【ヒロアカ】191話ネタバレ!内通者の正体はホークス?




ヒロアカ191話のネタバレになります。

前回、能無(ハイエンド)を倒したエンデヴァーとホークス。

二人共満身創痍になりながら一件落着と思われたその時、ヴィラン連合の荼毘が登場します。

最悪の状況ですが、191話ではあのヒーローが助けに来ます。

そして、以前から内通者の存在が噂されていましたが、まさかのホークス!?

スポンサーリンク

荼毘登場

エンデヴァーとホークスの前に現れた荼毘。

エンデヴァーは目がかすみながらもヴィラン連合の荼毘だと認識します。

荼毘に「あのスナッチを殺害したそうだな」とエンデヴァーは言いますが、荼毘はスナッチが誰だかわかっていない様子。

それよりも少し話そうと言い、青い炎でエンデヴァーとホークスを取り囲みます。

ヒロアカ191話

 

テレビ局はヘリコプターで上空から撮影します。

テレビで荼毘を確認した轟は、林間学校での「哀しいなあ」の言葉を思い出します。

 

ホークスはエンデヴァーに休んでいるよう伝え、ザコ羽しかないが時間稼ぎくらいなら出来ると荼毘と対峙します。

荼毘は自分は能無を回収しに来ただけで、満身創痍のトップ2相手に自分が勝てるはずがないと言いながら飛び込みます。

ヒロアカ191話

 

言葉とは裏腹に勝つ気満々の表情ですね。

 

No.5ミルコ登場

最悪の状況のなか、エンデヴァーもホークスも荼毘にやられてしまうのかと思いきや、「ニュースを見て”跳んで”きたぜ!」と助っ人が到着します。

ヒロアカ191話

 

さらに「面白ぇことになってんなエンデヴァー!ホークス!」と、この独特な口調。

 

 

ヒロアカ191話

 

 

No.5のミルコ登場!!

 

ミルコが筋肉質でマジカッコイイ!!

ていうかなんか

 

エロい!!

 

なんだこれ、なんかエロいぞw

 

ミルコの登場に荼毘は「氏子さん」の名前を口にします。

その直後、荼毘の口から液体が出てきてそのまま荼毘を包みます。

 

荼毘はエンデヴァーに「また話せる機会が来るだろうから、その時まで精々頑張れ」「死ぬんじゃねぇぞ轟炎司!!」と叫び消えていきます。

 

ミルコは「今話してけ」と荼毘に飛び蹴りをくらわしますが、完全に液体化してこの場を去った荼毘。

荼毘を包んだ液体の匂いをかぎ「臭ッ!」とミルコは言いますが

 

野生か!!w

 

とりあえず匂いをかぐって、個人的には子供か動物だけだと思っているので、ミルコが野生児に見えてしまいました。

スポンサーリンク

内通者の正体はホークス?

ミルコの登場で荼毘は退き、ひとまず一件落着となりました。

エンデヴァーとホークスが命を賭して守ってくれたことを大々的に報じるマスコミ。

誰もが安堵の表情を見せる中、その夜

 

 

ヒロアカ191話

 

 

まさかのホークスと荼毘の密会。

色々話が違ってたと言うホークスと、そうだっけ?ととぼける荼毘。

 

まさかの展開です。

 

前回まで、あれだけホークスかっこいいって言ってた自分が恥ずかしくなるくらいのまさかの展開!

 

ホークスが聞いていた予定では

  • 明日街中ではなく海沿いの工場だった
  • あの能無はこれまでのと明らかに次元が違ってた

 

こういうことは予め言ってほしいとホークスは言いますが、違うというならホークスもだと荼毘は言います。

能無の性能テストとはいえ、No.1ではテストにならないと。

 

ホークスの言い分としては、No.1に大ダメージを与えられるので喜んでもらえると思ったと言い、さらに約束は破っていないし反故にしたのは荼毘だと。

荼毘としてもいきなりNo.2を信用しろというのが無理で、今回はホークスの信用テストでもあったと伝えます。

 

今日の事件で死者がゼロ。

ヴィラン連合に共感して協力を願い出た男の行動とは思えないと荼毘は言い、ホークスはこちらにも体裁があると答えます。

ヒーローとしての信用を失う訳にはいかない。

信用が高いほど仕入れられる情報の質も上がり、ヴィラン連合の利益のためなので、もう少し長い目で見れないかとホークスは言います。

あくまでもヴィラン連合のためを思うからだとホークスは言いますが、荼毘はボスにはまだ会わせられないと答えます。

 

荼毘はホークスに「また連絡するよ」と伝えこの場を立ち去ります。

 

以前から内通者の噂はありましたが、あの内通者がホークスかどうかは、ホークスがいつ頃から情報をリークしていたのかが重要です。

最も古いリークされた情報としてはUSJでの授業ですよね。

さすがにあの頃からホークスが内通者として動いていたとは考えられないので、以前から出ている内通者とは別のようです。

 

ていうか、以前からの内通者が本当にいて、今回ホークスも内通者となると、ヒーロー側もうボロボロなんじゃ・・・。

 

二重スパイのホークス

No.2のホークスが内通者で最悪の状況だと思われましたが、ホークスが二重スパイであることが判明します。

ここでホークスはヒーロー協会の上層部?それか警察側の人間なのかはわかりませんが、ヴィラン連合に取り入るよう依頼された日のことを回想します。

 

神野の戦いでは、拉致被害者の安否もあり事を急いだが、結果は情報が足りなく相手の力を見誤った。

闇組織を根絶するためには多くの情報が必要で、特に能無をオールフォーワンの力だけで作れる現状。

連合に関する全てを丸裸にしなければ同じ過ちを繰り返すことになる。

 

ホークスはヴィラン連合に取り入る間、連合が出す被害には目をつぶるのか聞きますが、つぶれる男と見込んでの頼みだと言われます。

名誉名声に頓着がなく、ただただ”長期目標”を見据えて動く、ホークスほど適任なものはいないと考えていると言われ、ホークスは二重スパイを受け入れたようです。

 

ホークスはエンデヴァーの病室へ行き、心の中でエンデヴァーに謝罪します。

ヒロアカ191話

 

そして「俺は・・・」と続けますが、この続きが気になります。

俺は・・・スパイでした、エンデヴァーを利用しました、こんな感じなのでしょうか。

それにしても優しそうな表情のホークスがかっこいい。

 

エンデヴァーですが、ヒーロー状態じゃないとただのおっさんですね。

包帯巻いてるというのもありますが、どっからどうみても普通のおっさんですw

 

荼毘と轟家との関係とは

191話の最後に再び荼毘が登場します。

海を眺める荼毘はスナッチを思い出します。

そしてスナッチの最後のセリフ

 

「遺族の気持ちを考えた事はないのか!!」

 

この言葉に、「ハハ・・・」と笑う荼毘。

そして、「考え過ぎてイカレたよ」と目の下の傷を親指で擦ります。

 

う〜ん、意味深です。

 

やはり荼毘と轟家は何か関係しているとしか思えません。

エンデヴァーにはヴィラン連合の「荼毘」としてしか認識がなかったので、他には何も知らない様子でした。

轟も同じようにヴィラン連合の荼毘としか認識していません。

 

だけど、荼毘の方は轟にしろエンデヴァーにしろ、なにか知っている感じでしたね。

エンデヴァーの隠し子的な存在?本家と分家のような関係?親族?

 

内通者の存在も気になりますが、荼毘と轟家の関係も気になるところです。

 

まとめ

191話は濃かったですね!

ホークスが内通者かと思いきや、実は二重スパイだったことが判明し、さらに荼毘と轟家の関係を示唆するような回となっており、よく1話に収めたなといった感じです。

そして濃いといえば、個人的にはミルコのキャラが濃いというか、筋肉が濃いなと思いました。

筋肉が濃いという意味がよくわかりませんが、一言で表すなら

 

エロい!!

 

こんな感じですね

 

ヒロアカ192話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】192話ネタバレ!荼毘の正体は轟燈矢?

スポンサーリンク