様、お願い奉り候!!

 

ワンピース969話はここで終わりです。

ワンピースのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ワンピースのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでワンピースの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにワンピースのアニメも全てではありませんが、「見放題」作品が多数あります。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ワンピース969話の感想

マネマネの実の前任者に続き、バリバリの実の前任者も登場しました。

どちらも黒炭の人間で、このジジイとババアによってオロチは守られ将軍になりました。

問題は、あのおでんがなぜバカ殿を演じ続けていたのか?

 

その理由が気になるところですが、やはりワノ国の町民を護るためにバカ殿を演じていたのですかね。

理由も無しにバカ殿を演じるわけもなく、それには家族や家臣も気づいており、ただ、それが何なのかはおでんのみ知るところです。

 

しかし、ヒョウ五郎の一件で、遂におでんが爆発。

赤鞘九人男とカイドウを討つべく立ち上がりますが、このあと待っているのはおでんの公開処刑。

わかっていても、きっと泣くんだろうな・・・。

 

ワンピース970話のネタバレはコチラになります。

>【ワンピース】970話ネタバレ!

(2/3更新)