【進撃の巨人】111話ネタバレ!ニコロのワインはジークの脊髄液だった




進撃の巨人111話のネタバレになります。

108話でニコロが持っていたワイン、あの怪しいワインですが、111話でワインの中身がジークの脊髄液であることが判明します。

正確には「多分・・・ジークの脊髄液だ」と、ニコロもはっきりとはわかっていないようですが、おそらくジークの脊髄液で確定でしょう。

さらに111話ではガビとファルコがマーレから来た人間で、サシャを殺したことがバレてしまいます。

スポンサーリンク

新しい総統はピクシス?

アズマビト家キヨミの前で憲兵団と調査兵団は静かにお互いの考えを主張します。

進撃の巨人111話

 

フロックを含め100名余りの兵士が檻の中から看守と共に姿を消し、そして全ての兵がエレンの脱獄と同時に離反を開始。

総統の殺害もこの反兵団破壊工作組織「イェーガー派」の仕業とみて間違いないと憲兵団は言います。

 

憲兵団はハンジにイェーガー派の目的を聞き、ハンジはジークとエレンの接触を果たすことが全てだと答えますが、なぜイェーガー派は短期間のうちにここまで連携ができたのかと憲兵団。

エレンを担ぐということは、多くの兵士がジークの後ろ盾を信用しているということかとハンジに聞きますが、ジークを信じる、エレンを信じているんだろうとハンジは答えます。

 

自分達はジークを疑うだけで一歩も前に進まなかったが、結局イェーガー兄弟の「地鳴らし」に頼るしかエルディア国民に生きる道がないのなら、貴重な時間を浪費するばかりでエルディア国民の命を脅かしているのは兵団の方だ。

そう思う兵士が多数出てきてもおかしくなかったとハンジ。

 

そして何より今回の引き金となったのは、調査兵団に何の知らせもなく兵団がエレンから他の兵士へと「始祖の巨人」を移そうと動いたからだとハンジは言います。

憲兵団としては、このことを知らせていればどうなるかぐらい見当がついたと言い、ミカサがクローズアップされます。

進撃の巨人111話

 

憲兵団はイェーガー派の多くは調査兵団からだが、どう責任を取るつもりだとハンジに聞き、いくらでも処分を受けるが、今自分が兵団を退くことより無責任なことはないとハンジ。

しかもイェーガー派はまだどの兵団にどれほど潜んでいるのかわからないと答えるハンジに、目の前にいるお前たちが自爆してもちっとも不思議ではないと憲兵団。

 

お互い疑心暗鬼の状況ですが、この場を落ち着かせたのはピクシス司令でした。

進撃の巨人111話

 

エレン達がまず狙うのは、ジークの拘留地を知る者、そしてジークの代わりとなり得るヒストリア女王を押さえることのため、調査兵団にはジーク、憲兵団にはヒストリア女王をそれぞれ守るように指示を出すピクシス。

巨人の力を持つアルミンもより一層守りを固める必要があるとピクシスは言います。

 

アルミンは総統を失った今、自分達を束ね統率することができるのはピクシス司令だけだと伝え、その上で何か今後の展望があるか聞きます。

アルミンから今度の展望を聞かれたピクシスは答えます。

 

「エレンに降参しよう、これはもうワシらの負けじゃ」

 

自分達の敗因は多くの兵に兵団を見離す決断をさせたことだとピクシス。

 

総統を殺したイェーガー派に頭を下げることに納得がいかない憲兵団は、イェーガー兄弟に服従するのかとピクシスに聞きます。

それに対しピクシスは「服従ではない」と答えます。

 

自分達はイェーガー派にジークの居場所を教えることを条件にして交渉を図る、イェーガー派としてもこれから世界とやり合うことを考えているなら兵団と争っている場合ではないとわかっているはずだと。

従来通り「地鳴らし」の実験を見守り、これにエルディア国の存続を委ねるとピクシス。

 

ただし、自分達の親玉を殺された件をここに不問とする。

これで数十数百の同士が殺し合わずに済むのなら・・・と言ったところでピクシスは悔しそうに歯を食いしばります。

進撃の巨人111話

 

そして「安かろう」と続けます。

スポンサーリンク

アズマビト家の状況

ピクシスはアズマビトのキヨミに見苦しいところを見せたと謝罪します。

現状はキヨミ達の安全も絶対とは言えないので、事態の収拾まで港で過ごすよう伝え、キヨミもピクシスの言葉に従います。

 

ピクシスの号令で憲兵団、調査兵団のそれぞれが自分達の役割を果たすため動き出します。

キヨミはミカサの肩に手を添え、何かあったらすぐに自分達の船に逃げるよう伝えます。

 

ミカサはキヨミの言葉に感謝しながらも、自分はエルディア人であるため、母の血筋がどうであろうと自分を抱えてはアズマビトの方々に迷惑をかけてしまうと言います。

そして生まれ育ったこの島の行く末を見守りたいと思っているので、気にしないでくれとミカサ。

 

そんなミカサに、キヨミは自分達がここに来たのはミカサのため・・・と言ったところで、「地下資源がなくてもですか?」とミカサは聞きます。

言葉を失うキヨミ。

 

この国の主導権を握るのが誰であろうと、「地鳴らし」さえ成功すればという立場ですよね?とミカサはさらに聞きます。

ミカサの質問にキヨミは、「地鳴らし」の力が本物でなければ、本国ヒィズルからは自分達が勝手にやったとハシゴをはずされ、そうなればアズマビトはおしまいだと本音を漏らします。

 

これまでの投資も無駄骨となり、抱えた負債によりアズマビト家も最期を迎えると言うキヨミに、尚更頼るわけにはいかないとミカサは言います。

激動の時代の中でアズマビト家は変じてきたが、今や銭勘定に浅ましい女狐の汚名が轟く始末と成り果てたとキヨミ。

しかし、ミカサの母親が残した一族の誇りまでは失っていないと言います。

この国がどうなろうとミカサだけは守ると。

進撃の巨人111話

 

ニコロとサシャは恋人?

ニコロが働くレストラン。

そこにブラウス夫妻とそこで働く子供達が到着します。

そこにはカヤ、ガビ、ファルコもいます。

カヤはガビとファルコがマーレへ帰るには、パラディ島にいるマーレ人と接触すればなにか方法があるかもと考え二人をここへ連れてきました。

 

ブラウスさんが兵士でもないのになぜここに招待されたのかとガビは聞きます。

カヤは自分を助けてくれたお姉ちゃん(サシャ)はブラウスさんの娘で、葬儀に来たニコロがお姉ちゃん(サシャ)に食べてもらうはずだった料理を振る舞わせて欲しいと招待したと教えます。

 

カヤはニコロとお姉ちゃん(サシャ)は恋人同士だったのではと言いますが、マーレ人とエルディア人が恋人なんて絶対ダメだとガビ。

何で?と聞くカヤに、ダメなものはダメだとガビ。

ここでファルコは何か違和感を覚えますが、料理が美味すぎてそんなことはすっかり忘れてしまいます。

 

料理を作るのに忙しいニコロですが、調査兵団が尋ねてきます。

進撃の巨人111話

 

調査兵団がニコロを尋ねた理由は、マーレの義勇兵が拘束された件で聞き取り調査に協力してほしいとオニャンコポン。

 

ニコロは「わかった」と答え、調査兵団を別室へ案内します。

レストランの中にこんな部屋があったのかと驚くハンジ。

ジャンは上官達しか飲めないという噂のワインを発見し手に取りますが、「勝手に触るな!!」とワインをジャンから奪うニコロ。

 

さらにニコロは「これはエルディア人にはもったいない代物なんだ」とトゲのある言い方をします。

これにはジャンもニコロの胸ぐらを掴みますが、「触るなエルディア人」といつもと様子が違うニコロ。

スポンサーリンク

ニコロのワインはジークの脊髄液

ニコロはジャンからワインを取り返し部屋から出ていきます。

ここでニコロが大事にしていたワインは、108話で登場したあの怪しいワインです。

進撃の巨人108話

 

ニコロが別室から出ていったのを確認したガビとファルコ。

ファルコは腹痛を訴えトイレへ走り出し、ガビも付き添うため席を立ちます。

 

ガビとファルコはニコロの元へ行き、自分達がマーレから来た戦士候補生であることを伝えます。

進撃の巨人111話

 

「・・・は?」とニコロ。

 

この島にはもうじき世界中の軍隊からなる大攻勢が仕掛けられるはずとファルコ。

それまでどうか耐えてくれとガビも言いますが、戦士候補生がなぜここにいるんだとニコロは聞きます。

 

ガビはこれまでの経緯を話します。

1ヶ月ほど前にマーレのレベリオ区が島の悪魔共に奇襲を受け、信じられないかもしれないが、自分達は退却する敵の飛行船に飛び乗ったままこの島に上陸した。

ガビの話を聞き顔色を変えるニコロ。

 

ニコロはガビに「女の兵士を殺したか?」と聞き、「仕留めました!!」と力強く答えるガビ。

さらにガビは、まだ数匹駆除した程度で、自分達の故郷を蹂躙した報復はこれからだと得意げに語りますが、ファルコは先程の違和感を覚えガビを止めます。

 

ガビの話を聞いたニコロは「お前がサシャを殺したんだな!?」と、手に持ったワインでガビを殴りつけます。

とっさにガビをかばったファルコは、ワインで殴られ頭から流血し気を失います。

進撃の巨人111話

 

ニコロはガビを殴り、ブラウス夫妻のもとへガビとファルを差し出します。

ブラウス夫妻に娘のサシャを殺したのはガビだと教えるニコロ。

 

まだ子供だが厳しく訓練されたマーレの兵士で、人を殺す術に長けているため気をつけるよう説明するニコロ。

さらに調査兵団が退却する飛行船の中でガビがサシャを撃ったと伝えます。

 

ニコロの話を聞いたブラウス夫妻の顔が青ざめます。

ニコロはブラウスさんに包丁渡します。

もしブラウス夫妻が殺さないなら自分が殺すとニコロ。

 

ドアを覗いたアルミンは、事の重大さを理解し調査兵団の皆を呼びます。

ここでジャンはサシャを殺したガビに気づきます。

逃亡している聞いたガビとファルコをどうするつもりだとニコロに聞くジャン。

 

ニコロはファルコの首元に包丁を当て、全員にさがるよう言います。

そして自分はサシャの仇を討つだけだと。

ニコロはサシャはエルディア人で悪魔の末裔だが、自分には大事な人だったと言います。

サシャは誰よりも自分の料理を美味しそうに食い、人を喜ばせる料理を作るのが本当の自分だと教えてくれたとニコロ。

進撃の巨人111話

 

それがサシャ・ブラウスで、ガビに奪われた彼女の名前だとニコロは言います。

 

ガビも大事な人を殺された、サシャ・ブラウスに撃ち殺された、先に殺したのはそっちだと言いますが、どっちが先かなんて知るかとニコロ。

 

平行線のニコロとガビ。

ブラウスさんはニコロに包丁を渡すよう言い、ブラウスさんに包丁を渡すニコロ。

 

ブラウスさんは娘のサシャは狩人だったと話し出します。

小さい頃から弓を教えて森で獣を殺して食ってきた。

それが自分達の生き方だったから。

だけど同じ生き方が続けられない時代が来ることはわかっていたから、サシャを森から外に行かせた。

 

そして世界は繋がり兵士になったサシャは、よその土地に攻め入り人を撃ち、人に撃たれた。

結局、森を出たつもりが世界は命の奪い合いを続ける巨大な森の中にいたわけで、サシャが殺されたのは森をさまよったからだろう。

 

せめて子供達はこの森から出してやらないといけない。

そうしないとまた同じところをぐるぐる回るだけだ。

だから過去の罪や憎しみを背負うのは自分達大人の責任だとブラウスさんは言います。

 

ブラウスさんの奥さんに「ファルコを離しなさい」と言われたニコロは、ファルコを離します。

ファルコを抱きかかえるブラウスさん。

調査兵団に抑えられるニコロ。

ミカサはガビのケガを見ます。

 

ガビを心配するブラウスさんに、ガビは「本当に私が憎くないの?」と聞きますが、その時、背後からカヤがガビを襲います。

進撃の巨人111話

 

カヤの腕を抑えてガビを守るミカサ。

 

涙を流し息が荒くなるカヤ。

「よくも!!お姉ちゃんを!!」

「人殺し!!」

「友達だと思っていたのに!!」

 

アルミンに別の部屋へ連れて行かれるガビ。

ガビが最後に見たのは涙を流すブラウス夫妻とカヤでした。

進撃の巨人111話

 

ニコロはハンジにファルコの口をゆすぐよう言います。

もう手遅れだとは思うがあのワインが入ってしまったと。

あのワインに何が入っているのかとハンジは聞き、多分、ジークの脊髄液だとニコロは答えます。

 

進撃の巨人111話の感想

遂にガビとファルコの正体がバレ、二人の逃亡は終了となりました。

別室へ連れて行かれたガビですが、ブラウス夫妻やカヤの姿から何を思うのか、今後の展開や成長に期待です。

そして111話ではニコロのワインの中身がジークの脊髄液だと判明しました。

とんでもない計画というか罠というか、巨人化のスイッチとなるのはジークの叫び声ですが、そのジークは現在パラディ島にいるわけで・・・マズくないっすか?

このことはエレンは知っているのでしょうか?

また大きな動きがありそうな予感です。

 

進撃の巨人112話のネタバレはこちらになります。

>【進撃の巨人】112話ネタバレ!アッカーマン一族が強い理由が判明

スポンサーリンク