【七つの大罪】306話ネタバレ!エリザベスとメリオダスの呪いが解けた!




七つの大罪306話のネタバレになります。

前回、あの魔神王を倒し現世に完全復活したメリオダス。

万事解決と思われましたが、そもそもの原因であるエリザベスの呪いはまだ解決していませんでした。

しかし、306話で遂にエリザベスとメリオダスの呪いが解けます。

スポンサーリンク

リュドシエル死亡

リオネス王国国王のバルトラを魔神から守るスレイダーですが、急に魔神たちが撤退をはじめます。

その光景に「これは奇跡か?」と信じられない様子のバルトラとスレイダー。

魔神王が倒されたことで、他の魔神たちは撤退を開始したようです。

 

魔神王は消えましたが、精神体だったリュドシエルも消えかかっています。

何も見えなくなったリュドシエルに、全てが終わったことを伝えるマエル。

 

魔神王は消滅し驚異は去った。

すべては七つの大罪の尽力のおかげ、彼らはかつて誰にも果たせなかったことを成し遂げたと。

七つの大罪306話

 

そう話すマエルに、「甘いぞ」とリュドシエル。

魔神王を倒したところで、聖戦が終わるわけではないと。

しかし、その後すぐに「これは小さな一歩にすぎない」とリュドシエルは言います。

 

さらにリュドシエルは続けます。

「憎しみ合っていた女神族と魔神族が、互いに歩み寄るための一歩にな」

 

リュドシエルの言葉に、「その通りだわ」とエリザベスも同意します。

まさかリュドシエルからそのような言葉が聞けるとは思わなかったとエリザベス。

 

リュドシエルは、「忘れて下さい」と言います。

自分はこの不毛な聖戦にウンザリしただけだと伝えますが、「忘れないわ」とエリザベス。

「みんなを命がけで護ってくれたこと、ありがとうリュドシエル」とエリザベスは言います。

そしてマエルにも感謝するエリザベス。

 

「フッ・・」と笑みを浮かべリュドシエルは消滅します。

スポンサーリンク

エリザベスの呪いまであと1日

魔神王を倒し、メリオダスも団長も戻ってきたことで上機嫌のエスカノール。

しかし皆の顔は曇っています。

 

確かにメリオダスとバンが戻ってきたのは嬉しいが、一番の問題が解決していない。

エリザベスの呪いの刻限はあと1日。

しかしそれを解く手段は失われました。

メリオダスは呪いを解くために戒禁を取り込もうとしたが、結局、魔神王を討たざるを得なかった。

 

このままではエリザベスが死んでしまうとディアンヌは泣きますが、その話ならついているとエリザベスは言います。

自分はメリオダスが元に戻ってくれればそれが一番だと。

 

もしメリオダスが魔神王になれば、二度と会えなくなる。

けれど、自分は死んでも何度も転生するとエリザベス。

最初からエリザベスはそれを望んでいたが、本当にそれでいいのかとマーリンは聞きます。

 

そんな深刻な話の最中ですが、呪いを解く方法があるとメリオダスが言います。

 

煉獄を脱出する際、偶然たまたま、その力を手に入れたとメリオダスは言いますが、誰も信じません。

一緒に煉獄にいたバンでさえも、そんな力が都合よく手に入るわけがと言いますが、直後に「お前・・・まさか」と何かに気づいた様子。

スポンサーリンク

永遠の生と永劫の輪廻が解ける

メリオダスは、自分とエリザベスに掛けられた「永劫の生」と「永劫の輪廻」の呪いを解くため、自分とエリザベス以外は全員離れるよう言います。

そしてマーリンに「頼むぜ!!」と伝えると、マーリンが”露顕(カースディスカバリー)”で、呪いを可視化します。

七つの大罪306話

 

「消えてなくなれ」とメリオダスが言うと、姿が変わります。

七つの大罪306話

 

三千年も待たせて悪かったなとメリオダスは言います。

これでやっとお前との約束が果たせると。

 

エリザベスは、以前、メリオダスが言っていた、自分に残っているのはエリザベスとの約束を守ることだけだという言葉を思い出し、メリオダスに聞きます。

 

「約束を果たした後もずっと・・・私を好きでいてくれる?」

 

メリオダスは答えます。

 

「当たり前だろエリザベス、お前がウンザリするまで、ずーーーーーっとな」

 

そしてメリオダスは可視化した、「永劫の生」と「永劫の輪廻」の呪いを消します。

ついにエリザベスとメリオダスの呪いが解けました。

 

自分達の長い旅もようやく終わったとメリオダスは言いますが、「これから始まるの」とメリオダスに抱きつき泣きながら答えるエリザベス。

 

七つの大罪は皆が待つリオネスへ戻ります。

 

七つの大罪306話の感想

エリザベスとメリオダスの呪いが解け、3000年の旅が終焉へと向かいます。

もうこれは完全に最終話へと向かってますね。

どっからどう考えても終わるとしか思えないのですが・・・続くのか!?

続けられる方法があるのだろうか?

 

なんにせよ、メリオダスは「永劫の生」の呪いが解け、エリザベスは「永劫の輪廻」の呪いが解け、「普通」になりました。

バンも不死ではなく「普通」になりました。

もっと前には、ゴウセルも感情を取り戻し「普通」になりました。

エスカノールはマエルに恩寵を一時的に貸しましたが、もし完全に返してたら「普通」になるわけで。

 

みんな「普通」になっていき、ますます最終話の雰囲気しか感じられません。

 

七つの大罪307話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】307話ネタバレ!メリオダスの旅の目的の最後は?

スポンサーリンク